「インタビュー:2カ国留学」ワーホリ2週間でローカルジョブ

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

ローカルジョブって言ってもどんなところで働いているの?時給は?英語環境かも気になります。

そんな疑問に答えます。

今回インタビューしたのは谷谷(タニヤ)くん、シドニーに11月2日に到着して11月12日にハミルトン島に飛び立ちました。

1週間ハミルトン島の生活、ローカルジョブを経験してからの環境について聞いてみました。

この記事の内容
  • ローカルジョブの国際比率が分かる
  • キッチンハンドの労働環境
  • 働いてるワーホリの満足度は?

などなどが分かります。

かずき兄
フィリピン留学とワーホリ経験があるETHOSのかずきが、彼にインタビューします。
タニ
ローカルレストランおすすめっす!

谷谷くんは4ヶ月のフィリピン・セブ島留学終了後、ワーホリでシドニーに到着して12日目でローカルレストランの就労がはじまりました。

彼の元々の英語力や、セブ島での学習方法については下記記事を参考にしてください。

関連記事:英語力はTOEIC120点!そんな社会人やりなおし勉強法

ワーホリ2週間でローカルジョブスタート

このツイートを見てたので、最初の質問はこれです。

 

ーそういえば飛行機乗り遅れたみたいだけど大丈夫だったの?

完全に乗り遅れましたね。

水曜日にオリエンテーションがあるので、自分は月曜日にジェットスターで1.5万円で予約しておいたんですど。

自分は2時間前に空港についてたけど搭乗ゲートがオープンする時間を間違えちゃって。

ずっとチェックインの前の席でぽけ〜っと待ってて、気がついたときには出発の30分前になってたんですよ。

焦っちゃってなぜか後ろにいたオージーのおばさんに「俺、今やばいから助けてください!」って助け求めてスタッフ呼んでもらったんですよ。

そうしたらもう搭乗時間に間に合わないからサービスセンター行ってくれ!ってなりました。

 

ー全然大丈夫じゃないね。笑

1日1便しかハミルトン島行きはないらしくて、本当はシドニーからハミルトン島まで2時間半で着くのに、月曜日の夜中にある16時間くらいかかる便に乗ってなんとかきました。

これが一番こっちきてメンタルやられました。

間違いなく自分が悪いっすけど。笑

ー14日のオリエンテーションはどうだった?

そうです。でなんか、自分とあともう1人のルームメイトの日本人と、中国人、フランス人が1人いてそれ以外は20人くらいオージーだったんですけど。

日本でもクラス替えとかしたときにオリエンテーションあるじゃないですか?ゲームをして交流をはかりましょう的な。

 

ーうん。あるね。

それをやったんですけど、全部英語じゃないですか?まぁ無事終わったんですけど結構「あぁ〜やっべ〜」みたいな。

あとオーストラリアやっぱ多少訛りありますね。

 

ーうん。多少訛りもあるよね。でもわかるようになっただけでも成長だと思う。

あーもう全然。

声質とかもあるかもしれないですけど違いますね。

 

ー他の国の人も全然違うでしょ?

この人は中国、この人は韓国、これはヨーロッパだ!みたいに全然違いますね。

 

ーそれで今は働いて1週間たったくらいなんだっけ?

そうっすね。オリエンテーションやったあとにトレーニング?みたいなのやりました。

トレーニングって言っても自分はキッチンだったんでキッチン行って仕事を教えてもらってっていうのをやりました。

そんでレストランのボスのところに行って「じゃあ明日何時から来い。」みたいな感じでした。

ローカルレストランでの労働環境は?

ー実際の仕事内容はどんな感じ?

主に皿洗いです。シェフたちの使う皿を準備したり、ソースつくってと言われたあら、それを冷蔵庫にあるソースからソースをつくるって感じです。

 

ー時給は?

時給はなんぼだっけな?たしか20ドルか21ドルっす。シドニーのジャパレスで働いてる友だちから聞いたらやっぱ14ドルとかだったんで、シドニーのジャパレスと比べるとやっぱ違いますね。

ーあと働く時間はどれくらい?

朝11時から夜10時までですね。

他のレストランと比べると働くねって言われるんでちょっと働くポジションなのかもしれないです。

 

ーレストランっていくつくらいあるの?

レストラン結構ありますね。多分10店舗以上はあるんじゃないかと思います。

 

ーそこで一緒に働いている人たちはどう?

ボスはオーストラリア人で分かんないですけどザ・オーストラリア人って感じです。ずっと音楽爆音でかけて「音楽ないとやってけね〜」みたいな感じで超面白いです。

そのボスはめっちゃ面白いですし、めっちゃ好きです。

あとNo.2も若いですけどオージーです。あとネパール人、インドネシア人、あともう1人東南アジア系でシェフは基本その5人でまわってます。

なので日本人は僕だけですね。

 

ー多国籍だね。

キッチン結構狭くて、隣に洗うゾーンがあって「谷谷〇〇やってくれ」とか「皿持って来い」とかありますね。

 

ー皿洗いって孤独感ある?

キッチン狭くて隣に誰かいるので、意外とないですね。

自分のルームメイトに聞いたら、1人で皿洗いを黙々とって感じみたいですけど、自分のところは働いてる最中に「谷谷、これ食っていいよ!」ってハンバーガーつくってくれたりとか、休憩も適当に休んでいいよって感じです。

 

ーいい環境だね。

そうっすね。

あと自分は昼の時間は皿洗い1人だけなんですけど、夜はヘルプでもう1人知らない外人が誰か入ってくれるって感じです。

この人はここで働くって決まってると思ってたんですけど、そうでもないようでヘルプでメールがきて、入りたい!ってボスに言うとシフト入れるみたいです。

だから夜ヘルプで来て一緒に働く外国人は毎回違いますね。

ーそんで谷くんも来月から掛け持ちなんだっけ?

そうっすね。2ヶ月目から掛け持ち可能になるようで、違うレストランでもキッチンハンドとしてちょっと働こうかなと。

 

「掛け持ち」について
就労先のルールは各就労先によって違います。

 

ーそれは誰でもできる感じなの?

友だちのコネとかあっちゃえば全然働けるって感じなんすよね。

契約とかないっす。電話でメッセージしてじゃあ来週からみたいな感じです。人間関係っすね。

 

ーじゃあそこではそうなんだね。

はい。あと思ったより日本人少ないっすね。まぁ観光客では結構見るんですけど働いてる人はあんまりみないですね。

 

ーどこの国の人が多い?

意外と東南アジアからきてる人が多いです。特にハウスキーパーは東南アジアが多いかもしれないですね。僕が見た感じですけど。

 

ーフィリピン人はいる?

あっ!フィリピン人いましたね。

シェフで僕と同期のおじさんなんですけどセブ島出身で、もうすぐ打ち解けましたね。

 

ー仕事終わりはどんな感じなの?

とりあえずゴルフカートみたいな小さい乗り物で島を周ってるんですけど、それで帰ります。自分のレストランの誰かしらが送ってくれます。

ーおーいいね。

めっちゃいいっす。

歩いても10分くらいで帰れる距離なんですけど、坂道なんで送ってくれますね。

夜も遅いんでどっか飲み行こう!とかそういうのはないです。みんな「おつかれ!」って感じです。

 

ー休みの日がヒマだね。

そうっすね。

だから明日も島をまわってみようかなと思ってます。無料ジムがあるみたいで、セブ島にもジムあるじゃないですか?あんな感じでエアコンなしでスタッフ無料で使えるようです。

フィリピン留学の語学学校でインターンの成長が止まらない

 

ーあ〜外にあるジムみたいなんだ。

そうっすね。あんな感じです。フィットネスも週15ドル払えば通えるらしいんですけど、15ドルしぶりますね。

 

ー15ドル/週でジム使えたら安いね。

今週の金曜日に給料もらえるんでそれまでは、しぶります。

シドニーで謎の行動をとってしまって、新しいスーツケース買ったんですよ。

一目惚れしたオレンジのやつがあって買っちゃいました。笑

そんで、もともとのスーツケースはシドニーにあったボランティア団体に寄付しました。

 

ーそれは謎だね(笑)、お金けっこうカツカツ?

そうっすね。

飛行機乗り遅れたり、スーツケースに一目惚れしたりしたのもあるし、シドニーでは普通にクレジットカード使えたんですけど、ハミルトン島はATMが全然違くて使えなくて現金10ドルくらいしかないです。

しかも銀行カードが届く前にこっちに飛んできたんで、友だちのところに届く予定になってるので、届いたら早く送って欲しいと思ってます。

ーなんとなく、すぐ届かなそうだね。

そこは僕も不安で3日に1回は届いたか?チェックしてますね。

【オーストラリア】国際免許証よりワーホリには書き換えがおすすめ

ローカルレストランは英語環境

ー働いてるときは英語使う機会ある?

ありますね。

自分のところ日本人は自分だけで、ウエイターが皿とりにきてくれるときに、「もうこれ持って行っていいの?」とか「この皿乾いてるの?」とか簡単な感じっすけど結構話す場面はありますね。

 

ー英語の勉強になる?

なりますね。めちゃ耳に集中しますね。

もうほんとここ離れたくない!って言ってます。まだ1週間だけど。笑

 

ーいまのところで考えてる今後の予定は?

この島でウエイターになるのはキツイっすね。

5月まで働くんで、そのあとはケアンズのアサートンってファームに行くんですけど、そこは日本人がいなくてヨーロピアンで時給制らしいです。

友だちがそこ行くらしいんで感想きいてから決めようかなって思います。そこでセカンドとったら1回、日本に帰ろうかなと思ってます。

あとは完全にフィリピンシックですね。あっ!この前エンジェルに会いました?

※エンジェルは共通のフィリピン人の友だちです。

 

ー会ったよ!神戸にいるらしいから大阪まできてもらって、お好み焼き食べた。

めっちゃいいっすね。あれですよね?あの説明会のですよね。

ーそうそう。エンジェルは12月帰っちゃうから、じゃ次はまたセブ島で会おうかってなった。

あ〜!はは笑

マジでいいっすね。本当にもう。

その日かな?電話かかってきて「かずきさんと会ったよ〜」って。やっぱ、僕もエンジェルとポーラとはたまに連絡するんすよね。

 

ーポーラ結婚するんだよね?

あ〜自分も聞いててポーラに結婚式呼ばれてワンチャン行こうかなって。

昨日調べたんですけど金額とルートがえぐいですね。30時間かかって10万円以上・・まぁそっすね8割行かないっすね。笑

でも、またいつか会いたいっすね。

 

ーハミルトン島はどう?

めっちゃいいっすよ。普通におすすめできます。待遇めっちゃいいっす。

 

ー他にきてる日本人は英語できる?

ワーホリでカナダに一年いたし、ローカルで働きたいからとか。神田外語大学でずっと英語勉強しててとか英語ある程度やってる人しかいないです。

(次回につづく)

まとめ

今回は以上です。谷谷くんは4ヶ月間のフィリピン・セブ島で語学研修終わった後にワーホリでローカルジョブをしています。

これから毎月1回はインタビュー形式で、現地の様子を聞いていきます。僕に聞いて欲しい質問があればコメントください。

 

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。33才。 詳しいプロフィールはこちら

英語を使いこなす、2カ国留学

1年で英語を使いこなして、将来に繋がる英語力を身に付けたい方に2カ国留学をおすすめしています。毎月人数限定で説明会を東京・大阪で開催してます。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>