「インタビュー:サム編」フィリピン・セブ島留学ETHOS校で働くフィリピン人スタッフの仕事

フィリピン人スタッフのサム

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

セブ島でアメリカ留学ETHOSのフィリピン人スタッフ「Sam(サム)」に、過去のフィリピンの事やETHOSで働く事になった経緯を聞きました。
 
別の記事では、これがセブ島の美容院だ!ローカルのフィリピン人と行く。ということでセブ島に住んでいる平均所得の人が行く美容院(床屋?)に着いていきました。
 
ただ髪を切りに行くだけですが、フィリピン人の庶民の営みが垣間見えます。
サム(53才)
出身:フィリピン・セブ島
仕事内容:カスタマーサービス・ローカルマーケティング
趣味:チェス、寝ること、食べること、読書
好きな食べ物:レチョン(豚の丸焼き)と肉類全般

昔と今のセブ島

 
ー生まれも育ちもセブ島との事で、セブ島は昔と違う?
 
 
全然違うよ!私が学生だった時は交通機関が全く発達していなく、スーパーやモールも全然なかった。
 
ジプニーとタクシーもあったけど、今より全然台数も少なかたっし移動する時は、馬で移動してた。
馬での移動の値段は 当時 50 cents。1ペソの半分の値段だったよ(笑)
 
子供の時は、25 centsもあればバナナQとかアイスクリームとか買えたな〜。
懐かしい。
 
1ペソ=約2.3円 100セント=1ペソ
 
 
ー今はセブ島には外国人がたくさんいるけど、昔からいた?
 
 
いたよ。アメリカ人とかロシア人とか韓国人。日本人もいたよ。
 
 
ーサウジアラビアで働いたことあるって言ってたけど、どうだった?
 
 
1989年に3年間サウジアラビアに出稼ぎに行った。
 
昔は海外で働きたいと思っていたから、サウジアラビアで働けたのは夢が一つ叶ったことなんだ。サウジアラビアでは、工場現場で毎日働いていた。街並みは綺麗で食べ物も美味しかったな〜。
 
今もフィリピン人は出稼ぎでサウジアラビアに行く人は多いよ。日本に出稼ぎに行く人も多い。出稼ぎの国だからね(笑)
 
 
ーじゃあアラビア語は話せる?
 
 
نعم فعلا (アラビア語でYes)
 
昔、サウジアラビア人がたまたまETHOSに来たんだけど、その時アラビア語で対応できたんだ。その時も、サウジアラビアに行ってよかったと思った。
 
 
ーサウジアラビアで何が一番辛かったですか?
 
 
家族と離れるのが一番辛かった。3年間1度もセブ島には戻れなかったからね。
 
 
ー今の夢は?
 
 
今の夢は孫が欲しいな(笑)
 

ETHOSの留学生について

 
ー日本人の生徒はどう?
 
 
とても礼儀が正しい。そしてフレンドリー。セブ島とETHOSでの生活を楽しんでる印象だよ。
 
どの生徒が一番思い出に残っているという訳ではなく全ての生徒が思い出に残ってるし、生徒から色々な事を教えてもらいました。日本にはいつか行ってみたいな〜!
 
 
ーもし日本に行ったら何がしたい?
 
 
日本の料理を食べたい!東京も見てみたいし、桜も見たい。
ETHOSの卒業生にも会えたら嬉しいな。
 
 
ーETHOSでの仕事は何をしていますか?
 
 
マーケティングとカスタマーサービスをしてるよ。ETHOSでは、フィリピン人が日本語を勉強してるかね。なので、主にローカルのマーケティングをやってる。
 
他にも、日本人の生徒が市内観光したい場合、授業が終わったあとに連れて行ってガイドもしたり、観光では、歴史のことや治安のことも説明できて楽しいよ!
 
 
ーアメリカの会社で働いているわけだけど、アメリカ英語とフィリピン英語の違いはどうですか?
 
 
文法、発音、スラング、言い回し、全てにおいてアメリカ英語とフィリピン英語は違うよ。
私たちにとって、アメリカ英語は難しいけど私はアメリカ英語の環境の中に10年間いるので対応できる。
 
ETHOSには、フィリピン人もアメリカ英語を習いに来ていた。コールセンターでアメリカ人のクレーム対応係で働いていた方は、電話での、リスニングができなかったようで、ETHOSで勉強していました。
 
後は、ETHOSで5ヶ月間ホームステイをしていたフィリピン人の女性もいた。
彼女はアメリカ企業で働いていてボスからアメリカ英語を学べと言われて、 ETHOSに来ていたよ。
 
 
ー休日はどのように過ごしているの?
 
 
家族と過ごすことが多く、教会に行ったりもする。
 
何でETHOSで働くことになったの?
 
バリーが宣教師として、バイブルスタディーセンターで働いていて自分は授業を受けていた。
 
バリーも私のことを生徒の時から知っていて、ETHOSを初める時に雇ってもらったんだ。
私はバイブルを勉強していた事もあってアメリカ人の環境に10年間いるんだ。
 
 
ーETHOSの生徒にはセブ島でどんな事を体験してほしいですか?
 
 
フィリピンの歴史や習慣を肌で感じてもらいたい。
セブ島に有名な観光名所(サントニーニョ・チャーチ、ラプラプ像 etc)や綺麗なビーチに行ってもらいたい。それと美味しいフィリピン料理もたくさん食べてほしい。
レチョンやバロット、ラプラプフィッシュとか日本では食べれないような料理がたくさんあります。
 
あと、フィリピン人のLove and Peaceな性格もね(笑)
 

まとめ

僕はサムとの付き合いはかれこれ、6年になりますが、サムは典型的なセブ島出身のフィリピン人の性格をしています。
典型的なフィリピン人の性格とは、本当に陽気でフレンドリー!
 
どこかに行きたいと言えば、連れて行ってくれ、セブ島の色々な情報を教えてくれます。
 
 

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン人スタッフのサム

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら