REINY先生の英会話#91 「お手伝いしましょうか?」

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

こんにちは、今日はレイニー先生の留学英語から留学中に必要な英会話①から「お手伝いしましょうか?」と言うことで現地のステイ先だけでなく、かなりどこでも使える、聞くフレーズです。

留学を検討中、または留学を控えている方はぜひ参考にしてください。

レイニー先生
16歳で単身渡米。高校はボストンにあるWalnut Hill Schoolでミュージカルを、大学はロスにあるCalArtsでストレートプレイを学ぶ。アメリカでは数々の舞台やミュージカル、そしてショートフィルムの出演を経験。
 
英会話の講師として5年間勤務。同時にバイリンガルMCとして、番組MCやイベントMCのキャリアをスタートさせる。
 
レイニー先生の留学英語(チャンネル登録数3.5万人)をyoutubeにて配信中。(参照:オフィシャルサイト

what’s up everyone.

welcome and thanks for coming by.
My name is REINY and i am your host.

Hey guys. レイニー先生です。

レイニー先生の英会話では留学前に必要な英会話、そして、旅行前に必要な英会話をレイニー先生の経験にも元ずいて皆様にシェアしていく番組です。

早速今日もはじめていきましょう。

Are you guys ready???
I’m ready! let’s begin!

レイニー先生の英会話

さあこれまでに皆さんは一人で飛行機も乗れ、ホテルのチェックイン・チェックアウトもすることができ、ホテルで起こった問題も対処しホストファミリーの家で楽しい日々を過ごして今やっと学校生活をはじめるというシチュエーションです。

なので、厳密に言うと留学前の英会話というよりは留学中に必要な英会話にシフトしていこうかと思っているのですが昨日皆さんは学校に到着して、手続きしたいんだけど事務所はどこ?

っていう「administration office.」 それから「register.」これらの単語を使って文を作っていきました。

さあ今日から皆さんは寮生活がはじまります。

そこで起こる色々な会話をレイニー先生の経験に元ずいて皆さんにシェアしていけたらと思います。

今日皆さんにシェアするのは、まさに私が今から15年くらい前に経験したことなので、きっと皆さまの為にもなると思うのでお楽しみに。

さあ、海外では結構色んな場面で

Do you need help??
(手伝いましょうか?)

do you need any help?

「手伝おうか?」と声をかけてくれる人がいます。

今日はここからはじめる会話をやっていきたいんですが、皆さんは学校に着いたばかりで言葉も分からない、誰も知らないという状態です。

荷物も凄く多くて。そんな時に、先輩の生徒たちがもう結構先にスタンばってくれてたんですよね。

っでその人たちが自分たちを寮に連れて行ってくれるんですけどDo you need help. って言われたら

thank you.

Thank you.
(ありがとうございます)

さあ例えば、むこうが 

how many bags do you have?

How many bags do you have???
(かばんはいくつありますか?)

かばんはいくつ、荷物はいくつ持ってるの?
持ってるだけ答えればいいですよね。

3つです。

Two/Three
(2つです。)/(3つです)

さあ、それで運んでくれたら、ここからは自己紹介です。

ここからしばらく皆さんは、新しい人とドンドン出会っていくのでその度に自分の名前を言わなきゃいけなくなる訳ですが、しつこいと思わずに、自分の為だと思って練習してください。

そしたら、向こうからきっと自己紹介してくるでしょう。

Hi Im reina. nice to meet you.

Hi, I’m Reina. Nice to meet you.
(レイナです。初めまして。)

そしたら皆さんも自分の名前を答えて

はじめまして。

Nice to meet you, too.
(初めまして)

うん、この流れですよね。
忘れることがない位、これから練習していきます。

さあ、まあそこで

どこからきましたか?

Where are you from?
(どこからきたの?)

とか

飛行機はどうでしたか?

How was your flight??
(飛行機はどうでしたか?)

とか、色々聞かれる可能性はありますが、一旦それは置いといて、じゃあ寮に着きました。

ここがあなたの部屋ですよ!

Here is your room.
(ここがあなたの部屋ですよ!)

大体、みなさん

何か助けが必要なら言って下さいね。

If you need any help, let me know.
(何か助けが必要なら言って下さいね。)

「もし何か助けが必要だったら言ってね」って言ってくれると思うので

ありがとうございます。

Thank you very much. Which dorm do you live?
(ありがとうございます。どこの寮に住んでるのですか?)

まあ、そしたら向こうが

ここに住んでいます。

I live in 〜. /I live here.
(〜に住んでいます。)/(ここに住んでいます。)

とか、そういうふうに答えてくれると思います。
これが今日やっていきたい一連の流れのカンバセーションです。

皆さんにリピートしてもらうのは1つだけです。

どこの寮に住んでいますか?

Which dorm do you live??
(どこの寮に住んでいますか?)

はい、寮のことはドミトリーというんですが
dormitory=dorm
(寮、寄宿舎)

寮

大体、みんなdormと言います。

さあ、それでは早速カンバセーションをしていきましょう。

日本語で書かれているものを皆さんは英訳をしてください。
一回だけではなく、何回も何回もこのコンバセーションをリピートして自分のものにしてくださいね。

レイニー先生とカンバセーション

So let’s begin. here we go.

Do you need any help??
(何かお手伝いしましょうか?)

あなた
Thank you.(ありがとうございます。)

How many bags do you have??
(かばんはいくつありますか?)
あなた
Three. (3つです)

Cool. Got it. My name is Reina. Nice to meet you.
(了解!!レイナです。初めまして。)
あなた
My name is ◯◯. Nice to meet you, too. (◯◯です。初めまして。)
And here is your room.
(そしてここがあなたのお部屋です。)

If you need any help, Please let me know.
(何かお手伝いする事があれば言ってね。)

あなた
Thank you. Which dorm do you live? (ありがとございます。どちらの寮に住んでいるのですか?)

Oh. I live here.
(ここに住んでいますよ。)

101 is my room. so come and visit me any time.
(101が私の部屋なのでいつでも遊びに来て下さいね♫)

まとめ

今日やった、「Do you need help」っていうフレーズからはじまるカンバセーションで
レイニー先生が実際に体験した面白いエピソードがあったんですけど。

もう本当に学校に着いてすぐくらいに、先輩がガムをくちゃくちゃ噛みながら

「Need help? Need help?」って言ってたんですよ。

NEED HELPだったんですけどねだけど、Nedd helpっていうフレーズがある事すら知らずにDo you need help? だと思ってましたから

そのNeed helpで成り立つとも思ってなくてっで英語を全く喋れなかった私はNeed helpをどう思ったのかニーハオ(中国語)と聞き間違えて、それでひたすらNo, I’m Japaneseって答えてたんですよ(笑)

ようは、向こうが私の事を中国人だと思って親切に知っている中国語を私に話かけているんだと思って、Need help(ニーハオ)って言ってることに対して

No, I’m japanese. I’m japaneseってひたすら言ってて、向こうがポカーンとしてたエピソードがありまして(笑)

っでこれは、私が経験した中でも、1,2を争う恥ずかしい経験でしたがまあ、こういう事を経験して一つずつ、もう絶対 Need help, Do you need help. というフレーズは忘れないって思いましたからね。

こうやって増やしていくんだと思います。

Anyway.That’s it for today!!

Thank you very much for coming by.

My name is REINY. I will see you tomorrow and
Don’t forget to Subscribe.チャンネル登録お願いします!

それでは皆さんまた明日お会いしましょう。Bye!!

(参照:REINY先生の英会話#91 「お手伝いしましょうか?」

 

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

英語を使いこなす、2カ国留学

1年で英語を使いこなして、将来に繋がる英語力を身に付けたい方に2カ国留学をおすすめしています。毎月人数限定で説明会を東京・大阪で開催してます。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>