【2019年版】フィリピンで有名なお菓子17選「現地人も大絶賛」

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン・セブ島留学中に現地のお菓子を食べてみたいな。日本では売っていない現地のお菓子を食べてみたい!と思っている方へ。そんな疑問を答えます。

結論から言うと、フィリピンには日本にないお菓子がたくさんあります!しかも安いので、現地に到着したらスーパーやコンビニに行ってお菓子を買って食べて欲しい。

この記事の内容
  • フィリピンのお菓子を紹介
  • お菓子が買える場所について

 

この記事を書いている僕は、フィリピン滞在歴が2年近くになり、渡航回数も20回を超えています。

ローカルの友達も割といるので、フィリピンのお菓子についても詳しい方だと思います。

こういった背景の僕は、読んだら絶対に食べたくなる、フィリピンおすすめのお菓子を紹介します。

絶大な人気を誇るPiattos

フィリピン人の間でも絶大な人気を誇る「Piattos」。個人的にサワークリーム味がおすすめです。

フィリピンでもたくさんの種類のポテトチップスがあります。その中でも、断トツでPiattosが良い。

スーパーに行っても現地の人がPiattosを買っている光景を多く見かけます。是非買ってみてください。

僕がサリサリストアのお菓子を全て買ったときに、美味しさでNO.1になったのも、このポテチ!

※関連記事※
フィリピンのお土産をサリサリストアで買うのは有り?無し?

チョコレートドライマンゴー

通常のドライマンゴーも美味しいですが、これは名前の通りドライマンゴーにチョコレートがかかっています。

チョコとドライマンゴーが絶妙にマッチしてかなり美味しいので、一度食べてみてください。

正直、写真の1パックじゃ足りないと思いますが、カロリーが高いので1パックにしておきましょう。

お土産にもおすすめです。

Piyaya(ピヤヤ)

ローカルの人が3時のおやつに食べてる率が高いPiyaya。

マスコバド糖と小麦粉を混ぜた、シンプルな甘いお菓子。フィリピンで有名なウベ味(紫芋)のPiyayaが個人的におすすめです。

ガーリックが効いて美味しい!Boy Nawano

フィリピン人はニンニク風味・味のお菓子が大好き!

写真のお菓子は、名前の通りとうもろこしを揚げてニンニク味にしたスナック菓子です。お酒のおつまみにも、普通にお菓子として食べても美味しい。

かなりニンニクがきついので、息が臭くなるのに注意。

ピーナッツのお菓子ならNAGARAYA(ナガラヤ)

こちらもガーリック味です。

ナガラヤは3種類の味があります。その中でも、ガーリック味がおすすめ。

お酒のおつまみに良いですし、おやつとして食べるのも有り。ローカルの人たちもナガラヤが大好きです。

フィリピン人に大人気のスナック

現地の子供から、僕の日本で働いているフィリピン人の友人も「Chippy」が大好き。

フィリピン人から言わせると、小さい頃に食べたお菓子の味が懐かしくて、このスナックを食べるみたいです。

Chippyもたくさんの味がありますが、Cheese味がチーズ感が強くておすすめです。値段も30円程度と安い。

酸味が堪らないチャチャロンのスナック

フィリピンでは、豚の皮を揚げたチャチャロンをお酒と一緒に食べます。

チャチャロンを醤油とお酢のソースに付けて食べるのが一般的ですが、このスナックは元々お酢の酸味が合わさってるんです。

個人的にフィリピンのお菓子の中でもN0.3に入ります。

一度食べたら止まらないバナナチップス

フィリピンの有名な果物と言えば、マンゴーとバナナ。

フィリピンでは、日本で高級の部類に入る質の高いマンゴーやバナナが安価で購入する事ができます。

そのクオリティーの高いバナナをチップスにしてる訳ですから、美味しくない訳がありません。

一度食べはじめたら止まらないので注意が必要。

フィリピンの定番お菓子「ドライマンゴー」

非常に多くのメーカーから「ドライマンゴー」は売られていますが、その中でも断トツで、7Dマンゴーが美味しいです。

手軽にフィリピンの美味しいマンゴーをスナック感覚で食べる事のできるドライマンゴーは最高です。

お土産の定番商品でもあります。

セブ島で7Dマンゴーの製品を買う場合、工場に行って買うのがおすすめです。工場限定の7D製品もおいてあります。

セブ島のお土産7Dマンゴーを工場まで買いにいってみた

セブ島のお土産7Dマンゴーを工場まで買いにいってみた

ヘルシーなココナッツチップス

女子ウケ間違い無しのココナッツチップス。

超健康食品なヘルシーなココナッツがチップスになっています。ココナッツのお菓子以外にも、フィリピンはココナッツ製品が非常に多いです。

Sky Flakes (スカイフレークス)

味付けの無い、塩味のクラッカーですが、クラッカーを甘いコーヒーに浸して食べたり、素のまま食べたりします。

正直、ただのクラッカーなのですが、何故か癖になります。

ちょっと小腹が空いた時にクラッカーを食べたり、おやつにこのクラッカーを食べるのがフィリピン流。

トウモロコシのお菓子Nova

トウモロコシが原料となっているお菓子のNova(ノヴァ)

食感はちょっと固めでしたが、食べ終わるまでトウモロコシが原料となっている事は気がつきませんでした。

Lay’s(レイズ)

ジャンクフードで有名なアメリカの有名なポテトチップスのレイズをセブ島で買う事ができます!

Lay’sって日本でも買えるじゃん?って思った方へ。

フィリピンの方が、スーパーやコンビニで気軽にたくさんの味付けのレイズを買う事ができます。

日本に無いレイズを見つけられるチャンスかも?レイズ好きはスーパーに駆け込もう。

一つ上のスナックにするならTostitosがおすすめ

ポテトチップスにチリソースをかけたり、アボガトを付けて食べると一つ上の上質なポテチが食べられます。

ポテチ専用のソースを自分で作るのも面倒くさい…..って時はTostitosがおすすめ。

瓶にポテトチップス用のソースが入っているので、小皿にうつせば簡単特性ソースをすぐに食べることができます。

この特性ソースを買ったら、もっとポテトチップスを食べる手が止まらなくなるでしょう。

お菓子と一緒にジュースも忘れずに

小分けにされたパックのジュースが20個入っていて、約200円。

1つからでも売っていて、その安さからこのパックジュースを飲んでいる小さな子供たちを街中で良く見かけます。

オレンジ味の他にもあるので、お好みのジュースをフィリピンのお菓子と一緒にどうぞ。

粉末ジュースもおすすめ

日本の駄菓子屋にも粉末ジュースがあった記憶が蘇りました。

フィリピンではカラマンシーの粉末ジュースもあります。現地の人は、ウイスキーとのMIXに粉末ジュースを使う方も多いです。

日本のメーカーからカルビー

日本のお菓子メーカーである、カルビーからもポテトチップスがフィリピンで売られています。

現地のメーカーのポテチは30円程度から買えるのですが、日本のカルビーは約200円もするので、フィリピンでは人気が低いようです。

でも、日本人はこのカルビーの方が好きな人が多いと思います。量も多いです。

セブ島でお菓子が買えるところ

主に下記の3つです。

  1. スーパー
  2. コンビニ
  3. サリサリストア

 

上記3つのお店は街中至るところにあるので、お近くのお店でフィリピンのお菓子を買ってみてください!

フィリピン・セブ島留学中にコンビニを使おう「全然商品が違う。笑」

フィリピンのお土産をサリサリストアで買うのは有り?無し?

まとめ

日本とは全く違うフィリピンのお菓子をみて、興味を持ってくれたでしょうか。

実際に、フィリピンでお菓子を食べてみてくださいね。値段も安いのでお財布に優しいです。

合わせて下記の記事も読んでください。

半年住んでフィリピン・セブ島と日本の物価を隅々まで比較しました

半年住んでフィリピン・セブ島と日本の物価を隅々まで比較しました

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS