フィリピン・セブ島留にはこんなバッグを持っていこう!

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

悩んでいる人
これからフィリピン・セブ島留学をします。

留学中に使うバックですが、どんなのが良いですかね?

安全面を考えてチェック付きで背負えるバックパックを前に抱えながら持って移動した方が良いのかな?なんて思っています。

詳しい方教えてください。

こんな疑問に答えます。

Kan
結論から言うと、フィリピン滞在歴合計2年を超える僕も、チェック付きで背負えるバックパックがオススメです。今でも愛用しています。
この記事の内容
  • フィリピン留学にオススメなバックについて
  • フィリピン留学の持っていくキャリーバックについて

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

仕事柄、フィリピン留学事情については詳しい方です。

こういった背景の僕が、フィリピン留学中にオススメなバックを紹介します。

フィリピン留学で失敗しない為に

フィリピンに語学学校が多すぎて何処の学校を選んだら良いか分からない…..。

夢の留学なので「失敗したくない」……と思っていませんか?

そんな人のために【失敗しない】フィリピン留学のガイドブックを用意しました。

これを読めば、自分に合った語学学校を選べるようになります

フィリピン・セブ島留学ではこんなバックを持っていこう

僕がフィリピン滞在中に使っているバックはこれです。

チャックは付いていませんが、紐で縛れるので最強です。別にフィリピンでの防犯対策でこういった形のバックを買った訳ではありませんが、フィリピンで使っていて、ナイフで裂かれない限りバックから中のものを盗まれる心配はないなと思います。

ナイフで裂かれるほど危険な場所ではないので、自分でバックを持って帰り忘れたって事にならなければ無くす事はないでしょう。

紐で縛れるタイプではなくて、しっかりチャックで閉じれるタイプのモノもオススメです。

フィリピン留学中、外出時に危険なバック

結論から言うと、外出時にトートバックを持っていくのは危険だと思います。

その理由は、トートバックにはチャックが付いていないので、知らない間にトートバッグの中身がスラれてしまう可能性がある事です。

現地、フィリピン人もバックバックを前に抱えている姿を見かけますし、トートバックを持っている人の姿はほとんど見かけません。

安全面を考えて背負えるバックパックにしましょう。フィリピンでの防犯対策は、留学で有名なセブ島の注意点をエリア・シーン別で解説【これで安心】で解説しています。

また、フィリピンを含めて海外で、男子がトートバックを使っていると「ゲイ」だと思われます。

このような理由もあるので、ゲイではないストレートの方は普通のバッグを使う事をオススメします。

語学学校とステイ先が近い場合はトートバックでもOK

ステイ先から語学学校まで通学の必要がある場合、トートバッグを使うのをやめた方が良いですが、近かったり、同じ敷地内にある場合、語学学校内は安全なのでトートバッグでも大丈夫です。

フィリピン留学に持っていくキャリーバッグについて

ここでは、どのくらいの大きさのスーツケースを用意してフィリピン留学に持っていった方が良いか解説します。

フィリピンまでの航空券を買う時に、荷物の重さを15キロ〜40キロくらいまで選べます。

僕は、20キロで十分ですが、女子留学生の場合、荷物の重さは25キロ〜30キロが平均です。

荷物の重量
  • 男子:20キロでOK
  • 女子:25キロ〜25キロ

 

上記を目安にしてください。詳しくは、【写真付き】フィリピン・セブ島留学にどのスーツケースを選んだ?で解説しています。

その他、フィリピン留学の持ち物については下記関連記事を参考にしてください。

まとめ(フィリピン留学のバッグ)

フィリピン留学には、チャック付きのバックパックか、僕が使っている様な紐付きのバッグを持っていきましょう。

外出時にトートバッグは危ないので使わないように。

今回は以上になります!

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国28都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS