留学中に海外インターン!探し方からメリットまとめ【セブ島編】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ワーホリ行く人
フィリピン留学真っ最中です。

せっかくなのでインターンシップを経験したいなと考えてますが、
どうすれば留学中にインターンができますか?

またメリットやデメリットも知りたいです。

こんな疑問に答えます。

フィリピンでは語学学校やコールセンターでのインターンが出来ます。

この記事の内容
  • 海外インターンシップとは
  • インターン先の探し方
  • フィリピンで出来るインターン

この記事を書いている僕はフィリピン留学、ワーホリの経験者です。現在はインターンの募集もしている語学学校ETHOS(エトス)でアメリカ人と一緒に働いて5年が過ぎています。

語学留学×有給インターンの募集はこちら↓↓↓

僕もよく語学学校がインターンを募集しているのを見るので、意外とセブ島では一般的な滞在方法だと思っています。

例えば6ヶ月の留学中に3ヶ月語学留学、3ヶ月海外インターンシップをすると英語だけでなく、多国籍な従業員と働くためのスキル、マインドセットが身につきます。

英語が実際に使えるか?を試すいい機会にもなりますね。

そんなインターン先の探し方も最後にお伝えします!

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

すぐ届くPDFパンフレットの請求はこちら

海外インターンシップとは?

海外インターンシップとは、海外にある企業(法人)で研修する制度です。

日本国内の企業で働くよりも、他国の人たちと一緒に働くので、社会人を経験するという要素の他にも異国の文化に慣れる、

フィリピンで出来るインターン

フィリピンで出来る海外インターンシップは、もともとインターン目的で来るパターンの他にも、語学留学でフィリピンを気に入って延長する手段として海外インターンシップを選ぶこともあります。

そのため、

  • 語学学校スタッフ
  • IT企業
  • コールセンター
  • NPO

などの企業が多いです。

インターン中の仕事内容は?

海外インターンシップと言っても、企業によって仕事内容は様々です。

今回はETHOS(エトス)のインターン生がどんな業務を日常行なっているかで説明します。

ウェブマーケティング

  • 運営メディアの記事執筆、更新作業
  • SNSの運用
  • 留学体験談の記事執筆

過去にインターン生が書いた記事はこちら↓↓
【女性】フィリピン・セブ島留学経験ありの私が選ぶ!持ち物53選
「インタビュー:さよこ編」フィリピン・セブ島留学ETHOS校で働くインターン生の仕事
【セブ島】バジャウ族と結婚した日本人の松田大夢さんの思い

新規サービスの企画立案

  • 新規事業の立ち上げにPMとしてアサインしてもらいます。(サポート有)
  • サービスの企画開発

学校運営業務

  • 留学生のサポート
  • 空港送迎
  • アクティビティの企画運営
  • 日本語教室向け教材開発
  • フィリピン人スタッフへの日本語トレーニング

新規事業ってどんなこと?

今日のセブ島時間の5時から
うちの学校で
ランゲージエクスチェンジを開催。

日本語勉強したいフィリピン人
英語勉強したい日本人集まると
すぐ仲良くなれます。

何がすごいかって
インターンが頑張ってくれて
学校の中に紫陽花が咲きました。
(まるで幼稚園)

セブ島最高です

新規事業なんていうと仰々しいですけど、例えば無料で開催したランゲージエクスチェンジなんかもそのひとつです。

他にも、

インターン生が習字が得意だということで、日本語教室のフィリピン人生徒向けに習字クラスを開催。

得意なことを活かしてチャレンジして見るのは良いことなので、僕たちも出来る限り応援します。

メリットとデメリット

メリット
・スタッフが多国籍
・挑戦できる場がある

デメリット
・忙しい
・多少の英語力は必要

インターンに必要なビザ

フィリピンでインターンをする場合は6ヶ月以下か6ヶ月以上などの期間、お給料をもらう有給か無給などによってビザが多少変わりますがだいたい以下のビザ各種が必要です。

観光ビザ 30日以上の滞在に必要
就労ビザ 働く場合に必要
SSP 語学学校に通う場合に必要
SWP(特別就労許可証) インターンする場合に必要

基本的にビザ手続きは学校側が行う場合がほとんど、また個人で手続きをする場合も企業側から指示が入るのが一般的なので、インターンをするときに確認して見てください。

海外インターン先の探し方

フィリピンで海外インターンシップの探し方は、

  1. 各学校のウェブサイト
  2. エージェントに登録
  3. 学校の掲示板

おもに上記3つです。

各学校のウェブサイト

語学学校のウェブサイトや留学エージェントのウェブサイトやSNSに、インターンを募集中かどうか確認できます。

ETHOS(エトス)でも語学留学と有給インターンをセットにしたプログラムの販売を行なっています。

エージェントに登録

留学エージェントがあるように海外インターンシップを斡旋するエージェントに登録して情報収集や相談をしながらインターン先を決めることができます。

学校の掲示板

セブ島留学中に通う語学学校の掲示板でインターンシップを募集している場合もあります。

実際に留学生として語学学校に通っているなかで人間性を判断しやすいため、空きがあれば採用される確率が高いです。(ETHOSではこの方法を採用しています。)

海外インターンシップに必要な英語力

海外インターンシップと名前がつくくらいなので英語力が必要です。フィリピンの場合はそこまで高い英語力を必要とはしていません。

エトスの場合は、3〜6ヶ月エトスに留学経験のある留学生を対象としています。

一般的にはTOEIC400点レベルで、パソコンで情報収集や執筆ができれば問題ないです。

コミニケーション能力は必要になってきますが、年齢や性別、社会人経験は問われません。

まとめ

語学留学で習う英語が実践で使えるのか試すのに海外インターンシップは役立つと思います。

1年など長期留学を視野に入れている人は語学留学以外の挑戦でのインターンシップおすすめです。

【募集】フィリピン休学留学×有給インターン(就活対策)

【募集】フィリピン休学留学×有給インターン(就活対策)

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS