セブ島からシャルガオ島への行き方・治安まとめ【聖地クラウドナインへ】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ワーホリ予定の人
セブ島からシャルガオ島への行き方が知りたいです。

あとサーファーの聖地クラウドナインはウェイ系ですか?治安は大丈夫?

 

こんな疑問に答えます。

かずき
結論から言うと、セブ島からはフィリピン航空で往復2万円が相場で、安いセブパシフィックで往復1万円なのでタイミングが大切です。

僕もサーフィン初心者で、色白なので島全体がウェイ系だと萎えると思ってましたが、シンプルに海が綺麗で心が癒されました。

僕が感じた治安情報も紹介します。

この記事の内容
  • セブ島からシャルガオ島への行き方
  • シャルガオ島の治安

 

どーも、かずき(@Kazki413)です。

この記事を書いている僕はワーホリ・2カ国留学が得意なETHOS(エトス)で働き5年以上がたちます。その関係でセブ島に年に2~3ヶ月滞在しているので、たまに他の島に足を運びたくなります。

今回はシャルガオ島に5泊したので、セブ島からシャルガオ島への行き方と、シャルガオ島の治安について書きました。

セブ歴も長いのでセブ島とシャルガオ島の治安を比較して紹介できると思います。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

すぐ届くPDFパンフレットの請求はこちら

ワーホリ・2カ国留学の無料相談会はこちら

セブ島からシャルガオ島への行き方

左にあるセブ島からシャルガオ島までは飛行機で約40分です。(地図だとなぜか1時間と出てますが実際は40分で到着します)東京の羽田から関西国際空港まで1時間10分なので、それより若干近いですね。

飛行機自体は40分ですが、

 

  • セブ島の空港まで1時間
  • 飛行機40分
  • シャルガオ空港からホテルまで1時間

 

さらにセブパシフィック、フィリピン航空は時間通りに飛ばないことが多いです。

今回の往復はどちらも4時間オーバー、そう考えるとセブシティからモアルボアルへ行く方が時間的にもありかな〜なんて思います。
関連記事:【セブ島】留学中におすすめビーチ「TOP4」外れません。

地図をご覧いただければわかる通り飛行機以外の選択肢はあるけど、ほぼ飛行機一択と考えてください。

今回セブ島からシャルガオ島への往復チケット代は4124ペソ(8500円)でした。

取得時期は7ヶ月前です。

またセブ島からシャルガオ島へ向かうに当たって注意点は以下の通りです。

注意点
シャルガオ島には銀行が1つ、ATMはあるけど、引き出しができない場合があります。

またレストランやショップ、ホテルもクレジットカードが使えない場所も多いので現金を事前におろしておくと良いかなと思います。

それではここから、

 

  • セブ・マクタン空港
  • シャルガオ島空港
  • 到着してから向かうまでの様子
  • クラウドナイン

上記を紹介していきます。

ちなみに今回行く3名はサーフィン素人です。

マクタン・セブ空港(国内線のりば)へ

まずはチェックインです。

荷物検査の前に液体類は没収されます。

できるだけ飲み干して捨てます。

待合室での様子。

飛行機までバスで向かい、小型の飛行機に乗り込みます。

今日シャルガオ行きの飛行機が
加速して離陸直前に減速。
(はじめての経験)

隣のフランス人は飛行機が苦手で
軽い過呼吸でかわいそうで、

機内アナウンスは英語圏の人たちも
聞き取れず原因不明のまま、

約30分の点検後に再度、
セブ島からシャルガオへ飛びました。

めちゃくちゃ怖かった…

こんなハプニングもありました。

もう飛ぶ寸前でいきなり減速したのでみんな「え?」ってなり、機長からのアナウンスを英語圏の人たちも「正直何言ってるのかわかんね〜」と困惑した雰囲気になってしまいます。

 

そんなムードを1人のフィリピン人が「We just arrived.」とつぶやいて爆笑を誘っていました。

やるなフィリピン人。

機内ではドライマンゴーとグリンピースという異色の乾き物が振る舞われます。

僕はあんまり好きではなかったです。

シャルガオ島到着

セブ島からシャルガオ島に無事到着。
(昨日)

預けた荷物が飛行機から運ばれて
ベルトコンベアへ。

このベルトコンベアに乗せる
仕事は絶対ムダだなと思わせてくれます。

シャルガオ島の電波弱すぎて
ほぼオンラインになれない…。

今日はwifiの波を探しに行きます。

なんだかんだありシャルガオ島へ到着。

このベルトコンベアいります?

空港を出てすぐの所に泊まっているバンの人たちに目的地を告げて乗り込みます。

降りる時に200ペソ/人支払います。

空港からシャルガオ島に旅行へ行く人たちが集まる中心地ジェネラルルナまで約50分。

クラウドナインもジェネラルルナ(通称:GL)の中にあります。

無事約1時間後に今回の滞在先ホテル、ガーデンビューへ到着します。

名前のとおり海が見える立地にはなく、代わりに中庭があります。

ホテルの立地的にはクラウド9まで徒歩10分弱、バイクレンタルも350ペソ/日(700円/日)なので費用を抑えて宿泊したい人にはおすすめの物件です。

価格は一部屋約1100ペソ。

なので6日で約6600ペソ、1人2200ペソ(4400円)です。

もう少し安い価格帯を探すと500ペソ/日もあるのですが、ウォーターサーバーがついてるのが地味にありがたかったです。

なので僕的には満足でした。

以上がセブ島からシャルガオ島への行き方ですが、せっかくなのでシャルガオ島で楽しめるツアーやレストランを紹介します。

シャルガオ島の観光ツアー

ここでシャルガオ島に来たらだいたいの人たちが楽しむであろうツアーやアクティビティを紹介します。

サーフィン

シャルガオ島でサーフィン🏄‍♂️
ようやくインストラクターに
波に乗せてもらったのに
後ろから突っ込まれ、

必死に水面から顔を出した自分の顔が「弥生時代の人の顔」だったのでご査収下さい。

インストラクター付き500ペソ/時間
ボードレンタルのみ500ペソ/日

価格帯はこれくらいです。

素人の僕たちは小さい波でものりやすい&立ちやすいロングボードで、インストラクターに波に乗せてもらい楽しみました。

時間的には1〜2時間がちょうどいいかなと思います。

インストラクターの価格はどの人に聞いても同じなので相性の良さそうな人を選ぶといいでしょう。

アイランドホッピング

もうひとつはアイランドホッピング、

 

  • ジェリーフィッシュサンクチュアリ
  • ネイキッドアイランド

 

などその他の島や洞窟などを朝7時30分から夕方17時までかけて巡る旅で、めちゃくちゃ疲れました。

価格はホテルからの送迎付きで1人1900ペソでした。

ランドトリップ

バイク(原付)をレンタル(350ペソ/日)してシャルガオ島を巡るランドトリップです。

バイクは3ケツまで行けますが、ヘルメットは必ず着用してください。

この写真のようにココナッツの木が見渡せる場所や、海などGoogleマップを頼りに向かいます。

シャルガオ島お店情報☕️
■Lokal(ローカル)

ココナッツアイス🥥60ペソ
ラップ各種70ペソ

ここのココナッツアイスが有名と
言うことで途中で寄って小休憩。

シャルガオ島は
セブ島よりもさらに
物価が安くいです。

お客さんは日本人ゼロ!

小さな町のイケてるお店でした。

僕たちが行ったときはちょうど観光スポットが修繕中だったので有名なカフェでお茶して、海でぼーっとして帰宅しました。

ローカルはおすすめのカフェです!

なんだかんだこれだけで3日は必要ですし、ゆっくりする日も作りたいと思うので4〜5日は滞在期間があるといいかな〜と思います。

シャルガオ島でおすすめレストラン

1つ目はアサイーボールで有名なシャカ。

アサイーボールは250ペソ、300ペソでコーヒーが付きます。

朝食に利用しましたが、海沿いなのでサンセット狙いで行くのもありなお店です。

もう1つはオーシャン101。

ここも海沿い、クラウドナインのすぐ真横にあります。

野菜カレーやチョプスイ、アドボなどどれも美味しかったです。

そのほかにも、

 

  • ブラボー(Bravo)
  • カーミット(Kermit)
  • ママズグリル(Mama’s Grill)
  • ハラナサーフ(Harana Surf)
  • ラカレンデリア(La Carinderia)
  • ミゲルズタケリア(Miguel’s Taqueria)
  • ブッダサーフリゾート(Buddha’s Surf Resort)

などなどがあります。

僕的にはイタリアンとフィリピンのフージョン料理を提供するカーミット(Kermit)、フィリピンBBQが食べられるママズグリル(Mama’s Grill)がイチオシです。

タイ料理が好きな人はブッダサーフリゾート(Buddha’s Surf Resort)、メキシコ料理が好きならミゲルズタケリア(Miguel’s Taqueria)もおすすめです。

シャルガオ島で出会ったフィリピン人たちが作ってくれたフィリピン料理も旅の思い出として最高でした。

いつも旅先で出会う友達ってプライスレスですよね。

↓↓↓セブ島のレストラン情報はこちら↓↓↓
セブ島レストラン情報

シャルガオ島の治安(まとめ)

最後にセブ島からシャルガオ島への行き方を検索している人がもうひとつ心配するであろうシャルガオ島の治安について紹介してこの記事を終わろうと思います。

 

結論から言うとシャルガオ島の治安はセブ島やマニラと比較して良好です。
関連記事:セブ島留学って危険?5年間で感じる治安と安全性 in フィリピン
関連記事:8ヶ月マニラに住んだ僕がマニラの治安を暴露!危険で怖いの?

 

もしマニラやセブ島に留学経や旅行の経験がある人ならシャルガオ島の治安の良さに驚くはず。

シャルガオ島で出会ったマニラから来たフィリピン人、セブ島から来ているフィリピン人の友達いわく、小学生が両親の送迎なしで登下校できるのはシャルガオ島が安全だからだと言っていました。

例えばこれがセブ島であれば交通量が多いだけでなく誘拐などの事件に巻き込まれる可能性があるので必ず両親や親戚がこどもの送り迎えをします。

シャルガオ島ではその心配がないほどです。

滞在中にヘルメットをつけずに原付に乗ってる外国人を地元警察が取り締まっていたので、気をつけるのはヘルメットを被ること、飲んだらバイクに乗らないことくらいです。

それではセブ島からシャルガオ島へ楽しんで行ってらっしゃい!

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS


3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS