【大学生・ホームステイ留学体験談】英語を通して文化や考えを学んでいきたい

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

今回は妹尾さよさんに留学後、アンケートをご協力頂きました。

19歳で、女性1人での留学です。同じように留学を考えている10代の留学生の方は参考にしてください。約4ヶ月前の2015年10月5日に申し込んで2016年2月7日に留学しています。

どうしてセブ島を選びましたか?

2016_02_26_3179 (Large)

勉強も質問もしやすいと思ったのが決め手でした。

セブ島の学校はワンツーマンの授業が中心で、勉強も質問もしやすいと思ったのが決め手でした。

実際のセブ島はどのようなところでしたか?

2016_02_23_3121 (Large)

初めは現地の人に少し恐怖心があったと言う妹尾さん。

初めは現地の人に少し恐怖心がありました。

しかし、アクティビティに参加したり連れ出してもらってるうちに現地の人々と交流し恐怖心はなくなりました。

とても親切で私のつたない英語でもしっかりと聞いくれたり教えてくれました。

そのおかげで私も積極的に話すことができました。

ETHOSのセブ島留学でどのようなことを学びましたか?

IMG_20160305_052733 (Large)

ランチタイム

日本人同士だとなかなかハグをすることはありません。

でも、あいさつの時などでハグをする習慣を体験して 感情表現や言葉にすることは大事だし、とてもいい関係が築けるなと思いました。

留学前後で何か変わったことはありますか?

2016_03_04_3193 (Large)

シャリーから卒業証書を受け取る。

IMG_20160305_062047 (Large)

現地到着だけではなく、出発の時も空港まで送ります。

日本で当たり前だと思っていたことが海外では違うのだと小さなことから気づくことが出来ました。

また英語が話せるようになることがゴールじゃなくて、英語は一つの手段だと身をもって感じました。

だから英語を通して文化や考えを学んでいきたいと思いました。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS