セブ島のお土産7Dマンゴーを工場まで買いにいってみた

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピンの有名なお土産といえばマンゴーです。僕も買ったスタバのマグカップもお土産としておすすめですが、ドライマンゴーもおすすめです。
 
その中で有名なのが、カルディーやドンキ・ホーテ、成城石井でも販売されている7Dドライマンゴーです。
 
日本で買うと400円ほどする高級品ですが、セブ島に来たら工場の直売所まで行って日本にはない商品を楽しむことができます。おすすめはここでしか飲めないマンゴーネクター。
 
この記事では7Dマンゴーの工場へ行ってきたので、行き方や様子をお伝えします。
 

7Dドライマンゴーの直売所の場所

 
7Dマンゴーの工場はJセンターモールの近くです。ETHOS(エトス)からはタクシーで45分で着きました。
 
営業時間
平日 8時〜12時 13時〜17時半
土曜 8時〜12時 13時〜16時半
日曜 休日
 
日曜日は残念ながらお休みです。帰りのタクシーを拾うのは難しいのでUberかGrabで配車するのがおすすめです。行きはタクシーの運転手に「7Dマンゴーファクトリー」と言えば着きます。
 
A.Sフォーチュナー通りに出ればタクシーは拾えます。
 
 

直売所の前にセブ島旅行ツアーのバンが停まっていました。

 
目印は小さいですがこの看板。
 
7Dマンゴーの看板
 
 

工場見学はできないよ

 
工場を見学できると聞くと、キリンの工場みたいにビールが飲めたり、岩手県にある酒造「あさ開」のように製造過程を見せてくれてから試飲ができる体験型を想像しがちですが、7Dドライマンゴーの工場では工場見学はできませんが、7Dの製品を買える直売所があります。
 

店内は薄暗いですが混み合っています。

でも工場でなら定番のドライマンゴー以外にも買えるものがあります。価格は上昇傾向ですが、直売所なのでセブ島内では1番安いです。
 

7Dマンゴーの直売所で買えるもの

マンゴー/キロあたり90ペソ(約200円)

 
日本語表記のドライマンゴー&パイナップルもあります。
 
 
大きい箱バージョンのドライマンゴー。
 

マンゴーネクター7.5ペソ(約20円)

マンゴーネクターは買ったことがなかったので、1箱10個入り75ペソ(約170円)を2つ購入しました。

7Dマンゴー直売所で買えるマンゴーの料金表

7Dマンゴー直売所の料金表
 

7Dマンゴー直売所で使った金額

 
今回は、交通費に往復600ペソ(約1400円、マンゴーネクターを2箱(20個)買うのに150ペソ(約400円)かかりました。合計で1800円です。
 
交通費は他の留学生と一緒に3人で行けば往復200ペソ/人です。

お土産で7Dドライマンゴーを買いたい

お土産で7Dマンゴーをどうしても買いたい場合は、直売所でも売り切れていることも考えられるので事前に電話で在庫を確認してから行くことをおすすめします。
 
電話番号:032-346-0082
 

終わりに

日本でも7Dマンゴーは有名です。ドンキ・ホーテに行けば山積みになって販売されてるので400円払えばいつでも買えます。
 
でも、せっかくセブ島にいるんだから、みんなで7Dマンゴーの直売所に行った経験を買うのもいい思い出になりますよ。
 
 

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS