留学中の孤独は乗り越えるのマジ辛い!みんな病みます。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学生

孤独感がひどい、酷すぎます。

リビングに誰かいるかもと考えると、部屋を出る勇気さえなくなる…なんてこともあります。

せっかく留学にきたのだから日本人同士と一緒にいてもダメだと思って見ても、英語力も足りないですし、残念なことに基本的に誰も助けてくれないから自分でなんとかしないと、現状を打破できません。

さらに孤独感を感じたのが留学してすぐだったら…。

あなたはまだ11ヶ月帰れないかも知れないし、早く帰るわけにも中々いきません。

ではどうすればこの闇から抜け出せるでしょうか?

こんな悩みに答えます。

結論から言うと、諦めるのはまだ早い!

この記事を書いている僕はワーホリ、フィリピン留学の経験者です。自慢ではないですが割とシャイなので友達作りには苦労するタイプです。(それなのに楽観主義で1人でも余裕っしょ!と思って自滅するタイプです。)

完全英語環境が良い!なんて言っても日本人がいないと孤独感を感じてしまうタイプでもあります。

そんな背景の僕が孤独感から抜け出す方法をお伝えします。

言葉が通じないと友達つくるのスゴい難しい

日本でも、友達つくりは意外と大変な作業なのは社交的な人意外は賛成してくれると思います。

それが英語が話せないとグググっとハードルが上がります。

もう本当に難しいです。

でもそこで挫けるな!とか言うのは簡単ですけど僕も何度もくじけたし、プライド捨てる!って考えても割とメンタルにきます。

続けるしかないとわかっていても、超難しいです。

英語聞き取れないし、言いたいこと言えないのだから当然ですけどね。

友達や家族と離れているというものやっぱりある

なかなか友達ができない、英語が話せないというフラストレーションがあるのは留学中ならしょうがないことですが、家族、友達、彼女/彼氏と会えないことからくる寂しさで、孤独を感じる場合があります。

つまり、友達ができない孤独に家族、友達から離れてる孤独。

日本であれば、新しい環境に入ったとしても友達と会って悩みを打ち明けてスッキリしたり、家族に相談したりが直接会ってできます。

いま出来ることをやるしかない

留学中はほとんどの留学生が1人で来ていて、なんとか辛い経験を乗り越えています。しかも留学に来ているのは自分の意思できているはずです。

こんなはずじゃなかった!と思う現状にいるのは分かりますが、今日がダメだからと言って明日、1ヶ月後がダメだとは限りません。

いま出来ることを行動にうつして、動き続けるのが大事です。

こんな孤独を感じるのも留学に来たからこそです。もし留学をしないで日本で暮らしていればツラい孤独を感じずに済んだのに、その孤独を感じているだけでも成長するチャンスがあります。

僕も何回も逃げました。今でも逃げます。

だから逃げた自分には優しく、少しでも頑張れた自分がいたら課題に褒めてあげるのが良いと思います。

やりたいことがない?夢がない?それなら20代でもワーホリへ行ってほしい。

 

一年のワーホリ、フィリピン留学を終えてみて

終わってみればの話ですが、孤独を感じてた期間は最初の1ヶ月だけでした。

ランチ食べる友達も1人しかいないし、その友達いなかったら自分1人だと何もできないし…。海外の人フレンドリーだと思ってたの完璧に勘違いだったんだなと何度も思いました。

そんな僕も気がつけば忙しい毎日を送りはじめて孤独でなくなってました。

留学生によって孤独を感じる期間は長かったり、短かったりすると思いますが、どんな留学生でも通る道だと思います。

まだまだ留学に来たばかりであれば焦るのが1番よくないと思います。はじめから出来る人はいないと言い聞かせて自分のペースで少しづつ生活に慣れていって頑張るしかないですね。

最後に明るい記事をご紹介します。
【関連記事】20歳から英語の会話力上達はもう手遅れか

20歳から英語の会話力上達はもう手遅れか

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら