英語のネイティブスピーカーのアメリカ人とのマンツーマン・ホームステイ・就職支援・安心・安全の海外留学をサポートしています

おかげさまで、フィリピン留学・セブ島留学でホームステイ留学実績 No.1

  • TEL 050-3568-4232
  • MAIL info@ethosjp.com
  • LINE @usa_cebu

月 ~ 金 9:00 ~ 18:00 (定休日:日・祝日)

フィリピン・セブ島留学 実績 No.1 のホームステイプランは人気プランです。お申し込みはお早めに!

mainvisual

未来と繋がる留学

ETHOS(エトス)について

ABOUT ETHOS

フィリピン・セブ島のホームステイ留学実績No.1


海外留学・フィリピン留学・セブ島留学・ワーホリ・2カ国留学 のETHOS

2カ国留学・ワーホリ

ワーホリ【初心者でも安心】ワーキングホリデーでオーストラリア

海外に1年間滞在する方法には留学以外にもワーキングホリデーがあるのを知りました。ワーホリ初心者でも大丈夫ですか?初心者におすすめの国があったら知りたいです。あと英語も初心者です。こんな疑問に答えます。結論から言うとワーホリ初心者に優しい国は、ワーホリの受け入れを大歓迎しているオーストラリアです。条件を満たせば最長で2年滞在できます。

2カ国留学・ワーホリ

ワーホリで持ってくべき便利グッズ・便利なもの33品【オーストラリア】

ワーホリで必要なものってなんですか?出発する前日にパッキングをして「あーあれも必要だった!」なんて思いたくありません。でも持ち物が多すぎると大変だし、何が必要かも分からないです。こんな疑問にワーホリ経験者の僕が答えます。また、もう1名現在オーストラリアにワーホリ中の留学生に必要なものを聞いてみました。結論から言うと、なるべくコンパクトにまとめるべきです。この記事で必需品と不要なもの、便利グッズを紹介します。

フィリピン留学

「フィリピン・セブ島留学」ホームシックになるか留学生に聞いてみた

フィリピン・セブ島留学でホームシックになる人がいますが、それより留学生活が充実しているので、楽しんでいる人が多かったです。この記事では、留学経験者を含めた10人に留学中、ホームシックになったか聞いてみました。

フィリピン留学

留学中のリアルを知れるツイッターアカウント〜選【情報濃いです】

ツイッターを使ってリアルタイムで留学中のアカウントをチェックすると濃い情報をしれます。ツイッターアカウントを持っていない方は作りましょう。この記事では、おすすめの留学中アカウントを4つ紹介します。

フィリピン留学

「フィリピン・セブ島留学」施設が綺麗と評判【まるで米国にある家】

フィリピン・セブ島留学では施設が汚い学校や綺麗な学校様々です。施設が綺麗な学校を選ぶには下調べが重要です。 この記事ではETHOS(エトス)の施設内について徹底解説していきます。

フィリピン留学

ワーホリ後に再就職できない?プロの〇〇に頼めばOK

ワーホリ後の再就職みんなどうしてるの?ワーホリに行きたいけど帰ったあとに仕事って本当にあるのか漠然と不安です。別にすごい会社に就職したいとかではないけど、再就職ができるかどうかって重要だと思います。こんな悩みに経験者が答えます。結論から言うと、再就職はできます。ただし、年齢と英語力、コミニケーション能力によって難易度が変わります。

フィリピン留学

セブ島のWiFi環境を徹底解説【旅行者・留学生全員に役立つ情報】

セブ島のWiFi(ワイファイ)環境は年々改善されていますが、まだまだ遅いです。でも。場所によってフリーWi-Fiもあり、空港でSIMカードも買えるので安心してください。情報さえ知っていれば、割と快適なWiFiを使う事が出来ます。この記事では、セブ島のWiFi事情を徹底解説します。

フィリピン留学

「フィリピン・セブ島留学」セブ島で手紙を受け取る・送る方法を解説

フィリピン留学中にセブ島で手紙を受け取る・送る方法を詳しく解説します。

フィリピン留学

「フィリピン・セブ島」カップルでの留学OKです【注意点とQ&A】

フィリピン・セブ島でカップル留学は可能です。語学学校の部屋は男女別なので、同じ部屋で生活できるかは学校によるでしょう。この記事では、カップル留学する際の注意点と良くある質問を紹介します。

2カ国留学・ワーホリ

「インタビュー:ワーホリ・2カ国留学」メルボルンは大学生でも仕事ない!

この記事でインタビューをした僕もワーホリの経験者、インタビューに協力してくれたワーホリ中の留学生は 5ヶ月の有給インターンでローカルのレストランで働く ↓ ワーホリでブラック肉工場で働く ↓ 現在はメルボルンにいるそうです。詳しく聞いてみました。

人間の集中力は15分

ある研究結果でそう言われているそうです。
真偽は定かでありませんが決意とか、やる気だけで自分を変えることは難しい。そう考えています。
ですが、新しい環境に身を置くと、そこでできる新しい人間関係、新しい習慣で、新しい考えが身につきます。
自分を取り巻く環境はあなたを良くも悪くも変えてくれます。
そう考えると高校生と大学生の考え方や生活スタイルが大きく変わるのは18歳から19歳に変わる1年の成長より、環境の変化が大きいからかもしれません。

野球やサッカー、その他のスポーツでも強豪チームと言われるチームに入るほど良いコーチ、良い練習環境に恵まれ、必然的にそれをもとめる良い仲間と巡り会えます。
同じように明確な目的があるのであればベストな環境を選ぶことが大事です。意識は高くないといけません。
そのベストな環境で自分の好きなことに打ち込んでいるときほど充実した毎日を僕たちは知りません。

僕たちの事業は、常に自分たちが経験してきたときに感じた「こうだったらよかったのに…」という感情からスタートします。
その「こうだったらよかったのに…」を自分たちにとって「こうなれば最高だよね。これだったら当時の自分も満足できる。」に成るよう自分たちの納得いくまで時間をかけ考え、それをサービスとして世に送り出しています。
僕たちが最も大きな幸せを感じるときは、自分と似たような境遇の誰かを幸せにできたときです。
誤解を恐れずに言うのであれば、世界中の人たちを幸せにしたい!という大志とは違い、過去の自分と似たような境遇にある人たちを満足させることができたという自己満足です。
自分のことだと思えないと頑張る気さえおきない。
これが本音です。

格安航空会社(LCC)のおかげで海外へより気軽にいけるようになりました。
今ではフィリピン・セブ島という近くて物価の安い留学先が日本でも広まり、今までより気軽に海外へいける時代になりました。
ひと昔前の海外旅行のように豪華なホテル、快適な飛行機が重要という考えはなくなり、そこでしかできない体験がより重要になってきました。

同じく海外留学をするためのハードルが下がり選択肢が増えました。
それでも海外留学の本質は異なる世界での体験、その国の人たちとのコミュニケーション、そして英語をはじめとする語学力という本質は変わりません。

僕たちが提供するサービスは安心できる留学環境を第一に、第二に留学生が日本では得られない体験をサービスや施設環境が奪うことのないようデザインしています。
海外で働きたい、現地の大学に入学はしなくても同程度の英語力は身に付けたいという目的意識をもった留学には学習と実践という2つの最適な環境を用意しました。

海外留学の様子

未来と繋がる留学とは?

● 1年で英語を使いこなすワーホリ・2カ国留学

オーストラリアにワーキングホリデーに行った日本人のほとんどが英語力が身につかずに帰国します。
その理由は留学をしても英語を使う機会に恵まれない環境で日本での生活と同じように過ごすことが大きな原因です。
そこでワーホリ、フィリピン留学の経験者である代表が英語初心者から1年で現地大学入学レベル、海外就職できる英語力が身につくワーホリ・2カ国留学のプログラムを開発しました。
このプログラムでは英語を使うための学習と実践ふたつの環境を提供します。
その結果、1年で海外就職ができる英語力を身につけることが可能です。

ワーホリ・オーストラリア2カ国留学

● 3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

フィリピン・セブ島でアメリカ人とのホームステイ、アメリカ人の家族の輪に入れる体験ができる語学学校です。
オーストラリア、フィリピン留学を経験してビジネスレベルで英語を使える代表が今まで経験した語学学校のなかで一番おすすめできます。
この学校はカトリックの宣教師としてアメリカ・テキサス州からセブ島にきたアメリカ人学長が、セブ島で建てた三世帯で同居できる理想の家、2つのマンゴー畑、車に電化製品を売り払いつくりました。

ここではステイ先でのビジネスライクな対応も、素敵先から通学にバスで1時間30分もかかる心配もありません。
『フィリピン留学市場でホームステイの受入実績No. 1のアットホームな環境』の中で学習できます。

フィリピン・セブ島留学

人気の留学に関する記事をチェック!

海外留学・フィリピン・セブ島留学・オーストラリアへのワーワーキングホリデー・2カ国留学を具体的に考えはじめたら。
どこよりも詳しくリアルな現地情報、リアルな留学をまとめた「海外留学ブログの中で人気」のこちらの記事をまずはお読みください。

英語学習

REINY先生の英会話#109 「暇な時何してるの?」

今回はレイニー先生の留学英語から留学中に必要な英会話①から、「暇な時何してるの?」という英語のフレーズからはじまる英会話について書き起こしています。みなさんはヒマな時何してますか?聞くときはもちろん、聞かれた時にも答えを用意しておきたいですね。これから留学する方、留学を検討しているかたは是非参考にしてください。

かんとアメリカ人の学長バリー

フィリピン留学

「インタビュー:寛編」フィリピン・セブ島留学ETHOS校と日本で働く留学マスターの日本人スタッフの仕事

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)の留学マスターへのインタビュー/セブ島留学経験者。海外旅行好きの海外と日本で働き、留学生の窓口も担当しているETHOSの留学マスター寛(Kan)にインタビューです。

フィリピン留学

ホームステイのいいところ?経験者が振り返ってみる(インドネシア編)

ホームステイのいいところって何ですか?別にステイするだけならホテルの方が快適だろうし、他の人と一緒に住むのって大変そうだけど…でもホームステイってひびき魅力的です! こんな疑問に僕の体験談を参考にしてください。結論から言うと、いい方向に転んでも悪い方向に転んでも良い経験になります。でも、生活中は快適とはほど遠いです。

フィリピン留学

ホームステイのパーティーを全力で楽しもう!【まじで、チャンス】

これからホームステイをする予定だけど、ステイ先でパーティーとかあるのかな?もしあるとしたら、どういう雰囲気でパーティーをしてるのか知りたい!そんな疑問に答えます。 結論から言うと、パーティーの有無はホームステイ先によります。もしパーティーがある場合は色々な人と知り合える機会なので、積極的に参加しましょう。パーティー最高です。

フィリピン留学

フィリピンでは牛乳が常温で売られてる?!体に大丈夫なのか飲んでみた。

僕は、乳糖不耐で大量の牛乳を飲むとお腹を壊します。でも牛乳の味は大好きです…… 人によっては乳製品大好き!牛乳大好きって言う人もいる思います。 フィリピン留学した時や旅行に来た時に、一年中暑いフィリピンで牛乳飲んで大丈夫?本当に安全?って思いませんか? なので、この記事では ・フィリピンの牛乳の種類 ・牛乳の味 ・価格を紹介していきます。

青年海外協力隊でグアテマラへ

フィリピン留学

青年海外協力隊に英語で落ちた人にインタビュー

大学4年生のときにJICAの青年海外協力隊に落ちた→フィリピン留学→青年海外協力隊に合格→グアテマラへ

マニラ

マニラで本格タイ料理を!「Crying Tiger」がおすすめ

安くて・美味しいタイ料理屋の「Crying Tiger」をマニラ・マカティで見つけたので紹介します。一番最初は、フィリピン人の友達に連れてきてもらい、かなり美味しかったので1人で何回もリピートしています。では、早速紹介していきます!

フィリピン留学

【写真付き】フィリピン・セブ島留学にどのスーツケースを選んだ?

フィリピン留学に行きます!スーツケースの大きさはMかLどちらがいいですか?実際の留学生はどんなスーツケースで留学してるのかとか、理想的なサイズがあれば知りたいです。こんな悩みに答えます。

フィリピン留学

フィリピンにイスラム国?治安と現在の状況

いわゆる森友学園問題、加計学園問題などが連日のTVを賑わせている日本ではあまり知られていませんが、イスラム系過激派組織のイスラム国(IS)がフィリピンで戦争を起こしたとCNNやハフィントンポストで取り上げられました。   フィリピンに行く人は8月が1番多いので、安全のためにもニュースや現地の情報を調べてみました。

フィリピン留学

フィリピン人の英語レベルはどの程度?!実際ネイティブとは大違い。

フィリピン留学する前の悩みとして、フィリピン人の英語って大丈夫かな?フィリピン英語ってネイティブじゃないよね? 変な発音覚えたらどうしようとか留学する前って悩みがつきませんよね。 セブ島に37年間住んでいるネイティブ・スピーカー)がフィリピン英語をどう感じているのかを聞きました。

ETHOS Instagram

フォローはこちらから @ethos_cebu

@ethos_cebu

ホームステイ・セブ島留学・2カ国留学の体験談

不安と期待感にドキドキしたフィリピン留学・セブ島留学のETHOSの卒業生の生の声です。

フィリピン留学体験談 社会人体験談

【社会人・ワーホリ・2カ国留学体験談】オーストラリアに行くのでフィリピン留学

セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/オーストラリアに行くのでフィリピン留学・・・4ヶ月のフィリピン・セブ島ETHOSで留学を終えた谷谷(たにや)さんの体験談です。 ETHOS2カ国留学プランでオーストラリアへ行き、ローカルホテルで有給インターンを半年間する予定です。そのあとはセカンドを取得したり、経験したことないことを片っ端からする予定のようです。

フィリピン留学体験談 大学生体験談

留学前の悩みも3日もたたないうちに消えました

一足先にフィリピン・セブ島にあるETHOSで8月7日から9月3日まで過ごした先輩留学生2名の体験談を載せています。留学前の悩みや留学生活の声をアンケートから見てみましょう。

フィリピン留学体験談 大学生体験談

【大学生・ホームステイ留学体験談】英語を話す抵抗感はまず消えました

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/英語を話す抵抗感はまず消えました・・フィリピン・セブ島に1ヶ月留学する大学生ってどれくらいの効果を実感するの?という疑問は留学前に誰もが持つものです。今回アンケートに協力してくれた大学生も1ヶ月のフィリピン留学を体験してみて、英語を話すことの抵抗感がまずなくなったそうです。

女子高校生のフィリピン留学体験談

フィリピン留学体験談 中高生体験談

フィリピン留学体験談「ホームステイ先から学校が近いのもとても嬉しかった」

今回は9週間の留学を終えた都内の高校に通う岩川栞さん、フィリピン留学後に、カナダへワーホリが決まっている都内バーテンダーをしているAyumiさんからアンケートをいただきました。気になる部分は音声でも体験談を視聴できます。

フィリピン留学体験談 社会人体験談

【社会人・ホームステイ留学体験談】子供も留学させたいです

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/子供も留学させたいです・・・今回は社会人の1週間フィリピン・セブ島留学です。アンケートに子供も留学させたいと書いてくれました。 アイランドホッピングがよかったと言ってくれたので、アイランドホッピングの記事を書きました。こどもと行っても安心、しかも格安ツアーなのにボート貸切です。

フィリピン留学体験談 社会人体験談

【大学生・ホームステイ留学体験談】毎週火曜日のムービーナイトが楽しみだった

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/留学する前に不安になることってたくさんありますよね?特にフィリピンだと英語よりも、トイレとか生活面に不安がある方もいます。確かにトイレはキレイな方がいいですよね。今回のアンケートは19歳で9週間のフィリピン、セブ島にホームステイした小林さんです。留学を検討している方はぜひ参考にしてください。

imazeki1

フィリピン留学体験談 中高生体験談

【親子・ホームステイ留学体験談】アメリカ英語とホームステイを1週間から受け入れてくれる

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の親子留学生の体験談・インタビュー/フィリピン・セブ島留学の市場でも親子留学を最近はよく聞くようになってきました。大手では出せない雰囲気を感じたい、アメリカ人もいる環境で留学してみたい、旅行とはまた違った体験をしたい方には親子留学もおすすめです。こどもが英語に興味を持つきっかけになることも多いようです。

フィリピン留学体験談 大学生体験談

【大学生・ホームステイ留学体験談】大学の授業で先生の話す英語が聞きとれなかった

自分で英語が得意だと思っていたけど、英語だと思ったことを伝えられずに悔しい思いをしたことで留学を決めたそうです。フィリピンと聞くと治安を心配する両親が多い中でも早川さんの両親はすんなり留学を承諾してくれたそうです。

フィリピン留学ホームステイ

フィリピン留学体験談 大学生体験談

【大学生・ホームステイ留学体験談】本当に学校があるのか不安だった

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/海外のことを知りたいと思い始めてから、留学のことを考えた山崎さんはアメリカ人講師のジョンの家にホームステイをしました。ジョンの家でホームステイをするメリットは授業時間の6時間以外にも家でジョンが授業をしてくれることや、子供たちと遊ぶときに英語を使わないといけない環境にあったといいます。

34歳社会人の短期留学

フィリピン留学体験談 社会人体験談

【社会人・ホームステイ留学体験談】アットホームな学校です!

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/最近はインターンの翔くんがバジャウ族の松田大夢くんがクラウドファンディングを応援しているセブ島ですが、最近ETHOSに3週間の留学をした柿崎さん、11週間の留学をした伊藤さんが無事留学を終えたのでアンケートをいただきました。

兄弟でフィリピン・セブ島など、海外留学を体当たり体験

海外留学・ワーホリの体当たり体験・レポ

兄弟で!海外留学マスターが教える失敗しない留学のコツ

フィリピン・セブ島・2カ国留学・ホームステイ・留学・ワーホリで悩んだら、私たちが直接取材、体験してきた現地情報の 私たちのフィリピン・セブ島留学ブログ をまずお読みください!

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。


自分の行ったことがない、現地に知り合いがいない国に留学に行く時は治安が心配になります。フィリピン留学でも当の本人が大丈夫だとしても両親などに治安の問題で心配されるケースが多いです。自分はもちろん、両親も安心して子どもを留学させていい国かどうかは大事ですね。今日は本当にフィリピン・セブ島の治安について書こうと思います。

フィリピン・セブ島留学でも、全授業ネイティブから英語を習いたい留学生のあなたへ

フィリピン・セブ島留学でも、全授業ネイティブから英語を習いたい留学生のあなたへ


フィリピン・セブ島留学は、2016年に日本人留学生が3.5万人をこえています。でも講師のほとんどはフィリピン人です。でもやっぱり英語はネイティブの講師から、そしてアメリカに行くより低コストで習いたいと思いますよね。この記事では全ての授業をネイティブのアメリカ人から習うことができる学校を紹介します。

フィリピン・セブ島留学では英語を使う機会を増やした人が【勝つ】

フィリピン・セブ島留学では英語を使う機会を増やした人が【勝つ】


留学をしたのにも関わらず、授業以外に英語が話す機会が無いって日本で英会話教室に行って、授業が終わったら日本語に戻ってしまう生活と何も変わりません。 フィリピン留学では授業以外で英語を話す機会があるのか?と疑問に思っている方へ。 フィリピン留学の現実と授業以外に英語がどのようの時に使えるのか説明します。

20歳から英語の会話力上達はもう手遅れか

20歳から英語の会話力上達はもう手遅れか


先月、タレント・紗栄子(30)がこどもを1歳の終わりくらいから英語教育をしているとしたが、「今でしょ!?」で有名な話修氏から英語至上主義にノーをつきつけられる展開があったというニュースがあった。多くの留学を希望する人たちは20代だから、20歳からでも英語の会話力上達はできる事を早期英語教育に疑問を投げかけて説明します。

「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違う

「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違う


最近、日本でもフィリピン留学がすっかり定着してきました。フィリピン人の英語は英語公用語国世界第3位で文法の間違いもなく、キレイな発音のアメリカ英語を話すという広告表現がブログ、留学エージェントのホームページの至る所で使われています。 本当にフィリピン人のアメリカ英語は正しくて訛りのないキレイな英語なのでしょうか。

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ


海外行くときの海外旅行保険に入らずクレジットカードしか使わないKazukiが海外旅行保険をクレジットカードで無料にする方法をわかりやすく伝えます。

日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えられる

日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えられる


「フィリピン人の英語力はどれくらい?」その疑問に答えるブログを見ると最終的にフィリピン人の英語力を証明するかたちで記事が終わります。僕もそのフィリピン留学に関係する仕事をしているけど、この記事では敢えて日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えることもできるという夢のある話をお伝えします。

【高卒必見】英語ができれば海外で仕事ができる!

【高卒必見】英語ができれば海外で仕事ができる!


この記事では高卒、短大卒とか僕みたいな名もなきFランの大卒でも英語が話せると海外就職っていう未来があるよという話をしたいと思います。 結論から言うと、高卒でも英語を学べば未来が開ける!今は英語がペラペラじゃなくても大丈夫!ということです。

フィリピン・セブ島への留学、2カ国留学、ワーホリ、海外留学なら渡航先に関係なく・どんな質問でもOK!
海外留学でわからないことがあれば、何でも気軽に「海外留学マスターへ」聞いてください
もしあなたが海外留学についての何かお悩みがある場合、まずお気軽にお問い合わせください。
留学の目的を決め、今やらなければならないことを明確にします。

Lineへのお問い合わせ
完全個別無料相談会へ応募する
ETHOSBG

未来とつながる環境をつくる

人より面倒臭がりなわけでもないけど、
僕はこれからも新年の抱負は一月中に忘れると断言できます。
なぜなら生まれてから今まで自分の意思、やる気、モチベーションというものが続いた試しがないからです。
小学校のころにやっていたサッカーが少し上手くなった理由は、
みんなが行くから仕方なく行った夏合宿でボールが見えなくなるまで練習をする環境があったから。
競泳をしていた中学、高校時代にタイムが伸びないスランプから脱出できたのは当日なにをやったのか忘れないように寝る前に日記をかきはじめたのがきっかけでした。
こうして振り返ればいつもそこに、強い意思、モチベーションとは関係のない環境と習慣の変化。
それが、自分を変えるきっかけでした。