【春休み】「フィリピン・セブ島留学」期間ごとの留学料金を紹介

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学生
春休みにフィリピン・セブ島留学を考えています。学生が春休みの短期間で留学できるのかな?

留学料金や生徒数なども気になります。

 

こんな疑問に答えます。

結論から言うと、春休みに留学する大学生が多く期間は長くて2ヶ月間。短期の方は数週間使って留学しています。毎年、春休みは高校生もふくめ学生さんが多くなる傾向です。

この記事の内容
  • 期間ごとの留学料金を紹介
  • 良くある質問(Q & A)

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で働いています。

ETHOSで働いて5年になりますが、やはり毎年春休みは大学生の比率が多くなる傾向にありますし、セブ島でも学生を見かける機会が多くなります。

こういった背景の僕が、春休みのセブ島留学について解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

「フィリピン・セブ島留学」期間ごとの留学料金を紹介

春休みにセブ島留学する学生が多いのかというと、下記のようなメリットがあるからです。

  • 複雑なビザ手続きが不要
  • 日本から4時間〜5時間と近い
  • 留学費用が安い
  • 1週間から短期留学が可能

 

※関連記事※
フィリピン・セブ島留学のメリット9つ!【魅力を120%お届け!】

 

大学生だと最大で春休みが2ヶ月間あるようなので、春休みに留学される学生さんは1週間〜2ヶ月と様々です。

ETHOSだと全体の生徒数が15名〜20名で学生の割合は6割〜7割程になります。

またアルバイトでお金を貯めて留学される方が多く、1.2ヶ月頑張って働けば留学できてしまう留学料金というのは魅力的です。

次に1週間〜2ヶ月の留学料金を紹介します。

期間ごとの留学料金を紹介(1週間〜2ヶ月)

ETHOS(エトス)ではセブ島で唯一アメリカ人講師宅にホームステイできるプランがあります。

ETHOSのホームステイプランのメリット
  • ETHOS(エトス)アメリカ人講師宅にホームステイできる
  • ステイ先が学校まで徒歩2分〜5分と近い!
  • 全てアメリカ人から授業が受けられる
  • 長年セブ島に住んでるアメリカ人講師宅だから安心・安全
  • 家の中でも英語を使える環境

 

1週間のホームステイ

※1ドル=110円で計算

語学学校の費用 60,500円(550ドル)
SSP(学生ビザ) 11,000円(5440ペソ)
航空券代(セブパシ) 4.5万円
現地生活費 1万円
海外旅行保険 0円(クレジット付帯を活用)
合計 126,500円
 
 

2週間のホームステイ

語学学校の費用 119,900円(1090ドル)
SSP(学生ビザ) 11,000円(5440ペソ)
航空券代(セブパシ) 4.5万円
現地生活費 2万円
海外旅行保険 0円(クレジット付帯を活用)
合計 195,900円
 
 

3週間のホームステイ

語学学校の費用 179,300円(1630ドル)
SSP(学生ビザ) 11,000円(5440ペソ)
航空券代(セブパシ) 4.5万円
現地生活費 3万円
海外旅行保険 0円(クレジット付帯を活用)
合計 265,300円
 
 

4週間のホームステイ

語学学校の費用 238,700円(2170ドル)
SSP(学生ビザ) 11,000円(5440ペソ)
航空券代(セブパシ) 4.5万円
現地生活費 4万円
海外旅行保険 0円(クレジット付帯を活用)
合計 334,700円
 

8週間のホームステイ

語学学校の費用 458,700円(4170ドル)
SSP(学生ビザ) 18.000円(8.920ペソ)
航空券代(セブパシ) 4.5万円
現地生活費 8万円
海外旅行保険 0円(クレジット付帯を活用)
合計 601,700円
 
料金に含まれているもの

空港送迎費・入学金・宿泊代・水道・光熱費・テキスト代・ホットシャワー完備・ウォーターサーバー完備・Wi-Fi完備(全ての教室・ステイ先の個室で使用できます)・朝食(ホームステイ)・個室清掃、ベットシーツ交換(週2回/部屋は常に綺麗に保っています)

5週間、6週間、7週間の留学も可能です。

LINEからもお見積もり依頼できるのでご連絡ください!LINEで連絡する

また、ETHOSのシェアハウスプランの料金表は下記から見れます。シェアハウスはホームステイより安く留学する事が可能です。
 
 

良くある質問(Q & A)

下記の通りです。

  1. お申し込みはいつまでにしたらいいですか?
  2. お申し込みの手続きは難しいですか?
  3. お話を聞きたいのですが留学説明会などありますか?

 

一つずつ解説していきます。

その①:お申し込みはいつまでにしたらいいですか?

お申し込みは留学の3ヶ月〜6ヶ月前にするのがおすすめです。
3ヶ月を切ってからのお申し込みだと、学校が満員でご希望通りのご案内出来ない可能性が高いです。

早い方だと6ヶ月以上前に予約される方もいらっしゃいます。

ETHOSでは留学期間が決まったら予約金(2万円)を支払って頂き、留学の45日前に残額を支払ってもらうので、予約時に留学料金全額をお支払いする必要はありません。

希望通りに留学する為に、まず期間を決めて予約しましょう。

その②:お申し込みの手続きは難しいですか?

いいえ。簡単です。
LINEとメールを使ってインターネット上でお申し込み可能でございます。

一つずつ丁寧に教えていくのでご安心ください。

まずはLINEにて、留学に関しての疑問点などを質問してください。
LINEで連絡する

その③:お話を聞きたいのですが留学説明会などありますか?

東京で毎月2名、無料個別留学説明会を開催しています。

無料個別説明会は毎月先着2名なので、ETHOS(エトス)に少しでも興味がある方、早めにご参加ください。

セブ島の他校と悩んでいる中、説明会に参加される方もいらっしゃいます。説明会に参加しても無理な勧誘は絶対にしません。

個別留学説明会希望の方もLINEにてご連絡お待ちしております。

LINEで連絡する

まとめ

春休みに留学を検討されている方は早めに学校の空き状況を確認しましょう。

学生さんの中には、セブ島留学のみで終わるだけの方もいますが、中にはフィリピン留学の後、オーストラリアのワーキングホリデーに挑戦する2ヶ国留学をする方も多いです。

オーストラリアのワーホリで英語環境の中、しっかりとした給料を貰いながら1年で現地大学に入学できるレベルまで持っていく2ヶ国留学プランがETHOSにもあります。

ワーホリに興味がある方はチェックしてください。

【1年で英語を使いこなせるようになる2ヶ国留学プラン】

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS