留学中に寂しいと感じる6の瞬間【寂しい時の対策も教えるよ】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学生
これからフィリピン・セブ島留学後にオーストラリアでワーホリをする予定があります。日本を離れる期間が長くなるので、留学中に日本が寂しくならないか心配です。留学経験者はどんな事に寂しくなっているのかな?知りたいです。

こんな疑問に答えます。

結論から言うと、留学中はほとんどの人が日本にいる友達や恋人、家族と会いたくなって寂しくなります。基本的に寂しくなる原因はホームシックです。ホームシックの解決策は留学生活を忙しく過ごす事。

この記事の内容
  • 留学中に寂しいと感じる6の瞬間
  • 留学中の寂しさを少なくする対策

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で働いています。

今までに海外13ヶ国26都市に行きましたが、やはり毎回、旅先でも日本が恋しくなった事があります。そして実体験から留学期間が長いほど、何かに寂しいと感じることが多かった気がします。

こういった背景の僕が、留学中に寂しいと感じる6の瞬間と対処方法について解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

留学中に寂しいと感じる6の瞬間

どんな事で寂しいと感じたかは下記の通りです。

  1. 友達に会いたい
  2. 愛犬に会いたい
  3. 日本人がいなくて寂しくなる
  4. 日本が恋しくなる
  5. 彼氏・彼女に会いたくなる

 

一つずつ解説していきます。

その①:友達に会いたい

長期間の留学をしている人。海外に長く住んでいて生活が充実している人に「日本の何が寂しくなるか?」と聞くと、友達や家族と言う人が圧倒的に多いです。

日本で気軽に会っていた気の合う友達に会えなくなるのは寂しい。僕の場合、グループLINEで友達の誕生日会などイベントの予定をたてている時に行きたいな〜って思う事が強くなります。

友達や家族に会いたくなって寂しさを感じた時は、電話してみましょう。学校や仕事を頑張っている友達と電話する事によって、自分も頑張らなきゃ!とやる気を貰える事もあります。

その②:愛犬に会いたい

動物を飼っている人なら必ず「会いたい」と感じる事が来るでしょう。留学生でも、日本にいる犬や猫に会いたいって言う方は多いです。

日本で一緒に住んでいるので、動物も家族同然。子供のように可愛がっている人もいるので、会いたくなります。

愛犬の写真を見返したり、ビデオ通話をして愛犬を映してもらい乗り越えましょう!

その③:日本人がいなくて寂しくなる


留学するなら日本人のいない環境がいい!

留学するなら誰もが感じる事と
理解した上で言うと…。

多分、日本人がいない環境に耐えられる
英語のできない日本人はほぼゼロ。

日本語使えないストレスと寂しさに
耐えられる日本人は希少価値高いです。

セブ島最高です🌴#セブ島 #ワーホリ

 

上記のツイートですがその通りだと思います。

英語学習を5年間続けて、ある程度英語が喋れるようになった僕でも、日本人がいない環境=日本語が使えない環境は結構ストレスになります。僕の場合、アジア人がいないだけで寂しくなります。笑

まして、英語が喋れない状態で日本語が通じない環境に行ったらストレスと寂しさで精神的におかしくなるのではないでしょうか。

留学前は「日本人が全くいない語学学校」に行きたいと思いますが、最初は日本人いる所のが良いです。少し喋れるようになったら日本人がいない環境にチャレンジしてみましょう。

この事を考えても、フィリピン留学後にオーストラリアやカナダ、ニュージーランドにワーキングホリデーに行くのはオススメ。

ETHOS(エトス)でもフィリピン留学+オーストラリアでワーホリの2カ国留学プランのご案内もしているので、ワーホリに興味がある方はこちらのページをご覧ください。→1年で英語が使いこなせるようになる2ヶ国留学

 

その④:日本が恋しくなる

海外生活では日本と下記のような点が異なります。

  • 食事
  • 衛生面
  • 天候
  • 言語
  • 国民性

 

日本だと何処に行っても清潔だし、国民も割と親切。レストランやコンビニは24時間営業の場所も多く便利です。でも、海外は日本と比べて、衛生的に綺麗と言えない。食事もジャンクフードが中心など不便な事が多い。

環境のストレスから日本が恋しくなる事もあります。

留学期間は不便な環境も逆に楽しむという考え方が必要です。

 

その⑤:彼氏・彼女に会いたくなる

恋人がいる中、留学する人も結構います。留学期間中、数ヶ月間離れて生活するのはやはり寂しいと感じる人がほとんどです。

実際に留学生は下記のような事も言っていました。

寂しい。めっちゃ寂しいです。寮に住んでるんですけど寂しいです。

わたしがすごい心配になって、2ヶ月って短いかもしれないけど私が勝手に行く側だからめっちゃ調べたんですよ。なんか「留学 遠距離」って笑

 

寂しいのは日本にいる恋人も一緒なので、留学中にフィリピン・セブ島まで数日間、恋人の会いに来る人もいます。

また事実として、留学に来た事によって別れたり、新しく好きな人が出来る人もいます。留学中の恋愛事情は下記の関連記事からご覧ください。

留学中の寂しさを少なくする対策

留学中の寂しさはホームシックからなります。

寂しくなる度合いは人によって異なりますが、留学したら誰もが寂しいと感じる瞬間が来るでしょう。ホームシックになってしまうからって落ち込む事はありませんし、悪い事でもありません。

その寂しさを少しでも無くす努力をする必要があります。海外13ヶ国26都市、合計海外滞在歴は2年6ヶ月近くになる僕が見つけた留学 or 海外生活中に寂しさを半減する方法を下記で紹介します。

  1. ルームシェアかホームステイをする
  2. イベントに参加する
  3. 親友を作る

 

こちらも一つずつ解説して行きます。

その①:ルームシェアかホームステイをする

学生寮の個室を選ぶとプライベートの空間があり落ち着くというメリットがありますが、寂しくなる時は部屋に引きこもりがちになってしまう事が多いので、逃げられる場所が無い方が良いと思います。

ルームシェアをすれば、同室に留学生がいるので必ず会話する機会があります。そしてルームメイトとは一番生活を共にする時間が長いので仲良くなりやすいのも事実です。同室に仲良い人がいたら楽しいですよね。

また、ホームステイをすればホストファミリーと過ごすことになるので、寂しさも少なくなります。良いホストファミリーに当たれば本当の家族の様に接してくれる事もあるので、逆にホームステイ期間が終わるに連れて寂しくなるくらいです。

個室より相部屋の方が料金も安いのでオススメです。プライベートの時間が欲しい場合は授業が無い週末に作る事も可能。

その②:イベントに参加する

留学中には学校行事や同じ学校の留学生と遊ぶ以外に、留学先で開催されているイベントにも参加してみましょう。

Meet Up(ミートアップ)やCouchSurfing(カウチサーフィン)などのツールを使えば簡単に近くのイベントを探しだす事ができます。

フィリピンでも上記ツールは有名で、毎週どこかしらでランゲージエクスチェンジやバーホッピングなどのイベントが開催されているので参加してみましょう。

楽しい時間を過ごせば、寂しさは感じません。

その③:親友を作る

親友ってどうやって作るの・・・?って思ったかもしれません。

実際、ETHOS(エトス)に留学する方も、友達が出来るか不安。周りと馴染めるか不安って方が多いですが、留学に来た事によって一生の友達が出来ている人が多いです。

現在、フィリピンだと様々なコンセプトの語学学校があります。セブ島だけでも200校以上の学校があります。その中から気に入った同じ学校を選んでる時点で仲良くなる可能性が高いと言えます。

何でも話せる親友を作れば、留学中の寂しさも確実に少なくなりますよ。

留学生活が充実すれば、寂しさは無くなります

留学生活中に「寂しい」と感じる時って何かに対して不満を持っていたり、生活が充実していない時がほとんどです。

  • 毎日の生活が楽しくてしょうがない
  • 日本に帰りたくないくらい充実している
  • 一生の友達が出来た
  • ワーホリ中の仕事の待遇も環境も良い

 

上記の様な環境だったら、寂しいと感じる事が無くなります。

留学ではまず、

  • 英語の勉強に集中する
  • 仲良い友達を作る
  • 留学中も趣味をする
  • 色々な所に出かけてみる

 

と日本では出来ない事にどんどん挑戦して後悔の無い生活を送りましょう。

留学中の寂しさは誰もが経験するので、自分だけの事とは思わないでくださいね!充実した留学生活を送れる事を願っています。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら