「フィリピン留学」6週間の費用まとめ【完全版】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

フィリピン留学を出来るだけ長くしたい。でも予算の関係もあり留学費用は50万円以下に抑えたい。と悩んでいる方へ。

ETHOSならここでしか出来ない6週間アメリカ人とのホームステイ留学が50万円以下で出来ます。

この記事の内容
  • ホームステイ6週間の合計費用
  • 合計費用の詳細
この記事で紹介する6週間のホームステイ留学は、学校で英語を教えてくれるアメリカ人講師宅にホームステイできるプランです。
 
僕は、フィリピン・セブ島の語学学校ETHOSの仕事に関わっており、この記事では、お客様に提示するお見積もり費用を更に細かく説明していきます。
 
ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。ワーホリ・2カ国留学のサポートもしています。ホームページはこちら

 

フィリピン留学:6週間の留学費用

ETHOSの留学費用にかかるのは、下記の6つだけ。

  1. 語学学校の費用
  2. 海外送金費用
  3. SSP、ACR I-Cardなどビザ費用
  4. 現地生活費
  5. 航空券代
  6. 海外旅行保険

 

➀〜➅までの詳しい費用を説明していきます。

航空券代と海外旅行保険は、知らないだけでお金を無駄にする可能性があるので、損をしない情報を伝えます。

日本でお支払いする語学学校6週間の費用

ビザ費用のみ、現地語学学校で直接お支払いしていただきます。ビザ費用については、後ほど詳しく説明します。

6週間の留学費用
  • 6時間コース(6週間)3245ドル=356,950円
※1ドル=110円計算
ホームステイ6週間/6時間コースの3245ドルには下記のすべてが含まれています。
 
  • 空港送迎費
  • 入学金・宿泊代
  • 水道、光熱費
  • テキスト代
  • ホットシャワー完備
  • ウォーターサーバー完備
  • Wi-Fi完備(全ての教室・ステイ先の個室で無料で使用できます)
  • 朝食(平日のみ)
  • 個室清掃、ベットシーツ交換(週1回/部屋は常に綺麗に保っています)

 

1ヶ月合計で2,000円〜3,000円する「電気代」や、1週間ごとに「テキスト代」のお金をチャージする語学学校もありますが、ETHOSでは全ての費用が日本でお支払いする留学費用に含まれています。

そして、この値段はシンプルに税込価格になります。
 

6時間の授業内容(毎日アメリカ人とのマンツーマン有り)

ETHOSでは、全授業アメリカ人講師が担当します。

  • 4時間:アメリカ人講師との最大6名の少人数グループレッスン
  • 2時間:予習、復習の時間(この時間にアメリカ人講師とのマンツーマンも可能)
  • 合計=6時間

 

2時間の予習・復習の時間の15分間を使って、アメリカ人講師との15分間のマンツーマンレッスンが受講可能。

平日、毎日受講できる、15分間のマンツーマンクラスを有効に使いましょう。
マンツーマンでは授業で分からなかった事や、自分の好きな科目を勉強する事ができます。ワーキングホリデーに行く方は、面接対策やレジュメ対策。TOEFLなどの試験を受ける方は、対策も可能です。

グループクラスは生徒のレベル毎に分かれています

少人数のグループクラスでは、初日の学力テストの結果を見て、アメリカ人講師が生徒のクラス分けを行なっています。

ETHOSでは、1ヶ月毎に学力テストを行ない、自分の英語力がどれだけ向上してるか数値として見る事もできます。

ETHOSのカリキュラムについて

約2分40秒の動画で、学長バリーにETHOSのカリキュラムについて説明しています。

他校とは違う、アメリカ式のカリキュラムについてご覧ください。

※字幕ボタンを押すと日本語字幕が表示されます。

フィリピン留学6週間のビザ費用

フィリピン留学のメリットの一つとして、面倒なビザ申請は日本でする必要がなく全ての手続きは語学学校のスタッフが代行してくれるところ。

6週間のビザ費用は約1.8万円になります。

ビザ料金は期間によって異なります。
8週間以上留学をする場合、ビザ料金が高くなります。

各期間毎の、ビザ費用についてはフィリピン留学に必要なビザ費用一覧【事前の準備は必要無し】でご確認ください。

おすすめの航空会社と費用

日本からセブ島までのおすすめ航空会社を2社紹介します。

  1. セブパシフィック航空
  2. フィリピン航空

各航空会社の料金は以下の通り(往復料金)

航空会社 閑散期 繁忙期
セブパシフィック航空 4.5万円 8万円
フィリピン航空 6万円 10万円 
  • 繁忙期=学生の夏休み・春休み・年末年始 
  • 閑散期=繁忙期以外のシーズン

 

留学する日程を選べる人は、閑散期を狙って留学した方が生徒数も少なく、航空券も繁忙期と比べて4割ほど安いのでお得です。

おすすめの海外保険

3ヶ月以内の留学なら、海外保険付帯のクレジットカードを持っていきましょう。

セブ島にクレジットカードを持っていくだけで、万が一、体調を崩したり・怪我をしてしまった時も「キャッシュレス」で治療を受ける事ができます。

※クレジットカードによってキャッシュレスでは無い場合があるので注意

※おすすめの海外保険付帯のクレジットカード
1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

フィリピン留学中のお小遣い

結論から言うと、セブ島は物価が安いので、留学中は1週間に1万円あれば十分。6週間の留学の場合、6万円あれば足ります。

留学生の1週間の生活費については、フィリピン留学のお小遣い額は?【月に現金4万円で足ります】で解説しています。

セブ島の物価は日本の約1/3です。食費や交通費などは、下記の物価の記事にまとめているのでご覧ください。

半年住んでフィリピンと日本の物価を隅から隅まで比較しました

週末にアクティビティでジンベエザメを見たりと考えてる方はその分を余分に持ってきてください。

フィリピン留学6週間の合計費用「ホームステイ」

※1ドル=110円で計算

語学学校の費用(税込) 356,950円(3245ドル)
SSPと観光ビザ延長費用 18,000円(8920ペソ)
航空券代(セブパシフィック) 4.5万円
現地生活費 6万円
海外送金費用 2000円
合計 481.950円

まとめ

50万円あれば、アメリカ人から全授業受けられ、アメリカ人講師宅にホームステイできます。

英語の上達には、できるだけ英語環境に染まる事と、英語のネイティブ・スピーカーの先生は欠かせません。

ETHOSではセブ島で唯一ホームステイできるプランがあります。そんなホームステイのメリットはホームステイのメリット6つ!学ぶことが山ほど【実体験を元に解説】で解説しています。

ホームステイのメリット6つ!学ぶことが山ほど【実体験を元に解説】

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。海外旅行好き。セブ島、マニラ、バリ島、マラン、台湾、香港、シドニー、バンコク、シンガポール、ハワイ、ブラジル、アルゼンチンなど世界中を旅した経験有り。世界11カ国18都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 得意技:三角絞め・ギロチンチョーク 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS