語学留学は未成年(20歳未満)でも大丈夫?結論、大丈夫【1人で留学も可能】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

未成年
留学したいと思っていますが、未成年でも留学する事はできますか?

語学学校によって年齢制限があると思うので、詳しく知りたいです。

誰か教えてください!

こんな疑問に答えます。

Kan
結論から言うと、フィリピン留学なら未成年でも留学する事が出来ます。

基本的に18歳以上なら何処の学校も受け入れてくれますが、15歳以下になると学校によって不可です。

この記事の内容
  • 語学留学は未成年でも可能です
  • 未成年(15歳未満)の語学留学は親子留学もおすすめ
  • 未成年の語学留学はホームステイがおすすめ

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

仕事柄、語学留学関係については詳しい方です。

こういった背景の僕が、未成年のフィリピン語学留学について解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

すぐ届くPDFパンフレットの請求はこちら

ワーホリ・2カ国留学の無料相談会はこちら

語学留学は未成年(20歳未満)でも大丈夫?結論、大丈夫【1人で留学も可能】

語学学校によっては未成年でも年齢によって、制限が設けられている事があります。

年齢は下記の通りです。

  • 18歳以上
  • 18歳〜15歳
  • 15歳以下

 

詳しく解説していきます。

その①:18歳以上

18歳以上は、ほとんどの学校で受け入れ可能です。

成人の大人と同じ扱いになります。

また、フィリピンでは18歳から喫煙・飲酒する事が可能(成人)です。なので、日本人の18歳でも飲酒・喫煙が出来てしまいますが、日本の法律に従いましょう。

その②:15歳〜18歳

一部の学校で18歳以下の受け入れをしていない所もあります。

また大人限定で受け入れている語学学校もあるので、15歳〜18歳の人は、行きたい語学学校が、受け入れ可能か先に聞いてみてください。

その③:15歳以下

結論、15歳未満の方が単独でフィリピンに入国する事が出来ません。

15歳未満がフィリピンに入国するには、親の同行が必要なので、親が一緒にフィリピンまで行かないと行けません。

もし、単独でフィリピンに入国する場合、日本で事前にWEG(Waiver of Exclusion Ground)申請が必要になります。

ということで、15歳未満を受け入れてくれる学校は大幅に減ります。

ETHOS(エトス)も受け入れ不可です。

語学学校によって多少年齢制限がありますが、その①〜その③でも紹介したように、フィリピン留学は未成年でも留学可能です。しかも、1週間から留学可能なので、春休みや夏休みを使ってサクッと短期留学も可能。

未成年(15歳未満)の語学留学は親子留学もおすすめ

1週間のフィリピン親子留学

15歳未満が留学する方法は二つです。

下記の通り。

  1. 15歳未満でも受け入れ可能な学校を選ぶ
  2. 親子留学をする

 

こちらも一つずつ解説していきます。

その①:15歳未満でも受け入れてる学校を選ぶ

15歳未満でも受け入れ可能な語学学校を見つけましょう。

また、学校によって未成年の留学で「ジュニアキャンプ」をやっている所もあります。

ジュニアキャンプとは、1週間や2週間、同じ時期に同じ年代の方達が団体で留学するプランになります。

ジュニアキャンプなら、語学学校のスタッフが日本の空港からフィリピンまで同じ飛行機に乗って同行してくれますし、同じ年代の留学生もいるので、友達も出来ます。

その②:親子留学をする

言葉の通り、親と子で留学する事を意味します。

親子留学は2人の場合が多いですが、家族によっては親1人子供2人=合計3人などで留学している事もあります。

親子留学をすれば、15歳未満でもWEG申請を出す必要がありません。

親子留学については、フィリピン・セブ島留学が子連れに大人気!留学費用もリーズナブルで解説しています。

未成年留学に関する良くある質問

下記は未成年の方から良く頂く質問になります。

  1. 留学説明会に参加しないとお申し込みは出来ませんか?
  2. 同じ位の年齢の留学生はいますか?
  3. 治安は大丈夫ですか?

 

一つずつ解説していきます。

その①:留学説明会に参加しないと留学のお申し込みは出来ませんか?

留学説明会に参加しなくてもWebから留学の申し込みをする事も可能です。その場合、手続きに関してはLINEやメールを使って一つずつ丁寧に説明していきます。

本当は留学説明会に参加したいけど、説明会場所が遠くて参加出来ない場合、LINEの通話機能を使ってカウンセリングする事も可能です。ETHOS(エトス)はセブ島で唯一、アメリカ人講師宅にホームステイでき、全クラスアメリカ人から英語を習えます。

興味がある方は、まずLINEから資料請求をどうぞ。

LINEで資料請求はこちら

その②:同じ位の年齢の留学生はいますか?

春休みや夏休みの期間になると、高校生や大学生の留学生が増えます。なので、結論、未成年の留学生はたくさんいるので、1人だけ浮いてしまうという心配は無いのでご安心してください。

留学期間は1週間〜2ヶ月間と様々です。

フィリピン留学は1週間から留学できる事も、日本で学生生活を送っている未成年に喜ばれる一つの理由でもあります。

春休み】「フィリピン・セブ島留学」期間ごとの留学料金を紹介

その③:治安は大丈夫ですか?

セブ島留学者数は年間3.5万人以上と言われ、セブ島旅行者に関して年間60万人を超えていると言うデータもあります。

世界的に見ても安全な観光地として知られていますし、僕は5年以上セブ島と日本を行ったり来たりしていますが、危ない目にあった事は一度もありません。

一度、母親もセブ島に呼びましたし、家族を呼べるほど治安は安定しています。

セブ島留学って危険?5年間で感じる治安と安全性 in フィリピン

未成年の語学留学はホームステイがおすすめ

未成年
初めての海外だから不安・・・・。

未成年の語学留学だと初めての海外で留学!なんて人も結構多いです。

右も左も分からない異国の地で留学生活となると不安になるので、そういう人にはホームステイ留学がおすすめ。

ホームステイをすれば、

  • 英語漬けの生活を送れる
  • ホストファミリーと一緒に住めるので安心・安全
  • ホストファミリーに分からない事をすぐに聞ける

 

上記のように、留学生活に緊張している人に良いですし、学校の授業後も英語を使える機会があるので、普通に学校の寮で生活するより、英語漬けの生活を送ることが出来ます。

それに、両親もホームステイだと安心して留学に行かせてくれる親御さんも多いです。

フィリピンでホームステイ実績NO.1のETHOS(エトス)では、

  • アメリカ人講師宅にホームステイできる
  • ステイ先から学校まで徒歩5分圏内
  • 卒業生の満足度が96.1%

 

上記のように高評価を頂いています。

気になる方は下記をご覧ください。

フィリピン留学でアメリカ人の家にホームステイできるETHOSはこちら

未成年(20歳未満)の語学留学が不安な場合・・・

それでもどうしても未成年(20歳未満)の語学留学へ行くのに不安が残る方、ご両親が心配する場合というのもあると思います。

誰でも行ったことがない国へ行くのは不安がありますよね。そんな方におすすめなのが国内留学です。国内であれば、日本国内の治安基準になるので、治安の不安から解消されます!

未成年
え?でも日本だと英語話す環境ないですよね?

そんな疑問もあると思いますが、世界的なスキーリゾートとして海外から注目されているニセコの中心地ニセコヒラフでは授業外でも英語を使う機会がカフェやバー、レストラン、スノボのレンタルショップなどであります。

まだまだ知られていないですが、日本にも局地的に海外のようになっている街があるんです。治安の不安はもちろんですが、基礎英語力を伸ばすため、家にいると勉強できない、そもそも家を1ヶ月など離れる経験もない!という方におすすめです。

国内英語留学U-GAKU

未成年(20歳未満)の語学留学まとめ

語学留学は未成年でも可能ですが、語学学校によって年齢制限があります。

まずは、自分が気になる語学学校に連絡をして未成年でも留学可能か聞いてみましょう!

未成年の方が何をするにも吸収が速いですし、海外留学経験も出来るだけ早い内にしておくと、今後の人生にいかせる部分が多いです。

まずは、春休みや夏休みの期間を使って、短期留学をしてみてください。

  • セブ島でアメリカ人講師宅にホームステイして英語漬けの生活を送りたい
  • ネイティブの英語を習いたい

 

って方はホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)がおすすめです。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS