留学中に妊娠が発覚!?ベストな対処方法を教えます【素早く対応】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学生
現在、留学中です。

彼氏との間に子供ができちゃったかもしれません。留学中に妊娠した場合はどうすればいいのだろうか?海外で子供を産むのは怖いし。誰にも相談していないので。

誰かアドバイスを下さい。

こんな疑問に答えます。

Kan
結論から言うと、まずは妊娠したのかをしっかり確認する事。その後に、恋人、両親に相談して、今後どうすれば良いのか決めていきましょう。一人で問題を抱え込むのは辛いと思うので、誰かに相談する事が重要です。
この記事の内容
  • 妊娠が発覚したら、まずは相談をしよう
  • 留学中の妊娠は海外保険が適用されるか

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

留学した時のバッチメイトもワーキングホリデー先で結婚した方もいました。留学中やワーホリ中に恋人ができて妊娠するのは割と耳にします。

こういった背景の僕が、留学中に妊娠した場合どうすればいいかを解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

留学中に妊娠が発覚!?ベストな対処方法を教えます

長期的に留学する人は、留学先で日本人と付き合う場合もありますし、外国人と付き合うパターンもあります。僕の知り合いの女性もオーストラリアのワーホリ中に、オーストラリア人と知り合い結婚し、現在もオーストラリアで住んでいます。

彼女ができちゃった結婚かは分かりませんが、恋人ができれば妊娠してしまう確率も上がります。

万が一、妊娠してしまった場合、まずは誰かに相談しましょう。

誰に相談するかは下記の通りです。

  1. 恋人
  2. 家族
  3. 語学学校関係者・ホストファミリー
  4. 病院

 

一つずつ解説していきます。

その①:恋人

妊娠した事を恋人にも言えない方もいると思いますが、まずは一番近くにいる恋人に相談しましょう。正直、妊娠しながら留学を続行するのは正直大変です。このまま留学を続けるのか?日本に帰国するか。留学先で子供を産むのか。

直ぐに答えは出ないと思いますが、まずは恋人と話し合ってみよう。

その②:家族

日本にいる家族は、あなたが一生懸命勉強して留学生活を楽しんでると思っています。その中で「妊娠した」と伝えるのは言いづらいですよね。でも、両親の気持ちを考えると、言わないよりは言って欲しいはずです。

もし子供を産む場合はお金もかかります。留学中、自分で子供を産むお金を持っている訳ないと思うので、思い切って相談してください。そして産む選択をした場合、絶対に隠しきれません。

叱られるかもしれませんが、最後に助けてくれるのは両親だと思います。

その③:病院

近くの産婦人科に行ってみよう。子供を産む場合も、中絶の選択をする場合も産婦人科に行く必要はあります。子供を産むために費用はどれくらいかかるのか。今後どうすればいいのか等、医師に相談するのは絶対にしてください。

一人だと心細いと思うので、恋人と病院に行ってもいいでしょう。

その④:語学学校関係者・ホストファミリー

今後どうするか決める為に、語学学校関係者と話す必要もあります。もし、あなたがホームステイをしている場合、ホストファミリーにも話さなければいけません。

Kan
僕は語学学校関係者ですが、もし妊娠してしまったら言いにくいと思いますが、伝えて欲しいです。

一人で問題を抱え込まず、相談しすい方に妊娠の悩みを伝えてください。

留学中の妊娠は海外保険が適用されるのか?

正直、留学中の妊娠に海外保険が適用されるかは、加入している保険によって異なります。ですので、一度加入されてる保険会社に問い合わせる必要があります。

当たり前ですが、留学前の性行為で妊娠した場合は、保険適用外です。

海外での出産費用は100万円以上かかる

留学先によっても出産費用は異なりますが、医療費が高額なアメリカでは出産費用に100万円以上かかります。その他に健診費用などもかかるので、150万円くらいの予算を考えておきましょう。

アメリカは公的健康保険が無いので、出産以外に虫歯になった場合や、普通の風邪を引いた場合も受診費用が物凄く高いです。こう考えると、日本の保険システムは世界的に見ても優秀です。

留学先として人気な、オーストラリアやカナダでも100万円はかかります。

日本で子供を産むのが安心だし、価格も安い

結論、留学中に子供を産む場合は、日本に一時帰国するのがベストでしょう。

理由は、日本での出産費用は平均で40万円〜50万円と言われています。この費用は実費で払う必要があります。海外と比べたら半分の金額なので、比較するとこれだけでお得ですよね。

更に、「出産育児一時金」という制度があり、子供一人に付き42万円支給されます。50万円の出産費用だとしたら、実質かかる金額は8万円で済みます。出産合計費用が40万円だとしたら、差額分の2万円は後日、支給もされます。

実質ほぼ費用がかからないので、日本で出産をする方がいいでしょう。

海外で出産をすると、100万円かかる所、日本で出産すると約8万円。その差は92万円にもなります。母国で出産できるのは安心ですし、費用の面を考えても、留学中一時帰国して出産した方が良いのではないかと思います。

子供を産んで、本気で育てていくなら、両親に相談して日本に帰国し、出産するにがベストな方法ではないでしょうか。

避妊は絶対しましょう

留学中に妊娠してしまったら悩みますよね。。。

悩むとメンタルもやられるので、しっかり避妊してください。

留学費用は両親に出してもらっているかもしれないですし、自分で一生懸命貯めたかもしれません。妊娠してしまうと、帰国しなければ行けない可能性も高くなりますし、何よりお金がかかってきます。

避妊具は高い物ではないので、購入して持ち運びましょう。

海外にも避妊具があります

フィリピンだと、コンビニやスーパーにコンドームも売っていますし、薬局でアフターピルも購入可能です。

日本だとアフターピルは数万円するようですが、フィリピンだと数千円で購入する事が可能です。万が一、性交渉をした時に避妊をしなかった時は、念の為アフターピルを服用するのが良いと思います。

留学生
お金がかかるから…….

と思うかもしれませんが、妊娠するよりは全然マシです。そこはお金をケチらずに避妊具を購入しましょう。

まとめ

留学中、妊娠してしまったらまずは周りに相談する。

子供を産む事になったら、日本に一時帰国するのがベストな方法です。

既に、妊娠が発覚してる場合は早めに行動してください。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら