フィリピンでボランティアって嘘くさいけど短期ツアーに参加してきた。

セブ島のゴミ山

セブ島でアメリカ留学ETHOS

こんにちは!インターンのSAYOKOです!

今回私は、セブ島の貧困の子供たちへ教育活動を行っているNPO法人セブンスピリットのスタディーツアーに参加してきました。

ボランティア自体そもそも興味のないわたしが代表して体験してきました。この記事ではその興味ないわたしがどう感じたのか?その感想をお伝えします。

ボランティアと一言でいっても無料、有料で料金も違いますし、行く場所も孤児院、スラム街、医療系など様々です。

今回参加したスタディーツアーは、セブ島の貧困の現状を学び、子供たちが普段どのような場所で暮らしているのかを実際に訪れ、学んでもらうことを目的とした、語学留学や旅行でセブに訪れている人たちへ向けたツアーです。

ボランティア団体セブンスピリットとは?

セブンスピリット

セブンスピリットは、学校に通うことができないスラム出身の子供を対象に団体生活における協調性や、自分の役割を果たすための責任感等、この先の人生を生きていく上での必要な力、すなわちライフスキルを音楽やスポーツを通じて育成し、自分の力で未来を切り開くことができるようにと、彼らを支援している団体です!!!

なぜ短期ボランティアに参加しようと思ったか?

実は私はセブンスピリットの存在を去年留学していた時から知っていました。

が、しかーし、もともとこういった活動に興味があった!!

というわけではなく、その時は実際あまり興味がありませんでした。

興味がないからこそちゃんと調べたこともないので一体どんな活動をしているのか、まったく無知でした。だからほとんど用意せず持ち物もわからないままスタートです。

言い方が悪くなりますが何も知らないからこそどうしてもうさんくさい団体なのだろうなぁとも実は思っていました!!ごめんなさい!!!!(笑)

何か慈善活動に積極的に参加する人をみても、すごいなぁ~でもきっと私にはできないのだろうな~と他人事として思うだけでした。

ただ今回ご縁があり、セブンスピリットのスタディーツアーに参加してみないか?と連絡をもらったのでせっかくだしとりあえず行ってみるか~となったわけです。

短期ボランティア・1日スタディーツアー当日

朝9時半にセブンスピリット集合でした。

ETHOSからはジプニーで乗り換えなしで行けます(^_-)-☆

09C 09F またはSMcity行きの10H 10Mに乗りましょう!

2~30分程度で到着しました。

この大きなモニュメントを目印に降ります。

セブンスピリットの近くのモニュメント

これのすぐ前の建物がセブンスピリットなのでわかりやすいです。

セブンスピリット入り口

2階に上がると大きな部屋がありすでに何人かは到着していました。

時間になったら、まずは資料を使ってセブンスピリットはどのような目的でどのような活動をしているのか、実際セブの現状は今どうなっているのかを学びます。

治安とかについては留学生としてきて、今はインターンなのでそこそこ理解していますが、こういった資料は興味深かったです。

フィリピンの治安について

セブ島を含めた、フィリピンの治安については下記にて丁寧にまとめています。

セブンスピリットのなか

午後にしっかりとした時間があるので午前中は簡単に学んでから、10時頃にセブンスピリットを出発し2つのバンに分かれていよいよ実際の暮らしを見学に行きます!!

このスタディーツアーは毎月ほぼ毎週行われていて今回私が参加したのはセブのイナヤワン地区のごみ山エリアにいくツアーでした。

 

ゴミ山ってテレビで見たことあったけどにおいとかもすごそうだな~~とじわじわ緊張・・・

 

バンの中でほかの学校から来た日本の人たちと、お互いの学校のことだったり話していたらSMシーサイドが見えてきました(^O^)

今回は12〜15人くらいの日本人が参加してました。

ああ・・・安心の見慣れた景色・・・(笑)

10名前後の団体でごみ山へ向かいます

ゴミ山が見えて来ました

と思いきやシーサイドも過ぎて、バンでおよそ15分くらい走り横道に入ると徐々道端のゴミが目立つようになってきます。

ETHOSはSMシーサイドの近くですがまさかそこから車で数分進んだところにこんなにも大きなゴミ山があったなんて知りませんでした・・・

セブ島イナヤワン地区のごみ山のスラムへ

セブ島のゴミ山

いやーーーーーーーーーーーーーーーーやばくないですか。

これ全部ゴミです。下に土が埋まっててその上にゴミとかじゃなくて、全部ゴミです。

 

なんかただでさえ語彙力ないんですけど、言葉が出ないってこのことかと思いました。

セブ島の格安ツアー会社を使ってホワイトビーチへ!の記事にあるようなキレイなリゾートのイメージが強いセブですが、ゴミ山があるっていう現実ですね。

ごみ山の隣のスラム街にいるご夫婦に話を聞きました

ここに住む人たちは、運ばれてくるゴミの中から金属等を拾って換金しそのお金で暮らしています。一日当たりの収入は60~150ペソ(約130~340円)だそう。

10年前までは他の場所に住み、お土産を売って生活していたようですが都市開発により退去を余儀なくされ、このイナヤワン地区に越してきました。

しかしこのごみ山、ごみが増えてきてしまったという問題で今年から別の場所に移動してしまったため、彼らの貴重な収入源となるゴミがもう来なくなってしまいました。

今はかろうじて同じ地区の私的なごみ集積場がまだ活動しているので、そこで同じように換金できるものを拾って暮らしているようですが生活は前以上にきつくなっているとのこと・・・・

ごみ山の現実は想像以上だった・・・

セブ島のゴミ山

ごみ山というともっとにおいがきついのかなと思っていましたが、そこまできつく感じなかったのはこういったことからのようです。

臭くないのがいいことなのか悪いことなのか、住民を考えたらどちらとも言えないですね・・・

そして一番わたしが衝撃を受けたのが、「ほかのスラム地区の子供によっては10ペソで2つのパンを買うことよりも、10ペソで安くて質の悪い麻薬を買って3日間空腹を感じないことを選んでしまう子もいる。」という言葉。

言葉が出ませんでした(2回目

学校に行けない子供たちは時間を持て余してしまい、やがては薬物が悪いこととも知らずに手を出してしまいます。

ここに漬け込む悪い大人ももちろんいて、売人として生活をしている大人もいます。フィリピンの大統領が変わってから表面上では少なくなったようですが、まだまだたくさんいるようです。

とはいえ!!!!

こちらのご夫婦の考えは、学校教育は非常に重要だと考えているので子供たちはちゃんと学校に通わせているそう(#^.^#) ヨカッタ・・・

そのあともしばらくお話を聞いた後ゴミ山をあとにします。近くにいた子供たちは鬼ごっこをしたり、非常に元気です(^O^)

セブンスピリットの戻ります

こどもたちと遊ぶ

再びバンで移動し昼食をはさんだ後、セブンスピリットに戻って最初に朝の続きとしてフィリピンについて1時間ほど学びます。

そのあといよいよセブンスピリットで実際に音楽を学ぶ子供たちと対面です!

年齢層としては7歳くらいの子から18歳くらいの子までいました。印象としては年齢の高い子が小さい子をしっかり見てあげている感じですごく雰囲気がいいなと思いました。

まずは自己紹介として名前、年齢セブンスピリットでの担当楽器を教えてくれました。

中には日本語で自己紹介する子もいて彼らにとって日本を身近に感じてくれているのかと少しうれしくなりました!!

セブンスピリットの子たちは実は去年の春に来日して1度演奏会を成功させていたのです!!!

セブンスピリットのオーケストラ演奏

セブンスピリットのオーケストラ

ゲームをみんなでしたあとに、私が一番楽しみにしていたオーケストラ演奏です!!

ゲームをしている時は子供らしくワイワイ楽しそうにしていたにもかかわらず演奏となると、どんなに小さな子でも顔つきが一気に真剣モードに変わり、みている私までもスッと背筋を伸ばしたくらいです。

セブンスピリットのオーケストラ演奏

いざ演奏がはじまると、しばらく鳥肌が止まらなくなりすごく感動しました!!!!

めっちゃかっこいい!!!!!!!!!!!!

きっとみんな様々な辛いバックグラウンドを持っているだろうし、みんな私よりも年下だけど確実に彼らの方が人生においてのたくさんの我慢をしているはずです、それでも彼らは自分の目標をここで見つけ、それに対して真剣に取り組むことができていました。

フィリピンで楽器を演奏できる人はすごく貴重なので、それさえ伸ばすことができれば、大学によってですが、ほぼ無償で進学することができるシステムがあるそうです!

こういったゴールや夢が明るいとなおさら、頑張れるのだと思います(*^▽^*)

熱い情熱があるからこその、素晴らしい演奏であったし彼らの努力が音を通じて感じることができました。

すごくかっこよくて、演奏を聴きながら気づいた時には、実はちょっと目に涙がたまってました(笑)

私なんて本当に普段感動とかで泣くような人間じゃなくて、結構冷めてるタイプの人間なのに(笑)

さすがにみんなが真面目に演奏してる中で泣くのもちょっと恥ずかしいのですごい目に力入れました(笑)

演奏が終わってからみんなで記念写真を撮り、子供たちは次の日の演奏会のために引き続き練習をするので17時頃解散となり一日が終わりました。

1日の短期ボランティアに参加してみての感想

まず最初に、来る前に何も知らずただ偏見だけで考えていた自分がすごく恥ずかしくなりました!!

私の場合1度参加しただけでまだまだ彼ら一人一人のことだったり、リアルなセブのこととか、まだ半分も知れていないけども、それでも少しでも現状を知ることによって、将来の視野も広がるし、自分が今までどれだけ幸せな環境で生きることができたのか、親や学生時代の先生、さらには友人へ対してのありがたさを改めて感じることができました。

今回は心に来るものがあってどう伝えたらいいか難しかったのですが、とりあえず皆さんセブに来たらスタディーツアーに参加してみてください(^^)

1日のボランティアなんて!とはじめは考えていたけどそんなことはないです。

参加することで彼らを助けることができるし、というより自分のことについて改めて考えることができました!!

自分自身インターン後のことをそろそろちゃんと考えなければと、思い始めていた時だったので子供たちの真剣に音楽に取り組む姿を見て、自分の気持ちを奮い立たされたというか、負けてらんないな!!とかなり刺激を受けました。

あとは他の語学学校に通う人たちとも話せたので楽しい時間を過ごせました(^O^)

興味がある方はぜひこちらからセブンスピリットの活動についてもご覧になってみてください(*^▽^*)

セブンスピリットのウェブサイト

ありがとうございました!!

セブ島には「墓場スラム」もあるので、下記の記事も合わせて読んでください。

丸山ゴンザレスも行った【墓場のスラム】フィリピン・セブ島のロレガに潜入

セブ島でアメリカ留学ETHOS

セブ島のゴミ山

ABOUTこの記事をかいた人

サヨコ

セブ島のご飯と海が大好きです。 なぜか、よくフィリピン人から現地語で話しかけられます。 両親ともに日本人でございます。

LINE@だと疑問点をすぐ聞ける

セブ島でアメリカ留学ホームステイのETHOS(エトス)はフィリピン、セブ島で唯一アメリカ人とのホームステイ、マンツーマンレッスンを提供している語学学校です。

小規模でアメリカ人講師・スタッフが留学生と家族のように接するアットホームな環境で英語を真面目に勉強したい、自然な英語を身に付けたい、アメリカ人から習いたい方に最適です。