英語のネイティブスピーカーのアメリカ人とのマンツーマン・ホームステイ・就職支援・安心・安全の海外留学をサポートしています

おかげさまで、フィリピン留学・セブ島留学でホームステイ留学実績 No.1

  • TEL 050-3568-4232
  • MAIL info@ethosjp.com
  • LINE @usa_cebu

月 ~ 金 9:00 ~ 18:00 (定休日:日・祝日)

フィリピン・セブ島留学 実績 No.1 のホームステイプランは人気プランです。お申し込みはお早めに!

mainvisual

未来と繋がる留学

ETHOS(エトス)について

ABOUT ETHOS

フィリピン・セブ島のホームステイ留学実績No.1


海外留学・フィリピン留学・セブ島留学・ワーホリ・2カ国留学 のETHOS

海外留学・就職

留学後におすすめのオンライン英会話4選【全て無料体験あり】

留学後も英語の勉強を継続したいと思っていませんか?この記事では、留学後におすすめのオンライン英会話を4つ紹介します。全て最初は無料レッスンを受けられらるので試してみてください。

フィリピン留学

レアジョブで1ヶ月勉強しての感想【アメリカ人と仕事してる僕が解説】

オンライン英会話のレアジョブってどうだろうか?こんな疑問に答えます。アメリカ人と仕事してる僕がレアジョブで1ヶ月勉強しての感想を解説しています。英語力は伸びたか?料金。メリット・デメリットを解説しています。

海外留学・就職

留学前に必ず覚える単語を紹介【知らないと留学失敗が確定】

留学前に必ず覚える単語を知りたいと思っていませんか?この記事では、留学前に必ず覚えた方が良い単語を紹介します。これらの単語は留学前に覚えないと留学失敗しやすいです。

海外留学・就職

【激選】留学前の海外映画おすすめ20選!
【初心者向け】

留学前に英語学習ができる、おすすめな海外映画を探していませんか?この記事では、留学前に映画で英語学習をするメリットとおすすめの映画20選を紹介します。

フィリピン留学

フィリピンで銀行口座を開設するには?必要書類や手順を解説!


フィリピンで銀行口座を開設する方法を知りたいですか?この記事では、フィリピンの大手銀行3選、銀行口座開設に必要なもの、銀行口座の開設方法、銀行口座を作った方が良い人を詳しく解説しています。

フィリピン留学

日本→フィリピンへ送金する時におすすめのサービスと方法【簡単】

日本からフィリピンへ送金する方法を知りたくありませんか?この記事では、日本→フィリピンに送金する時におすすめしたいサービスを紹介します。時間場所に囚われず、スマホ一つでフィリピンへ海外送金できる方法です。

海外留学・就職

留学前に絶対ダウンロードしたいアプリ15選【現地スタッフ推薦】

留学前にダウンロードした方が良いアプリってあるかな?と悩んでいませんか?この記事では、現在海外にいる現地スタッフが留学前に絶対ダウンロードしたいアプリ15選を一つずつ紹介しています。これらのアプリがあると生活が便利になります。

フィリピン留学

フィリピンの年収48万円!?【英語の先生含め5つで比較】

フィリピンの平均年収っていくらですか?フィリピンで会う人の年収が気になってます。例えば語学学校にいるフィリピンの英語の先生とか…こんな疑問に答えます。フィリピンの平均年収は国際労働期間(ILO)調べによると約48万円(22万ペソ)です。平均するとボーナスが出る企業なら月1.7万ペソ、出ない企業なら月1.8万ペソが平均になります。今回はせっかくなので僕の人脈と情報を使って、フィリピンの英語講師、コールセンタースタッフ、KTVのフィリピン女性、ITパークの外資系で働くフィリピン人、レストランの店員などの年収を調べました。

フィリピン留学

フィリピンの超絶美人を15人紹介【人気女優・モデル】美しすぎる

フィリピンの美人(人気女優・モデル)などを知りたくありませんか?この記事では、フィリピンで有名な美人を15人紹介します。本当に綺麗で可愛いです。

人間の集中力は15分

ある研究結果でそう言われているそうです。
真偽は定かでありませんが決意とか、やる気だけで自分を変えることは難しい。そう考えています。
ですが、新しい環境に身を置くと、そこでできる新しい人間関係、新しい習慣で、新しい考えが身につきます。
自分を取り巻く環境はあなたを良くも悪くも変えてくれます。
そう考えると高校生と大学生の考え方や生活スタイルが大きく変わるのは18歳から19歳に変わる1年の成長より、環境の変化が大きいからかもしれません。

野球やサッカー、その他のスポーツでも強豪チームと言われるチームに入るほど良いコーチ、良い練習環境に恵まれ、必然的にそれをもとめる良い仲間と巡り会えます。
同じように明確な目的があるのであればベストな環境を選ぶことが大事です。意識は高くないといけません。
そのベストな環境で自分の好きなことに打ち込んでいるときほど充実した毎日を僕たちは知りません。

僕たちの事業は、常に自分たちが経験してきたときに感じた「こうだったらよかったのに…」という感情からスタートします。
その「こうだったらよかったのに…」を自分たちにとって「こうなれば最高だよね。これだったら当時の自分も満足できる。」に成るよう自分たちの納得いくまで時間をかけ考え、それをサービスとして世に送り出しています。
僕たちが最も大きな幸せを感じるときは、自分と似たような境遇の誰かを幸せにできたときです。
誤解を恐れずに言うのであれば、世界中の人たちを幸せにしたい!という大志とは違い、過去の自分と似たような境遇にある人たちを満足させることができたという自己満足です。
自分のことだと思えないと頑張る気さえおきない。
これが本音です。

格安航空会社(LCC)のおかげで海外へより気軽にいけるようになりました。
今ではフィリピン・セブ島という近くて物価の安い留学先が日本でも広まり、今までより気軽に海外へいける時代になりました。
ひと昔前の海外旅行のように豪華なホテル、快適な飛行機が重要という考えはなくなり、そこでしかできない体験がより重要になってきました。

同じく海外留学をするためのハードルが下がり選択肢が増えました。
それでも海外留学の本質は異なる世界での体験、その国の人たちとのコミュニケーション、そして英語をはじめとする語学力という本質は変わりません。

僕たちが提供するサービスは安心できる留学環境を第一に、第二に留学生が日本では得られない体験をサービスや施設環境が奪うことのないようデザインしています。
海外で働きたい、現地の大学に入学はしなくても同程度の英語力は身に付けたいという目的意識をもった留学には学習と実践という2つの最適な環境を用意しました。

フィリピン留学と欧米留学を6つで比較してみた

留学すると日本の文化や環境の素晴らしさを再確認できる!

やりたいことがない?夢がない?それなら20代でもワーホリへ行ってほしい。

海外留学の様子

未来と繋がる留学とは?

● 1年で英語を使いこなすワーホリ・2カ国留学

オーストラリアにワーキングホリデーに行った日本人のほとんどが英語力が身につかずに帰国します。
その理由は留学をしても英語を使う機会に恵まれない環境で日本での生活と同じように過ごすことが大きな原因です。
そこでワーホリ、フィリピン留学の経験者である代表が英語初心者から1年で現地大学入学レベル、海外就職できる英語力が身につくワーホリ・2カ国留学のプログラムを開発しました。
このプログラムでは英語を使うための学習と実践ふたつの環境を提供します。
その結果、1年で海外就職ができる英語力を身につけることが可能です。

ワーホリ・オーストラリア2カ国留学

● 3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

フィリピン・セブ島でアメリカ人とのホームステイ、アメリカ人の家族の輪に入れる体験ができる語学学校です。
オーストラリア、フィリピン留学を経験してビジネスレベルで英語を使える代表が今まで経験した語学学校のなかで一番おすすめできます。
この学校はカトリックの宣教師としてアメリカ・テキサス州からセブ島にきたアメリカ人学長が、セブ島で建てた三世帯で同居できる理想の家、2つのマンゴー畑、車に電化製品を売り払いつくりました。

ここではステイ先でのビジネスライクな対応も、素敵先から通学にバスで1時間30分もかかる心配もありません。
『フィリピン留学市場でホームステイの受入実績No. 1のアットホームな環境』の中で学習できます。

フィリピン・セブ島留学

人気の留学に関する記事をチェック!

海外留学・フィリピン・セブ島留学・オーストラリアへのワーワーキングホリデー・2カ国留学を具体的に考えはじめたら。
どこよりも詳しくリアルな現地情報、リアルな留学をまとめた「海外留学ブログの中で人気」のこちらの記事をまずはお読みください。

語学学校

「インタビュー:RJ編」フィリピンでリーディングを担当して5年。ベテラン講師

主にETHOSのリーディングクラスを担当している、アメリカ人講師RJ(Robert Mate)にインタビューしました。 なぜセブ島で働いているのか 授業はどうか ホームステイはどうか 上記の内容を聞いてみました!

フィリピン留学

【田舎最高】フィリピンの田舎は時間がゆっく〜〜り時間が流れている

フィリピンに来ると中心地でも現地の人がゆっくり生活をして、ゆっくーり時間が流れているように感じますが、田舎に行くと更に、ゆっくり時間が流れています。時間が止まってるのかと思ったくらいです。笑また電波は入らない事もあります。そこら辺も、この記事で詳しく解説していきます。

マニラ

マニラにある24時間営業のジム(GYM)に3回無料でいく方法

僕は何処の国に行ってもまずホテルの周辺のジムを検索してしまいます。 旅行に行ってもジムで体を動かしたいですよね?動かさないと体調を崩します。フィリピンは1年中暖かく寒いから布団から出られないということは無いので早朝ジムに行くには最高な国です。 今日はマニラのジムに3回無料でいく方法をお伝えします。

フィリピン留学

【セブ島留学】ITパークの治安は大丈夫?中と外の差が激しいです。

フィリピン・セブ島にある経済特区のITパークについての安全性、おすすめのレストランを紹介します。ITパーク内と外の差が激しいのがなんとも東南アジアらしいです。

セブ島レストラン

【セブ島】一幸舎ラーメン2種を一食の値段で食べる日本食ハック

セブ島にいるけどしばらく日本食食べてなくて、日本食をがっつり食べたいです。セブ島で美味しいラーメンが食べられるお店教えてください。でもセブ島でラーメンって少し高くないですか?そんな悩みに答えます。そこで今回はセブ島の一幸舎で2種類の味の違うラーメンをほぼ一食分の値段で食べる日本食ハックを紹介します。

フィリピン留学

フィリピン・セブ島留学は何歳から?【語学学校関係者の僕が解説】

フィリピン・セブ島留学では何歳から留学する事が可能なのか?年齢制限はあるのかな?こんな疑問に答えます。 結論から言うと、セブ島留学で年齢制限は特に無いですが、語学学校によって一人で留学できる年齢制限を設けている事が多いです。まずは、自分の興味のある語学学校に問い合わせて、留学可能か聞く必要があります

2カ国留学・ワーホリ

【オーストラリア】ワーホリ・ビザ申請の手順(2020年度版)

この記事では、自分で出来るオーストラリア・ワーキングホリデーのビザ申請方法を28枚の画像を使って説明します。(所要時間1時間)これを読めばワーホリのビザ申請は自分で自力できます!フィリピン留学に行ってからワーホリでオーストラリアに入国する留学生はフィリピン留学前にビザ申請を済ませておいてください。

海外留学・就職

留学中に寂しいと感じる6の瞬間【寂しい時の対策も教えるよ】

留学中はほとんどの人が日本にいる友達や恋人、家族と会いたくなって寂しいと感じます。基本的に寂しいと感じる原因はホームシックです。ホームシックの解決策は留学生活を忙しく過ごす事。この記事では、留学中に寂しいと感じる6の瞬間と対処方法について解説していきます。

フィリピン留学

フィリピン人は仕事しない、お給料が少ないってマジ?【南国特有】

日本でフィリピン留学が一般的になるにつれてフィリピン留学は低価格という情報も広く伝わってきています。でもフィリピン留学が安いということは、働いているフィリピン人の給料も低いはず!ということで、フィリピン人スタッフのサムにいろいろとフィリピン人の給料や仕事について話を聞いてみました。

フィリピン留学

フィリピンでGRAB TAXI(グラブタクシー)を使えばさらに安心、安全

フィリピンでタクシーを利用するのが何だか怖い。そう思う方により安心のサービス、グラブタクシー(Grab Taxi)の使い方を1分30秒で紹介します。これでフィリピン、セブ島でのタクシー活用が安心・安全になります。留学前にアプリを無料でダウンロードしておきましょう。

ETHOS Instagram

フォローはこちらから @ethos_cebu

ホームステイ・セブ島留学・2カ国留学の体験談

不安と期待感にドキドキしたフィリピン留学・セブ島留学のETHOSの卒業生の生の声です。

フィリピン留学体験談&インタビュー 中高生体験談&インタビュー

【高校生・シェアハウス留学体験談】5週間ほとんどアメリカ人の方と会話をしていました

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の高校生留学生の体験談・インタビュー/今回の卒業生の福見さんは、以前ETHOSに留学していた細間翔さんの紹介できてくれました。彼女は以前もフィリピン留学にきたことがあるそうで、今回で2回目のフィリピンです。

フィリピン留学体験談&インタビュー 大学生体験談&インタビュー

【大学生・ホームステイ留学体験談】初海外、初留学がETHOS(エトス)で良かったです

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/大学生活も就職活動が終わって、単位も撮り終わっていると大分時間がとれるようになります。毎年1月から3月は卒業旅行のシーズンですが、ミキさんもちょっと早いですが大学の残り少ない時間を使っての短期留学をしてくれました。

レチョン

フィリピン留学体験談&インタビュー 大学生体験談&インタビュー

【大学生・ホームステイ留学体験談】フィリピン・セブという環境での経験は一生もの

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/今回のアンケートは藤川聖子さんです。藤川さんのアンケートにもどんなときもハグで受け入れてくれるのが一番の思い出だと書いてくれています。日本人が海外に長期滞在して日本に帰って来るとハグ不足になって少し寂しい気持ちになったり、海外の人が日本で暮らしてはじめに寂しくなるのもまたハグ。

フィリピン留学体験談&インタビュー 大学生体験談&インタビュー

【大学生・ホームステイ留学体験談】英語を通して文化や考えを学んでいきたい

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/今回は妹尾さよさんに留学後、アンケートへご協力頂きました。19歳で、女性1人での留学です。同じように留学を考えている10代の留学生の方は参考にしてください。英語意外にも、日本以外の文化に触れていろいろな経験ができたみたいです。

フィリピン留学体験談&インタビュー 大学生体験談&インタビュー

【大学生・ホームステイ留学体験談】大学の授業で先生の話す英語が聞きとれなかった

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/自分で英語が得意だと思っていたけど、英語だと思ったことを伝えられずに悔しい思いをしたことで留学を決めたそうです。フィリピンと聞くと治安を心配する両親が多い中でも早川さんの両親はすんなり留学を承諾してくれたそうです。

フィリピン留学体験談&インタビュー 大学生体験談&インタビュー

留学前の悩みも3日もたたないうちに消えました

一足先にフィリピン・セブ島にあるETHOSで8月7日から9月3日まで過ごした先輩留学生2名の体験談を載せています。留学前の悩みや留学生活の声をアンケートから見てみましょう。

フィリピン留学体験談&インタビュー 社会人体験談&インタビュー

【子育て後・ホームステイ留学体験談】初の短期留学、そして初の東南アジア

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の子育て後留学生の体験談・インタビュー/今回は、3人の子育てを終えて、セブ島のETHOSに留学をしてくれた洋子さんがアンケートを頂きました。海外経験が少ない、ハワイやグアムなどは経験があっても東南アジアは初めてといった方は参考になるかもしれません。

フィリピン留学体験談&インタビュー

【社会人・ワーホリ・2カ国留学体験談】留学プランでオーストラリアのホテルで働けることも魅力の一つだと思います。

今回は2ヶ国留学で16週間フィリピン・セブ島のETHOS(エトス)でホームステイ留学した、島川さんの体験談です。日本で内定が決まってましたが、内定を蹴ってフィリピン留学+オーストラリアで有給インターンの2ヶ国留学(1年間)の勉強です。

フィリピン留学体験談&インタビュー 社会人体験談&インタビュー

【社会人・ホームステイ留学体験談】留学のきっかけがなかったけど、30歳目前で決めました。

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/前回のミキさんのインタビューに引き続き、インターンのサヨコちゃんにアイさんにインタビューをしてもらいました。アイさんはフィリピン留学後にオーストラリアへワーホリへ行く二カ国留学をすることを30歳目前になって決めたそうです。 音声と書き起こしでそのままお伝えします。

フィリピン留学体験談&インタビュー 社会人体験談&インタビュー

【社会人・ホームステイ留学体験談】短い期間でしたが良い経験

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/短い期間でしたが良い経験になりました。思い切って来て良かったです。

兄弟でフィリピン・セブ島など、海外留学を体当たり体験

海外留学・ワーホリの体当たり体験・レポ

兄弟で!海外留学マスターが教える失敗しない留学のコツ

フィリピン・セブ島・2カ国留学・ホームステイ・留学・ワーホリで悩んだら、私たちが直接取材、体験してきた現地情報の 私たちのフィリピン・セブ島留学ブログ をまずお読みください!

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。


自分の行ったことがない、現地に知り合いがいない国に留学に行く時は治安が心配になります。フィリピン留学でも当の本人が大丈夫だとしても両親などに治安の問題で心配されるケースが多いです。自分はもちろん、両親も安心して子どもを留学させていい国かどうかは大事ですね。今日は本当にフィリピン・セブ島の治安について書こうと思います。

フィリピン・セブ島留学でも、全授業ネイティブから英語を習いたい留学生のあなたへ

フィリピン・セブ島留学でも、全授業ネイティブから英語を習いたい留学生のあなたへ


フィリピン・セブ島留学は、2016年に日本人留学生が3.5万人をこえています。でも講師のほとんどはフィリピン人です。でもやっぱり英語はネイティブの講師から、そしてアメリカに行くより低コストで習いたいと思いますよね。この記事では全ての授業をネイティブのアメリカ人から習うことができる学校を紹介します。

フィリピン・セブ島留学では英語を使う機会を増やした人が【勝つ】

フィリピン・セブ島留学では英語を使う機会を増やした人が【勝つ】


留学をしたのにも関わらず、授業以外に英語が話す機会が無いって日本で英会話教室に行って、授業が終わったら日本語に戻ってしまう生活と何も変わりません。 フィリピン留学では授業以外で英語を話す機会があるのか?と疑問に思っている方へ。 フィリピン留学の現実と授業以外に英語がどのようの時に使えるのか説明します。

20歳から英語の会話力上達はもう手遅れか

20歳から英語の会話力上達はもう手遅れか


先月、タレント・紗栄子(30)がこどもを1歳の終わりくらいから英語教育をしているとしたが、「今でしょ!?」で有名な話修氏から英語至上主義にノーをつきつけられる展開があったというニュースがあった。多くの留学を希望する人たちは20代だから、20歳からでも英語の会話力上達はできる事を早期英語教育に疑問を投げかけて説明します。

「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違う

「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違う


最近、日本でもフィリピン留学がすっかり定着してきました。フィリピン人の英語は英語公用語国世界第3位で文法の間違いもなく、キレイな発音のアメリカ英語を話すという広告表現がブログ、留学エージェントのホームページの至る所で使われています。 本当にフィリピン人のアメリカ英語は正しくて訛りのないキレイな英語なのでしょうか。

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ


海外行くときの海外旅行保険に入らずクレジットカードしか使わないKazukiが海外旅行保険をクレジットカードで無料にする方法をわかりやすく伝えます。

日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えられる

日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えられる


「フィリピン人の英語力はどれくらい?」その疑問に答えるブログを見ると最終的にフィリピン人の英語力を証明するかたちで記事が終わります。僕もそのフィリピン留学に関係する仕事をしているけど、この記事では敢えて日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えることもできるという夢のある話をお伝えします。

【高卒必見】英語ができれば海外で仕事ができる!

【高卒必見】英語ができれば海外で仕事ができる!


この記事では高卒、短大卒とか僕みたいな名もなきFランの大卒でも英語が話せると海外就職っていう未来があるよという話をしたいと思います。 結論から言うと、高卒でも英語を学べば未来が開ける!今は英語がペラペラじゃなくても大丈夫!ということです。

フィリピン・セブ島への留学、2カ国留学、ワーホリ、海外留学なら渡航先に関係なく・どんな質問でもOK!
海外留学でわからないことがあれば、何でも気軽に「海外留学マスターへ」聞いてください
もしあなたが海外留学についての何かお悩みがある場合、まずお気軽にお問い合わせください。
留学の目的を決め、今やらなければならないことを明確にします。

Lineへのお問い合わせ
完全個別無料相談会へ応募する
ETHOSBG

未来とつながる環境をつくる

人より面倒臭がりなわけでもないけど、
僕はこれからも新年の抱負は一月中に忘れると断言できます。
なぜなら生まれてから今まで自分の意思、やる気、モチベーションというものが続いた試しがないからです。
小学校のころにやっていたサッカーが少し上手くなった理由は、
みんなが行くから仕方なく行った夏合宿でボールが見えなくなるまで練習をする環境があったから。
競泳をしていた中学、高校時代にタイムが伸びないスランプから脱出できたのは当日なにをやったのか忘れないように寝る前に日記をかきはじめたのがきっかけでした。
こうして振り返ればいつもそこに、強い意思、モチベーションとは関係のない環境と習慣の変化。
それが、自分を変えるきっかけでした。