ワーホリ前ビザ取得後のオーストラリア旅行について【注意】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ワーホリする人
ワーキングホリデーでオーストラリアにいく予定です。

その前に、オーストラリア旅行へ行こうと思っていますが旅行へいけますか?

ワーホリビザは取得した後です。

 

こんな疑問に答えます。

結論から言うと、オーストラリア旅行へはいけます。

でもオーストラリアに旅行で入国した時点でワーホリビザがスタートするので注意は必要です。

ワーホリビザを使わずにオーストラリアに観光旅行したい場合は、ワーホリビザ申請前が旅行のタイミングになります。

この記事の内容
  • ワーホリ前に旅行はできる?
  • ビザ申請中の旅行について

 

どーも、かずき(@Kazki413)です。

この記事を書いている僕はワーホリ、フィリピン留学の経験者です。現在はワーホリ・2カ国留学が得意なETHOS(エトス)で働いている関係で毎年たくさんワーホリへ行く留学生と関わっています。

今回はワーホリビザ取得後にオーストラリア留学へ観光や旅行へ行けるかどうかについてお伝えします。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

ワーホリ・2カ国留学の無料相談会はこちら

ワーホリ前ビザ取得後の旅行について

  ワーホリビザ取得前 ワーホリビザ取得後
ワーホリ前に旅行でオーストラリアへ OK NG
ワーホリ前に旅行で他国へ OK OK

まずはワーホリ前ですでにワーホリビザを取得した後の旅行についてですが、日本からオーストラリア以外の国に旅行はOKです。

また、ワーホリ前に旅行でオーストラリアに行くことはOKです。

ただし、オーストラリアに入国した時点でワーキングホリデーの滞在可能期限の1日目になるので、旅行でオーストラリアに到着した日から1年がはじまってしまいます。

すぐに帰国する場合であってもワーキングホリデーはその日からスタートしてしまうので注意が必要です。

もしどうしてもワーホリ前に観光旅行でオーストラリアへ行きたい場合は、ワーホリビザの申請前にETAS(観光ビザ)での旅行がおすすめです。

ETASとは?
ETAS(イータス)は最長3ヶ月まで滞在ができる観光ビザ(有効期限1年)です。

ETAS(イータス)で語学学校へ行くこともできますが、アルバイトなど現地で就労することはできません。

ワーキングホリデービザ(subclass 417)は働くのもOK、勉強するのもOK、ホリデーとして休暇を満喫するのもOK、何もしない滞在もOKと自由度の高いビザで一生に一度なら誰でも取得できるビザです。

また申請自体もネットで完結するのでとても簡単ですが、ビザはビザです。

ワーホリビザの申請後、申請中はルールをある程度把握して間違いのないようにしてください。

ワーホリビザの発給条件
  • ビザ申請時に18〜30歳以下
  • 日本国籍でパスポートを持っていること
  • ビザ申請時にオーストラリア国外にいること
  • 5000AUD以上の残高証明を提出すること
  • 健康状態が良好なこと

 

上記に加えてビザ発給から1年以内にオーストラリアに入国することで入国した日から1年の滞在が可能になるビザです。

またワーキングホリデービザでオーストラリアに滞在中は、

  • 同じバイト先で最大6ヶ月働ける
  • 語学学校に最大4ヶ月通える

 

など自由度の高いビザです。

またファーム(農作業)を88日間行うことでセカンド・ワーキングホリデービザの取得ができて、もう一年ワーホリを延長できます。

【オーストラリア】ワーホリ・ビザ申請の手順(最新版)
【ワーキングホリデー】2年目の延長を視野に入れるならオーストラリア

ワーホリ前ビザ申請中の旅行について

続いてはワーホリ前でビザの申請中に旅行はOKか?についてですがこれは下記の通りです。

  • ワーホリ前ビザ申請中にオーストラリアへ NG
  • ワーホリ前ビザ申請中に他国へ      OK

 

ワーホリビザ申請中にオーストラリアへ行くことNGです。

もしどうしてもビザ申請中だけどワーホリ前にオーストラリアに旅行に行きたい場合は、その入国が旅行目的であると入国審査官に自分で説明する方法もありますが、オーストラリアのビザ発給の条件で、ビザ申請時と発給のタイミングではオーストラリア国外にいることが条件となっています。

またワーホリ前でかつビザ申請中に他国への旅行はOKです。

ワーホリビザ申請にかかる期間

オーストラリアのワーキングホリデービザ(subclass 417)は申請から1〜3週間ほどで発給されます。

留学生によっては2〜3日で取得できる場合もありますが、審査に時間がかかる方、追加で書類を求められる方もいるので、なるべく出発する半年前には取得するなど余裕を持ったスケジューリングが必要です。

ビザの申請をなるべくスムーズに終わらせるポイントは以下の4つです。

ポイント
  • ビザ申請内容を見直す
  • イミアカウントの確認をする
  • 追加書類はすばやく提出する
  • 申請内容の間違いは訂正する

オーストラリアのワーキングホリデービザの申請をスムーズに終わらせるポイントは「正確さ」です。

オーストラリアのビザを発給してくれるオーストラリア移民局に間違いのないよう申請を行うようにしましょう。

(まとめ)ワーホリ前に旅行をしたいなら

まとめると、ワーホリ前に旅行をしたいならワーホリビザ申請前にETAS(イータス)でオーストラリアに入国してください。

またワーホリビザ申請中は「オーストラリア国外にいること」がビザ申請条件なのでワーホリビザ申請中の旅行はできません。

ワーホリビザをすでに申請して取得した方はワーホリ前に旅行することはできますが、ワーホリビザで入国することになるので注意が必要です。

 

  • ワーホリ前に旅行はワーホリビザ申請前がベスト
  • ワーホリビザ申請中はオーストラリアへ旅行できない
  • ワーホリビザ申請後はワーホリビザでの旅行はOK

 

少しややこしいですが気をつけてくださいね。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

英語を使いこなす、2カ国留学

1年で英語を使いこなして、将来に繋がる英語力を身に付けたい方に2カ国留学をおすすめしています。毎月人数限定で説明会を東京・大阪で開催してます。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>