CATEGORY フィリピン留学

フィリピン留学

【田舎最高】フィリピンの田舎は時間がゆっく〜〜り時間が流れている

フィリピンに来ると中心地でも現地の人がゆっくり生活をして、ゆっくーり時間が流れているように感じますが、田舎に行くと更に、ゆっくり時間が流れています。時間が止まってるのかと思ったくらいです。笑また電波は入らない事もあります。そこら辺も、この記事で詳しく解説していきます。
フィリピン留学

「留学生必見」セブ島の都会は中心地だけ【24時間営業のお店あり】

セブ島でも都会で24時間営業のお店がたくさんある発展しているエリアもあります。しかし、発展しているエリアは一部だけです。その他のエリアは、私たちが想像している貧しいフィリピンが広がっています。この記事では、セブ島の発展している都会エリアを紹介していきます。
フィリピン留学

【実体験】フィリピン・セブ島留学 1ヶ月効果「世界が変わる」【朗報】

1ヶ月のフィリピン・セブ島留学で英語力は絶対に伸びます。但し、英語を流暢に話せるよレベルにはなりませんが、確実に自分で英語力が上がったな〜。留学来て良かったと感じられるハズ。この記事では、実体験を元にフィリピン留学1ヶ月の効果を解説していきます。
フィリピン留学

「大自然」セブ島留学中に田舎に行ってみよう【心が落ち着きます】

セブ島の田舎は人も優しいし、女子グループだけでも大丈夫です。僕はひとり旅で行くこともあります。セブ島の田舎は時間がゆっくり流れており、心が穏やかになり、都会の喧騒を忘れられるので大好きです。セブ島滞在中にぜひ、行ってください。この記事では、セブ島の田舎の様子を紹介してます。
フィリピン留学

【8月のセブ島】留学生の服装・気候・イベントを紹介(台風のシーズン)

8月にセブ島留学へ行きたいです!8月のセブ島の気候や留学生の多さなど、8月のセブ島の様子が知りたいです。台風のシーズンというのも気になっています。あと、どんな服装で行けばいいですか?こんな疑問に答えます。8月のセブ島は雨季で台風のシーズンです。ただ雨季の間も30分程度のスコールがふる程度で、台風が直撃することは滅多にありません。ただし、日本は夏休みなので航空券代は高くなる傾向にあります。
フィリピン留学

フィリピン・セブ島留学1週間の効果【英語以外の体験で経験値UP】

1週間のフィリピン・セブ島留学で英語が見違えるように上手になる事はありませんが、留学の雰囲気を経験できるし、英語の勉強方法も分かるようになるのでおすすめです。 留学しようか迷っている人は、1週間の留学でも絶対した方が良いですよ。この記事ではフィリピン留学1週間で得られる効果を解説していきます。
フィリピン留学

「近代的」フィリピンの都会は私達の想像以上に発展してる【大都会】

フィリピンの都会は、東京、大阪、名古屋以外の地方都市より栄えてると感じます。 平均年齢が若い事から活気はあるし、そこにいるだけでエネルギーをもらえる。パワースポットです。フィリピンの都会に行くと、「自分は本当にフィリピンにいるのか?」と錯覚するくらいです。この記事ではフィリピンの都会について詳しく解説していきます。
フィリピン留学

フィリピン・セブ島留学4ヶ月の効果【ホントに初心者からココまで伸びる?】

現在、フィリピン・セブ島留学を4ヶ月検討しています。4ヶ月留学すると、どれくらいの効果があるのだろうか?勿論、元々の英語力で差は出ると思いますが、ほぼ英語力0の状態からどんな効果を得られるか知りたいです。経験者教えてください!こんな疑問に答えます。結論から言うと、4ヶ月の留学すれば、現在の英語力が0でも、海外で働ける必要最低限の英語力を身につける事ができます。
フィリピン留学

日本とフィリピンの意外な共通点9+おまけ1つ(結構似てる)

日本人に観光や留学先として人気のセブ島があるフィリピンですが、そんなフィリピンと日本の意外な共通点があったら知りたいです。そんな好奇心にフィリピンに関わって5年以上の僕が頑張って回答します。探してみたら日本とフィリピンには合計9個の共通点と、フィリピンと関西の共通点1つが見つかりました。
フィリピン留学

セブ島:7月の天候・おすすめのアクティビティーも紹介【雨が多い】

セブ島の7月は乾季(12月〜1月)と比べると、スコールが多いです。そして夜になると涼しくて過ごしやすいと感じます。雨は一日ずっと降っている事はないので、気にしないでセブ島に来て大丈夫でしょう。この記事では、セブ島、7月の天候・おすすめのアクティビティーを紹介していきます。
フィリピン留学

【セブ島】6月のセブ島にいる私が服装・気候・留学生の口コミを紹介

6月にセブ島行きたいけど天候や航空チケット代はどうなんだろう?せっかくだからアクティビティもしたい!!そんな質問に答えます!!結論から言うと、、6月はちょうど乾季から雨季に変わる月なので天候が崩れる日があります。が、日本の梅雨と違って一日中降ることもないのでアクティビティも可能な日がほとんどです。
フィリピン留学

有給で海外インターンシップ(長期)はフィリピンでも出来ます

働く経験を深く学びたいので、長期の海外インターンシップに興味があります。現在はそこまで英語はできないです。でもできれば有給がいいのが本音です。そんな疑問に答えます。長期でインターンに参加すると、企業で働く経験がしっかりとできて、自分の求めている分野や仕事を就職時に探しやすくなります。なので、就職前に「働く」経験を積みたい、海外生活を長く経験したい、将来的に海外で仕事をしてみたい、転職前に新しい分野に挑戦してみたい方におすすめです。
フィリピン留学

【驚き!⁉︎】働きながら英語が学べる仕事?セブ島にあります。

留学が終わっても、せっかく身につけた英語忘れたくないです。働きながら英語が話せたら、自分の英語力アップもできるしいいかなって。もちろん会社は勉強する場所じゃないので、「勉強するなら英会話スクールに通え」っていう意見もわかってるんですけど・・・英語力を維持…もっと言えば向上できる職場なんてないですか?こんな疑問に答えます。結論から言うと、フィリピン・セブ島の語学学校のインターンがひとつの解決策になると思います。
フィリピン留学

「お得」セブ島の免税店3選。留学生も現地でお得に買い物をしよう。

セブ島には空港内にも免税店があるので、出国前にも免税店に寄る事ができますが、市内にも二つ免税店があります。市内には免税店以外に、おすすめなお土産屋さんもあるので、この記事ではそちらも紹介します。この記事では、セブ島の免税店3選について詳しく解説していきます。留学生にもおすすめです。
フィリピン留学

フィリピン移住経験のある僕が「満足度・良い点・悪い点」を解説

フィリピン移住で一般的な都市は、首都マニラか第二のリゾート地として有名なセブ島になります。現地での生活費は住む場所(家賃)によって大分変わります。安全面を考えて日本と同じ水準で生活しようとなると、日本以上の生活費がかかる事になるでしょう。この記事では、フィリピン移住について詳しく解説していきます。
フィリピン留学

【暴露】セブ島の衛生面事情について「留学生は覚悟して=悪い」

セブ島の衛生面は日本と比べると圧倒的に悪いです。セブ島=綺麗なリゾート地ってイメージで来ると痛い目に合うので注意してください。でも、予め、セブ島の環境(衛生面)を知っているだけで、カルチャーショックも少ないので、しっかりと頭に入れておきましょう。この記事では、セブ島の衛生面について詳しく解説します。
フィリピン留学

フィリピン留学中にインターンシップで英語力UPする?【夢はなくても大丈夫】

留学中に、海外インターンシップを経験してみたいです!どうせ留学するので、覚えた英語で出来る新しい経験や「仕事ってそもそもどんなことだろう?」みたいな部分もクリアになると嬉しいなと思ってます。別に将来コレになりたい!ってゆー夢はないんですけどね。こんな疑問に答えます。結論から言うと、特に目標や夢はなくて大丈夫。さらに言うと社会人経験や職歴、学歴も不要です。
フィリピン留学

「安い・近い」セブ島への行き方まとめ【お得に行く方法教えます】

日本からセブ島までの行き方は簡単です。日本からセブ島の直行便はLCC(格安航空)を使って、4万円〜6万円で往復航空券を買う事ができます。フライト時間は約4.5時間。セブ島の時差は日本のマイナス1時間です。この記事では、お得にセブ島へ行く方法を解説します。
フィリピン留学

【セブ島夜遊び】おすすめナイトライフ情報「留学生はハマりすぎ注意」

フィリピン・セブ島では日本と比べてかなり格安で夜遊びする事が可能です。KTVと言うキャバクラから、フィリピン人美女がステージ上でビキニ姿でダンスしている、お持ち帰り可能ビキニバー、置屋など選択肢は豊富です。この記事ではセブ島の夜遊び事情を解説します。
フィリピン留学

フィリピン・セブ島留学をする外国人は何処の国が多いか?調べてみた

フィリピン・セブ島留学をしている外国人は、南米、ヨーロッパから留学してるい人もいますが、韓国や台湾など、日本を含めたアジア人がフィリピン留学をする率が圧倒的に多いです。2019年時点で、一位は不動の韓国人です。この記事では、フィリピン・セブ島留学をする外国人は何処の国が多いか?解説していきます。
フィリピン留学

セブ島:1月の気温・正月行事を紹介!【留学するにはチャンス】

セブ島の1月は乾季なので天気も良くおすすめ。年始は航空券の値段が高いですが、1月の2週目からは航空券の値段も下がります。またフィリピンでも1月最大の行事といえば、正月とフィリピン最大級のシヌログ祭りです。この記事では、セブ島の1月について詳しく解説していきます。
フィリピン留学

【重要】「フィリピン・セブ島留学」現地でかかる費用の総まとめ

全ての学校で必ずかかる現地費用は、「ビザ代金」と「生活費」になります。語学学校によっては、「テキスト代」や「電気代」が現地でかかる場合もあるので、お申し込み前にしっかりと現地でかかる費用は大体いくらになるか確認しておきましょう。この記事では、フィリピン留学で、現地でかかる費用の総まとめを紹介します。