フィリピン・セブ島に東横インが登場!!日本クオリティーで最高すぎた。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

数年前から、フィリピン・セブ島に東横インが出来る!と噂では耳にしていたものの一向にオープンしませんでしたが、2017年5月に客室が500室以上ある東横インがセブ島にオープンしました!
 
韓国、ドイツ、カンボジアに次いで4カ国目の展開となるセブ島の東横インに実際に行ってみて、そのあと帰国後に梅田の東横インに行ったので比べてみました。
 

フィリピン・セブ島の東横インの場所

 
東横インはJモールセンターという、セブ島で4番目に大きなショッピングセンターに隣接しています。
 
Jモールセンターは、レストランも充実していますし、ファーストフードやセブンイレブンもあり便利です。イミグレーションもJセンター内にあります。
 
ビジネス街である、セブ中心地に出たり、マクタン島のリゾート地に行くのにも問題ありません。
 

セブ島東横イン周辺のおすすめの場所

東横イン周辺には、美味しい日本食屋さんや、観光スポットもあります。
 
例えばJセンターの横にある、NORKIS CYBERPARKの中のテナントのひとつである洋食レストランSkillet(スキレット)は個人的にセブ島でベスト3に入るお気に入りレストランです。
 
東横インから徒歩5分ほどに、7Dマンゴー工場があります。そのマンゴー工場に併設している直売所でドライマンゴー製品などが驚くほど安価で、この工場でしか売っていない特別なジュースも売っています。

実際に東横インに行ってみた

セブ島の東横イン
 
東横インが見えてきました。第一印象はかなり大きく、そして綺麗です。
 
セブ島の東横イン
 
東横インの入り口を入る前に、無料シャトルバス(バスじゃなくてカーですが言いにくいので・・)がありました。
 
セブ島のタクシーは新しい車体のものではなく、ボロボロの車体のタクシーも多いです。東横インの無料シャトルバスは新しく快適そうです。
 
送迎は空港ーホテルとホテルー空港両方に対応しています。凄いですね。1時間30分おきに運行しているようです。
 
 
朝5時から夜8時までほぼ1時間おきにセブ・マクタン空港ー東横インを往復しているので、時間を気にせず使えそうです。
 
東横インの入り口
 
早速ホテルに入ってみます。入り口ではガードマンがボディーチェックをします。
フレンドリーで良い方でした。
 
東横インのエントランス
 
6階に上がると、ホテルチェックインカウンターあります。かなり広々していて、日本の東横インと比較するとホテルのランクが違うように感じます。
 
僕たちが行ったときには受付に日本人スタッフはいませんでしたが、受付のフィリピン人スタッフに聞いてみた所、1名いるようです。
 
そして、受付には日本語が流暢に話せるフィリピン人スタッフが1名いました。
 
東横インのモニター
 
セキュリティーカメラもしっかりとついていました。こういうのも見ると少し安心します。
 
東横インロビー
 
ロビーにはゆっくりくつろげるソフォーもあります。
 
ダウンロート:27Mbps 
アップロード:22Mbps
 
でWIFI環境もそれなりに快適です。

セブ島の東横インの値段

シングル 1900ペソ
ダブル 2400ペソ
ツイン 2600ペソ
ツインC 2800ペソ
デラックスツイン 3000ペソ
デラックスツインC 3200ペソ

定員2名のダブルは2400ペソ/部屋で日本円にして約5500円で定員2名です。

2人で宿泊すると1人1泊2750円とお得です。
 
部屋の最後にCが付いているのは、通常の部屋より少し広めのタイプになっています。実際に部屋を見学させてもらいました。

» agodaからホテルの詳細を見る

» Expediaからホテルの詳細を見る

 
東横インのスタッフ
 
右の方が日本語ペラペラで丁寧に部屋の案内をしてくれました。2人ともフレンドリーで優しい方でした。ありがとうございました。
 
東横インだけあって、日本人のお客さんが一番多く、その次に韓国人、中国人だそうです。
 

セブ島の東横イン:ツインルーム

セブ島東横イン:ツインルーム
 
ベットの大きさも十分。何よりとても清潔です。
 
セブ島東横インのユニットバス
 
ユニットバスも日本の東横インと全く同じタイプです。
 
セブ島東横インのユニットバス
 
シャンプー・リンス・ボディーソープも付いています。
 

セブ島東横イン:ダブル

セブ島東横イン:ダブル
 
夫婦やカップルだったら、ダブルタイプが良いですね!ダブルは2400ペソなので、日本円で6千円弱。安いです。
 

セブ島東横イン:デラックスツイン

セブ島東横イン:デラックスツイン
 
シンプルで広々しています!デラックスツインは家族で来られる方には良いのではないでしょうか。一部屋が3000ペソ(7200円)なので、4名で宿泊すると一人当たり1800円です。
 
家族づれにはもってこいですね。
 
セブ島東横インのデラックス
 
4人座れる、机と椅子もあります。
 
セブ島東横インのデラックス
 
液晶テレビも付いています!日本の番組も見れるようです。
 
セブ島東横インのデラックス
 
窓側には、小さな机と椅子が二つあります。照明も設置されていました。
 
セブ島東横インの冷蔵庫、シンク
 
冷蔵庫、電子レンジとコンパクトなキッチンです。
 
フィリピンのホテルは冷蔵庫がある所が少ないです。飲み物や食べ残した食べ物を保管するために、冷蔵庫は便利です。
 

» agodaからホテルの詳細を見る

» Expediaからホテルの詳細を見る

セブ島東横イン:その他設備

セブ島東横インの食堂
 
6階のロビーに食堂もあります。驚くほど広いです。
フィリピン人スタッフがお喋りしながら、楽しそうに掃除をしていました。
 
セブ島東横インの食堂
 
椅子もしっかりと揃えられていて、ピカピカです。気持ち良いですね。
 
セブ島東横インの食堂
 
それにしても、ずっと喋っています・・・・・(笑)
 
セブ島東横インの喫煙スペース
 
喫煙スペースもありました!
 
セブ島東横インの喫煙スペース
 
めちゃくちゃ広いですね。
 
2017年7月23日(日)より、フィリピン全土禁煙化がドゥテルテによって施工されたようです。
セブ島でもレストラン等で分煙化が進んでいたような気がします。
 
セブ島東横インのバーエリア
 
ロビーにはBarエリアもあります。
オープンは5PM〜10PM。
 
セブ島東横インのバー
 
ゆっくり飲めそうなBarですね。今度使ってみたいと思います。
 
セブ島東横インの乾燥機付き洗濯機
 
客室の廊下には、洗濯機、乾燥機もありました。便利ですね。
 

» agodaからホテルの詳細を見る

» Expediaからホテルの詳細を見る

セブ島東横インのプール

セブ島東横インのプール
 
6階ロビーから「Sky Water Park」というブール施設に行く事ができます。
 
東横インの施設だと思っていましたが、運営は東横インではないようです。東横イン宿泊者も使えますが別途使用料金がかかります。
 
セブ島東横インからいけるプール
 
プールではイベントも行われているようです。
 
このプール夜になると、プールバーとディスコがオープンします。宿泊する部屋の場所にもよると思いますがディスコの音が響くので注意が必要です。この国は騒音事情にまだまだ無頓着です。
 
セブ島東横インのプール
 
プールに入る予定は全くありませんでしたが、綺麗なウォータースライダーまでついていたので
プールに入りたくなりました!今度来る機会があったら使ってみようと思います。
 
セブ島東横インのプール
 
ウォータースライダーが本格的です。
 
セブ島東横インにプチ松乃家
 
松之家さんでは、セブ島でハイボールが飲めるようですね!そそられます。ここも絶対今度行ってみよう。

» agodaからホテルの詳細を見る

» Expediaからホテルの詳細を見る

日本の東横インとの比較(おまけ)

9/30・10/1日に大阪で個別留学相談会を開いたので、その時に中津の東横インに宿泊してみました。
 
実は東横インに泊まったのはこの時が初めてです。

大阪梅田中津2の東横インの場所

 
僕が宿泊した、梅田中津2の東横インより「梅田中津1」の東横インの方が駅近で、梅田と大阪まで歩いて近いのでおすすめ。
 
梅田中津2の東横イン
 
部屋はこんな感じ。喫煙室でしたが、タバコの臭いが染み付いています。
 
非喫煙者は禁煙室がおすすめ。しかし、禁煙室が中々空いていません。設備はセブ島と全く同じ。
東横インはどこの国で使ってもクオリティーが統一されてそうですね。
 
梅田中津2の東横イン
 
ハンガーもしっかりついています。
 
梅田中津2の東横インのユニットバス
 
ユニットバスタイプです。
 
梅田中津2の東横インのユニットバス
 
ウォシュレット付きです。
 
梅田中津2の東横イン
 
仕事するには丁度良い机です。部屋のwifiも、メール返信や文章作成等の仕事をするのに問題なく、快適でした。
 
梅田中津2の東横イン
 
シャンプー、リンス、ボディーシャンプーもついています。
 
その他に、バスタオル、歯磨き、髭剃り、ヘアブラシも備えつけられているので、荷物で持ってくる必要はありません。
 
梅田中津2の東横イン
 
スリッパがあるのは良いですね。
海外だと備え付けられている所が少なく、受付に電話して頼まなければ持ってきてくれません。
 
梅田中津2の東横インの朝食
 
無料朝食サービスでは、パンやスープの洋食と、カレーが選べるスタイルでした。
朝からがっつりカレーを食べました。朝から、出来立てのご飯を食べられるのは幸せです。

まとめ

セブ島の東横インは日本のクオリティーをそのまま再現されていると感じました。
 
今回紹介したセブ島の東横インはAyaraモールやITパーク等、セブ島の中心地までタクシーで15分程度でいけるので立地もいい場所です。
 
ですが、セブ島のリゾートを感じたい方にはおすすめできません。ビジネスで来られる方や、語学学校にホテルから通いたい方におすすめのホテルです。
 
 

» agodaからホテルの詳細を見る

» Expediaからホテルの詳細を見る

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS