フィリピン・セブ島の『ホームステイ留学実績No.1』の語学学校への海外留学と、国内留学(U-GAKU)・ワーホリ・2カ国留学を提供

語学(英会話)留学なら、英語のネイティブスピーカーとのマンツーマン・ホームステイ!

月 ~ 金 9:00 ~ 18:00 (定休日:日・祝日)

海外留学マスターが語学留学の不安・相談に対応しています。お気軽にご連絡ください!

mainvisual

未来と繋がる留学

わたしたち『ETHOS(エトス)』について

ABOUT ETHOS

フィリピン・セブ島のホームステイ留学実績No.1


海外留学・国内留学 のETHOS

留学後におすすめのオンライン英会話4選【全て無料体験あり】

留学後も英語の勉強を継続したいと思っていませんか?この記事では、留学後におすすめのオンライン英会話を4つ紹介します。全て最初は無料レッスンを受けられらるので試してみてください。

人間の集中力は15分

ある研究結果でそう言われているそうです。
真偽は定かでありませんが決意とか、やる気だけで自分を変えることは難しい。そう考えています。
ですが、新しい環境に身を置くと、そこでできる新しい人間関係、新しい習慣で、新しい考えが身につきます。
自分を取り巻く環境はあなたを良くも悪くも変えてくれます。
そう考えると高校生と大学生の考え方や生活スタイルが大きく変わるのは18歳から19歳に変わる1年の成長より、環境の変化が大きいからかもしれません。

野球やサッカー、その他のスポーツでも強豪チームと言われるチームに入るほど良いコーチ、良い練習環境に恵まれ、必然的にそれをもとめる良い仲間と巡り会えます。
同じように明確な目的があるのであればベストな環境を選ぶことが大事です。意識は高くないといけません。
そのベストな環境で自分の好きなことに打ち込んでいるときほど充実した毎日を僕たちは知りません。

僕たちの事業は、常に自分たちが経験してきたときに感じた「こうだったらよかったのに…」という感情からスタートします。
その「こうだったらよかったのに…」を自分たちにとって「こうなれば最高だよね。これだったら当時の自分も満足できる。」に成るよう自分たちの納得いくまで時間をかけ考え、それをサービスとして世に送り出しています。
僕たちが最も大きな幸せを感じるときは、自分と似たような境遇の誰かを幸せにできたときです。
誤解を恐れずに言うのであれば、世界中の人たちを幸せにしたい!という大志とは違い、過去の自分と似たような境遇にある人たちを満足させることができたという自己満足です。
自分のことだと思えないと頑張る気さえおきない。
これが本音です。

格安航空会社(LCC)のおかげで海外へより気軽にいけるようになりました。
今ではフィリピン・セブ島という近くて物価の安い留学先が日本でも広まり、今までより気軽に海外へいける時代になりました。
ひと昔前の海外旅行のように豪華なホテル、快適な飛行機が重要という考えはなくなり、そこでしかできない体験がより重要になってきました。

同じく海外留学をするためのハードルが下がり選択肢が増えました。
それでも海外留学の本質は異なる世界での体験、その国の人たちとのコミュニケーション、そして英語をはじめとする語学力という本質は変わりません。

僕たちが提供するサービスは安心できる留学環境を第一に、第二に留学生が日本では得られない体験をサービスや施設環境が奪うことのないようデザインしています。
海外で働きたい、現地の大学に入学はしなくても同程度の英語力は身に付けたいという目的意識をもった留学には学習と実践という2つの最適な環境を用意しました。

フィリピン留学と欧米留学を6つで比較してみた

留学すると日本の文化や環境の素晴らしさを再確認できる!

やりたいことがない?夢がない?それなら20代でもワーホリへ行ってほしい。

海外留学の様子

未来と繋がる留学とは?

● 安心・安全の短期国内留学

日本にある小さな海外ニセコで英語の弱点を克服、海外へ行く準備を整える語学学校です。
「海外まで行くのはまだちょっと」そう考える方に最適な環境が揃っています。
ビザ手配など海外留学に関わる煩雑な手続きや時差もなく勉強に集中できる環境が整っています。
今後海外を視 野に入れている学生の基礎英語力のUPに最適な1ヶ月を提供します。

国内留学(U-GAKU外部サービスサイト)

● 3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

フィリピン・セブ島でアメリカ人とのホームステイ、アメリカ人の家族の輪に入れる体験ができる語学学校です。
オーストラリア、フィリピン留学を経験してビジネスレベルで英語を使える代表が今まで経験した語学学校のなかで一番おすすめできます。
この学校はカトリックの宣教師としてアメリカ・テキサス州からセブ島にきたアメリカ人学長が、セブ島で建てた三世帯で同居できる理想の家、2つのマンゴー畑、車に電化製品を売り払いつくりました。

ここではステイ先でのビジネスライクな対応も、素敵先から通学にバスで1時間30分もかかる心配もありません。
『フィリピン留学市場でホームステイの受入実績No. 1のアットホームな環境』の中で学習できます。

フィリピン・セブ島留学

● 1年で英語を使いこなすワーホリ・2カ国留学

オーストラリアにワーキングホリデーに行った日本人のほとんどが英語力が身につかずに帰国します。
その理由は留学をしても英語を使う機会に恵まれない環境で日本での生活と同じように過ごすことが大きな原因です。
そこでワーホリ、フィリピン留学の経験者である代表が英語初心者から1年で現地大学入学レベル、海外就職できる英語力が身につくワーホリ・2カ国留学のプログラムを開発しました。
このプログラムでは英語を使うための学習と実践ふたつの環境を提供します。
その結果、1年で海外就職ができる英語力を身につけることが可能です。

ワーホリ・オーストラリア2カ国留学

ETHOS Instagram

フォローはこちらから @ethos_cebu

人気の留学に関する記事をチェック!

フィリピン・セブ島留学・オーストラリアへのワーキングホリデー・2カ国留学・国内留学を具体的に考えはじめたら。
どこよりも詳しくリアルな現地情報、リアルな留学情報・留学生活「海外留学ブログの中で人気」の記事をまずはお読みください。

【募集】フィリピン休学留学×有給インターン(就活対策)

このまま就職して後悔しないか?そう考えている学生に、1年のフィリピン留学で、【語学力×企業での実務経験】が積めるETHOSオリジナルのプランの提案です。

【動画あり】アヒルのゆで卵バロットをじゃんけん負けた人が食べる

留学生と高カロリーで見た目がグロテスクで有名なアヒルのゆで卵(バロット)をじゃんけんで負けたら食べるというゲームをしました。

早期英語教育しか道はなし?20歳(成人)から英語の会話力上達はもう手遅れなのか

ほんとうに英語を学ぶには、早期英語教育しか道はないのでしょうか?多くの留学を希望する多くの人は20代(学生・社会人)と成人した人ばかりだから、20歳(成人)からでも英語の会話力上達はできる事を早期英語教育に疑問を投げかけて説明します。

【セブ島留学】ITパークの治安は大丈夫?中と外の差が激しいです。

フィリピン・セブ島にある経済特区のITパークについての安全性、おすすめのレストランを紹介します。ITパーク内と外の差が激しいのがなんとも東南アジアらしいです。

20代のうちにやるべきこと?【男34歳が語ります】

20代のうちにやるべきことって何ですか?30代の男がやっておくべきことってありますか?こんな疑問に答えます。今年34歳になる男の僕が思う20代のうちにやるべきことは、贅沢じゃない海外旅行をする、プチ留学でもいいから経験する、複数の専門スキルを身につける、英語・中国語・韓国語どれか身につける、僕はもっとSNSに慣れておくべきだった、好きや興味のある何かを見つける、30歳になった時のために運動、少しづつ親・祖父母孝行、目標にできる/したい大人に出会うが20代のうちにやるべきことです。

【大学生・ホームステイ留学体験談】英語は伸びを感じ精神的に変われた気がする

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/英語は伸びを感じ精神的に変われた気がするという大学生の2ヶ月フィリピン・セブ島留学の体験談です。

ワーホリ前いつ仕事辞める?必要な費用はアルバイトでも稼げる!

社会人だけど海外に行って見たいです!旅行より長期間での海外生活でしかできない体験もしたいし、英語も話せるようになりたいです。でもワーホリで仕事をやめずに続けた方がいいのかなとも思います。こんな疑問に答えます。仕事をやめてまでワーホリへ行くべきかどうかですが、結論から言うと迷ってるくらいなら行くべきです。でも仕事を辞める前にお金の準備も必要なので、辞めるタイミングや帰国後の計画(一年後なので変わって当然)もある程度はあった方がいいと思います。

留学中に熱が出た時にすると良い4つの対策【早急に対応しよう】

やばい!留学中に熱っぽい。風邪ひきそう。こんな時はどう対応したらいいんだろう。って疑問を解決します。結論から言うと、あまり無理をせずしっかりと睡眠を取り、体調が悪くてかなり辛い場合、病院に行った方が良いです。留学中、熱っぽくなってしまった時にすると良い4つの対策を紹介します。

ロックアードゴージの近く

ツアー派?個人派?オーストラリアのグレートオーシャンロードツアー【世界一美しい】

世界一美しい海岸道路といわれているグレートオーシャンロードのバスツアーに参加しました。バスでグレートオーシャンロードを走っている最中は、バスの中からなのであんまり海岸沿いを走ってる気分にはならなかったけど12使徒(8使徒)は壮大。ベストシーズンは12月から2月です。

留学生の声・リアルな体験談

不安と期待感にドキドキしたフィリピン留学・セブ島留学・2カ国留学・国内留学のリアルな留学生の声・体験談です。

【大学生・ホームステイ留学体験談】休学して6ヶ月の英語学習 in フィリピン

1ヶ月のイギリスに留学経験ある岡田 純宜さんは普段は日大に通っている大学生。ETHOSには9月11日から半年間の留学をしています。ちょうど4ヶ月目の1月11日にお話を伺いました。

「インタビュー:ワーホリ・2カ国留学」セブ島留学3週間目の心境

フィリピン留学4ヶ月後に、オーストラリアでワーホリをする3週間留学中のたつき君に留学生活の事をインタビューしてみました。 ETHOSの2ヶ国留学ってどんな人がしているのか。休学して留学しようと迷っている方など、参考になります。

大学生の3週間短期留学

【大学生・ホームステイ留学体験談】多くの実績があったからETHOSを選んだ

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/3週間の留学をした山西信二さんにアンケートに協力してもらいました。バロット(雛が孵化する寸前のゆで卵)を食べた感想はどうだったんでしょう?この記事にその答えはありません。

レチョン

【大学生・ホームステイ留学体験談】フィリピン・セブという環境での経験は一生もの

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/今回のアンケートは藤川聖子さんです。藤川さんのアンケートにもどんなときもハグで受け入れてくれるのが一番の思い出だと書いてくれています。日本人が海外に長期滞在して日本に帰って来るとハグ不足になって少し寂しい気持ちになったり、海外の人が日本で暮らしてはじめに寂しくなるのもまたハグ。

【大学生・ホームステイ留学体験談】もっとステイしたいと思いました

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/もっとステイしたいと思いました・・・2週間、フィリピン・セブ島のETHOS(エトス)に留学してくれた田中さん(20歳)の体験談です。

「動画あり」ホームステイに緊張してる人はこれを見て【安心します】

これからホームステイ留学しようと思ってるんだけど、緊張する。初めての留学だし、英語も話せないし不安なことがたくさんある!そんな悩みに答えます。 結論から言うと、ホームステイをする人は、ほぼ全員緊張しています。僕もその中の1人でした。でもある先に、ホストファミリーがどのような人なのか知っておくと安心しますよ。

2ヶ月のフィリピン留学

【大学生・ホームステイ留学体験談】スパルタは宿題に追われ続け自分の時間がない・・・

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/フィリピン・セブ島留学で有名なスパルタ校とETHOSを比較してくれています。勉強時間が長ければいいってもんじゃない!ってことでいってみましょう。

日本で生きづらいと思って行った海外で気づいた自分のウソ

留学って色々悩みますよね。私は日本は生きづらい国だなと小学生くらいから思っていた私の留学へ行くきっかけをこの記事で話します。

【大学生・ホームステイ留学体験談】先生の家に住めるところが良かった

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/ETHOSでは留学生が到着したらお決まりのレストランでウェルカムパーティを行うのが定番になっていましたが最近、毎週1度はカップケーキパーティを行うのも定番になっています。

【大学生・ホームステイ留学体験談】毎週火曜日のムービーナイトが楽しみだった

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/留学する前に不安になることってたくさんありますよね?特にフィリピンだと英語よりも、トイレとか生活面に不安がある方もいます。確かにトイレはキレイな方がいいですよね。今回のアンケートは19歳で9週間のフィリピン、セブ島にホームステイした小林さんです。留学を検討している方はぜひ参考にしてください。

兄弟でフィリピン・セブ島・オーストラリアなど、海外留学・ワーホリ・国内留学を体当たり体験

海外留学・ワーホリの体当たり体験・レポ

兄弟で!海外留学マスターが教える失敗しない留学のコツ

海外留学(フィリピン・セブ島)・国内留学・ワーホリ・2カ国留学で悩んだら、直接取材・体験してきた現地情報の リアルな情報をお届けするブログ をまずお読みください!

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。


自分の行ったことがない、現地に知り合いがいない国に留学に行く時は治安が心配になります。フィリピン留学でも当の本人が大丈夫だとしても両親などに治安の問題で心配されるケースが多いです。自分はもちろん、両親も安心して子どもを留学させていい国かどうかは大事ですね。今日は本当にフィリピン・セブ島の治安について書こうと思います。

フィリピン・セブ島留学でも、全授業ネイティブから英語を習いたい留学生のあなたへ

フィリピン・セブ島留学でも、全授業ネイティブから英語を習いたい留学生のあなたへ


フィリピン・セブ島留学は、2016年に日本人留学生が3.5万人をこえています。でも講師のほとんどはフィリピン人です。でもやっぱり英語はネイティブの講師から、そしてアメリカに行くより低コストで習いたいと思いますよね。この記事では全ての授業をネイティブのアメリカ人から習うことができる学校を紹介します。

フィリピン・セブ島留学では英語を使う機会を増やした人が【勝つ】

フィリピン・セブ島留学では英語を使う機会を増やした人が【勝つ】


留学をしたのにも関わらず、授業以外に英語が話す機会が無いって日本で英会話教室に行って、授業が終わったら日本語に戻ってしまう生活と何も変わりません。 フィリピン留学では授業以外で英語を話す機会があるのか?と疑問に思っている方へ。 フィリピン留学の現実と授業以外に英語がどのようの時に使えるのか説明します。

20歳から英語の会話力上達はもう手遅れか

20歳から英語の会話力上達はもう手遅れか


先月、タレント・紗栄子(30)がこどもを1歳の終わりくらいから英語教育をしているとしたが、「今でしょ!?」で有名な話修氏から英語至上主義にノーをつきつけられる展開があったというニュースがあった。多くの留学を希望する人たちは20代だから、20歳からでも英語の会話力上達はできる事を早期英語教育に疑問を投げかけて説明します。

「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違う

「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違う


最近、日本でもフィリピン留学がすっかり定着してきました。フィリピン人の英語は英語公用語国世界第3位で文法の間違いもなく、キレイな発音のアメリカ英語を話すという広告表現がブログ、留学エージェントのホームページの至る所で使われています。 本当にフィリピン人のアメリカ英語は正しくて訛りのないキレイな英語なのでしょうか。

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

海外留学・ワーホリに人気・おすすめ『クレジットカード』完全解説


おすすめのクレジットカードも活用方法、注意点もあれば知りたいです。こんな疑問に答えます。結論から言うと、クレジットカードの中には海外旅行保険がついているものがあり、3ヶ月までの短期留学であれば海外旅行保険を節約できるので海外留学にクレジットカードはマストです。

日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えられる

日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えられる


「フィリピン人の英語力はどれくらい?」その疑問に答えるブログを見ると最終的にフィリピン人の英語力を証明するかたちで記事が終わります。僕もそのフィリピン留学に関係する仕事をしているけど、この記事では敢えて日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えることもできるという夢のある話をお伝えします。

【高卒必見】英語ができれば海外で仕事ができる!

【高卒必見】英語ができれば海外で仕事ができる!


この記事では高卒、短大卒とか僕みたいな名もなきFランの大卒でも英語が話せると海外就職っていう未来があるよという話をしたいと思います。 結論から言うと、高卒でも英語を学べば未来が開ける!今は英語がペラペラじゃなくても大丈夫!ということです。

海外留学(フィリピン・セブ島)・国内留学・ワーホリ・2カ国留学なら、渡航先に関係なく・どんな質問でもOK!
海外留学・語学留学でわからないことがあれば、何でも気軽に「海外留学マスターへ」聞いてください
もしあなたが海外留学についての何かお悩みがある場合、まずお気軽にお問い合わせください。
留学の目的を決め、今やらなければならないことを明確にします。

Lineへのお問い合わせ
完全個別無料相談会へ応募する
ETHOSBG

未来とつながる環境をつくる

人より面倒臭がりなわけでもないけど、
僕はこれからも新年の抱負は一月中に忘れると断言できます。
なぜなら生まれてから今まで自分の意思、やる気、モチベーションというものが続いた試しがないからです。
小学校のころにやっていたサッカーが少し上手くなった理由は、
みんなが行くから仕方なく行った夏合宿でボールが見えなくなるまで練習をする環境があったから。
競泳をしていた中学、高校時代にタイムが伸びないスランプから脱出できたのは当日なにをやったのか忘れないように寝る前に日記をかきはじめたのがきっかけでした。
こうして振り返ればいつもそこに、強い意思、モチベーションとは関係のない環境と習慣の変化。
それが、自分を変えるきっかけでした。