【外せない】セブ島ショッピングモール総まとめ「買い物におすすめ」

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

セブ島旅行者
現在、フィリピン・セブ島にいます。

セブ島でショッピングをしたいんですが、何処に行けばいいですか?品揃えが良い大型ショッピングモールを教えてください!

こんな疑問に答えます。

Kan
結論から言うと、セブ島には大型モールがたくさんあるので、ショッピングモールで買い物が楽しいですよ。モールが本当に大きいので、行くだけでも楽しいと思います!おすすめはアヤラモール、SMモール、SMシーサイドです。

 

この記事の内容
  • セブ島のショッピングモールまとめ
  • マクタン島のショッピングモールまとめ
  • カルボンマーケットで買い物がおすすめ
  • 空港の免税店とお土産コーナー
  • セブ島で買い物をする際の注意点

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

セブ島滞在歴も合計2年近くなったので、割とセブ島情報については詳しい方です。

こういった背景の僕が、セブ島で買い物するのにおすすめなショッピングモールを紹介します。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

すぐ届くPDFパンフレットの請求はこちら

セブ島ショッピングモール総まとめ

セブ島のショッピングモールの面白い所は、モールによって現地人の質が大きく変わる所です。富裕層が行くモールもあれば、庶民が行くモールもあります。

モールによって雰囲気がかなり異なるので、実際に足を運んで感じてみてください。下記で、それらのモールを紹介していきます。

その①:アヤラモール・セブ(Ayala Mall Cebu)

セブ島で一番有名なショッピングモールと言えば、アヤラモールです。セブ市内の中心にありアクセスしやすく、観光客や現地の富裕層もショッピングを楽しんでいます。

4階建てで高級感もあり、海外ブランド品からローカルブランドまで数多くの店舗がアヤラモールの中に入っています。アパレル以外に映画館、ゲームセンター、レストラン、カフェ、ジム(ゴールドジム)も入っているので、アヤラモールで半日楽しむ事も可能です。

アヤラモールでの食事は写真の大きなガーデンを眺めながら食事できるテラス席がおすすめ。

藤田ニコルさんが来た事によって人気が出た、大きなぬいぐるみが売っている「ブルーマジック」もアヤラモール内に入っています。

※関連記事※
藤田ニコルさんがインスタでセブ島にいる場所を調べてみた

  • 店名:Ayala Mall Cebu
  • 番号:0325163025 
  • 住所:Cardinal Rosales Ave, Cebu City, Cebu,
  • 営業時間:10時00分~21時00分
  • 定休日:年中無休
  • 両替所:あり(1階中央広場)(3階シェーキーズ横)

(住所クリックするとグーグルマップに飛びます)

その②:SMシティー・セブ(SM City Cebu)

photo by chiropractic

SMモールは、メインウイング(本館)とノースウイング(北館)から出来ています。何回も行っていますが、大きすぎて未だに自分が何処にいるのか分からなくなる位大きいモールです。本館と北館でも雰囲気が若干違います。

アヤラモールは富裕層が多いですが、SMモールは庶民が多い印象です。ですので、ローカルブランドのアパレルが多かったり、レストランも安いチェーン店がたくさんあります。

映画館、ボーリング上、レストラン、カフェ、スマホショップなど基本的に何でも揃っています。

(住所クリックするとグーグルマップに飛びます)

その③:SMシーサイド(SM Seaside City Cebu)

セブ島で一番大きなショッピングモールのSMシーサイド。名前通り海沿い(シーサイド)にあり、潮風が気持ちく開放的。どの位の大きさかというと、東京ドーム10個分で外観は宇宙船のような形をしています。初めてみる方は、この規模感にびっくりすると思います。

2015年に出来たばかりのモールなので、まだピカピカで新しいです。

施設内には、レストラン、カフェ、お土産屋さん、アパレル店、美容院など何でも揃っています。SMシーサイドにはセブ島で唯一「スケート場」も設置されています。

1年中夏で雪がふらないセブ島でスケートってなんか良いですね。

SMシーサイドのおすすめポイントとして屋上に綺麗な人工芝が敷き詰められた公園がある事。子供たちが遊べる空間になっていますし、夜は夜景が綺麗なのでカップルが集まりロマンチックな空間に!

ショッピング以外にも、楽しめる施設がたくさんあります。(ボーリング場あり)

SMシーサイドでは、品揃え豊富で値段も安いKULTURA(カルチュラ)(上記写真)で買い物がおすすめ。

※関連記事※
【全部紹介】SMシーサイドのおすすめレストラン一覧

(住所クリックするとグーグルマップに飛びます)

その④:エリザベスモール:通称Eモール(Elizabeth Mall)

イーモール

エリザベスモールはTHE庶民のモールと言った所です。

Eモール周辺は現地の大学が密集しているので、客層は学生中心になります。高級なレストランやお店は無く、ローカルのチェーン店やスーパーなど兎に角、安い商品のラインナップです。

また、Eモールの名物で有名なのは「スーパーコピー品」が大量に売っている事。

厳密に言うと、ブランド物の販売は違法行為ですが普通に売られています。興味がある方は一度行ってみてください。

※関連記事※
「フィリピン留学」セブ島でスーパーコピー品がある場所一覧【違法】

(住所クリックするとグーグルマップに飛びます)

その⑤:J センター・モール(J center mall)


Photo by Sugbo.ph

JセンターモールはAsフォーチュナ通り沿いにあり、モールの隣には日本で有名な東横インもあります。東横インに宿泊している方は、隣がJセンターモールなので、かなり便利です。

またJセンターモールには巨大プールのスカイウォーターパークがあり、このプールでは週末パーティーも開催されます。

ショッピングするにはあまりオススメできませんが、日系の美容院、ビザを申請するイミグレーション、ゴールドジム、日本料理・中華料理屋も入ってるので、ジムや美容院、ビザの申請など必要な時に行くと言う感じでしょうか。

※関連記事※
「フィリピン」セブ島留学中におすすめテーマパーク4選【超恐怖】

(住所クリックするとグーグルマップに飛びます)

その⑥:パークモール(Park mall)


Photo by Order online

パークモールも偽物品が売っている事で有名な中型モール。モールの2階はスーパーコピー品を売っているブースが密集しているエリアがあり、一階はレストランやスーパーなどがあります。

特に2階のコピー品エリアはウィンドウショッピングをするだけでも相当楽しめると思います。

一階のスーパーも日本とは全く違う商品が売られているのも見所です。パークモールの隣にはシティータイムズスクエアというレストレアン & バー街があり、ナイトクラブもあります。

レストランが多いので食事も兼ねて、偽物品やスーパーを見に行くのがおすすめです。

※関連記事※
【フィリピン留学】セブ島のスーパーマーケットを紹介「商品が違って楽しい」

(住所クリックするとグーグルマップに飛びます)

その⑦:ロビンソンズ・サイバーゲート(Robinson’s Cybergate)

こちらのモールは庶民向けの中規模モールになります。フィリピンのモールは中規模と言っても十分に大きいです。

女性物のブティックが少しある程度でアパレル商品は少ないです。ファストフードやフードコートが充実しています。サイバーゲートが建っている場所は「マンゴーストリート」にあります。

マンゴーストリートは夜になると、売春婦や売人が声をかけてくる夜遊びスポットになので治安は他と比べると悪いので気をつけてください。ストリートチルドレンやホームレスも多いです。

(住所クリックするとグーグルマップに飛びます)

その⑧:ロビンソン・ガレリア(Robinson Galleria)


Photo by tripadviser

一つ前で紹介したロビンソン・サイバーゲートとは同じ会社ですが、ターゲットが違い、ガレリアの方は内装も豪華になっています。富裕層向けなのかなと思います。

ロビンソン・ガレリアの中には、レストラン、カフェ、スーパー、アパレル用品などたくさんあります。②で紹介したSMモールからも歩いて来れる距離です。SMモールからロビンソン・ガレリアはタクシーなら5分くらいでしょう。

(住所クリックするとグーグルマップに飛びます)

その⑨:カントリーモール(Gaisano Country Mall)


Photo by flickr

カントリーモール周辺に住む人々は低所得層から中間層の人たちで、モール近くに現地の大学もあるので、客層は中間層以下+学生になります。なので、商品の値段も安い。

カントリーモール内には、フードコート、ファストフード店、スーパー、洋服などが売っています。高級ブランドやお洒落なレストラン等は入っていません。

モールのリッチが良いので、サクッと食事をしたい場合や庶民が使うモールを見たい!って場合はカントリーモールに行ってみてください。

(住所クリックするとグーグルマップに飛びます)

その⑩:JYスクエアモール(JY Square Mall)

JYスクエアモールは小規模になります(とは言っても結構大きめです)

カフェ、レストラン、おもちゃ屋、ブティック、美容院、ジム、薬局、ファストフードなど、必要なものは全て揃ってる感じです。現地の洋服など買い物したい場合は、SMモールやアヤラがおすすめですが、軽くウィンドウショッピングするだけなら、JYスクエアモールだけでも良いかなと思います。

(住所クリックするとグーグルマップに飛びます)

その⑪:バニラッドタウンセンター(Banilad Town Center)


Photo by Everything Cebu

セブ市内のバニラッド地区は日本人が多く住むエリアとして有名です。アディダスやナイキのアパレル品もあり、お洒落なカフェやバーもあります。夜になると、現地人が集まるバーもオープンするので若者が多く集まります。

小規模でお洒落なショッピングセンターに行きたい人はここで決まり。

(住所クリックするとグーグルマップに飛びます)

マクタン島でおすすめなショッピンモール

マクタン島とセブ島は橋で繋がれているので行き来はしやすいですが、タクシーでの移動時間にすると30分はかかるので、マクタン島に滞在している方は、マクタン島にあるショッピングモールを知っていると便利です。

下記でマクタン島のモールを紹介します。

その①アイランドセントラルモール(Island Central Mactan)


Photo by ユーチューブ

2016年にマクタン島にも新しいショッピングモールが出来ました!

レストラン、カフェ、薬局、洋服など軽くウィンドウショッピングするのにも良いですね。アイランドセントラルモール付近にもいくつかショッピングモールがあるので、モール巡りをすると楽しいかもしれません。

ここの付近にあるモールは次に紹介する、マリナモールになります。

(住所クリックするとグーグルマップに飛びます)

その②:マリナモール(Mactan Marina Mall)


Photo by ユーチューブ

マリナモールには、Save mall(セーブモール)と言ったスーパーマーケットの他に、飲食店、マッサージ屋さん、朝までやっている居酒屋やカフェもあります。またスターバックスもあります。

マリナモールから空港までタクシーで5分ほどの距離なので、フライト前に少し時間がある方はマリナモールに来て時間を潰すはおすすめです。

お店や人も多く、夜でも明るいので割と安全です。近くに語学学校があるので日本人もチラホラ見かけます。

(住所クリックするとグーグルマップに飛びます)

セブ島の下町:カルボンマーケット

セブ島の下町と言われる、カルボンマーケットとコロンストリートは貧しい人たちが住むエリアになります。

このエリアでは、安くて新鮮な食材やお土産になりそうな物まで格安で売っています。セブ島のローカル雰囲気を感じたい。掘り出し物を見つけたい!って方にはおすすめです。

下記がカルボンマーケットになります。

THE・ローカルって雰囲気で、95%以上周辺で暮らしている現地人になります。たまに観光している外国人を見かけます。

カルボンマーケットを歩いていると色々なお店があります。手作りのバックや帽子、アクセサリーも売っています。驚きなのが値段です。大体、50ペソ〜200ペソ(100円〜400円)くらいで売っています。

値札などはついていなく、値段はあくまで目安なので交渉になります。

食材が安くて新鮮なの物も売っています!

こちらもバックやアクセサリーが売っているお店です。カルボンマーケットにはこんなお店がたくさんあるので、ローカルな街並みも興味があって、安くて可愛いバックやアクセサリーを買いたい!って人にはおすすめ。

カルボンマーケット周辺には、セブ島で有名な観光スポットである「サントニーニョ・チャーチ」や「サンペトロ要塞」「コロンストリート」など見所がたくさんあります。

カルボンマーケットに来るなら、周辺の観光もしていってくださいね。

※関連記事※
フィリピン・セブ島【最古のサントニーニョ教会】には絶対に行くべき

カルボンマーケットの地図はこちら

空港の免税店とお土産屋さん

セブ島の空港は24時間営業しているので帰国する際に免税店で買い物をしたり、お土産を購入する事も可能です。免税店では、タバコ屋お酒が安く、ブランド品も非常に安いです。

しかし、お土産に関しては市内にあるショッピングモールで売られている値段の2倍〜3倍するので、事前に買っておきましょう。空港内ではクレジットカードが使えます。

楽しくショッピングをする為に気をつけること

下記の通りです。

  1. ショッピングモールからタクシーを使う時
  2. スリに気をつける
  3. 上着を持参する
  4. ポケットティッシュがあると便利
  5. クレジットカードを使えないお店もあります

 

一つずつ解説していきます。

その①:ショッピングモールからタクシーを使う時

帰り道はモールからタクシーを使う事になるでしょう。

ショッピングモールのタクシー乗り場に行けば車を拾えるので大丈夫なのですが、タクシー乗り場周辺で声をかけてくるタクシー運転手もいます。そういう人はメーターを使ってくれず、料金指定です。

急いでおり、通常料金より多めに料金を支払ってもいい方はOKですが、知らずに乗らないように気をつけてください。

その②:スリに気をつける

ショッピングセンターでも、リュックサックを後ろに背負ってるとポケットから貴重品を抜かれたり、知らない間にポケットから財布を抜かれていた。という声も聞きます。

貴重品はしっかりとバックに入れて、出来るだけ抱えるように持つとようにしてください。これはショッピングモール以外の外出先でも同じです。

その③:上着を持参する

セブ島のショッピングモール内は冷房が効きすぎて寒い事が結構あります。特に寒がりな人は、薄手の上着を一枚持ってくると重宝します。モール内のレストランやカフェに入った時も、席の場所によって冷房の空気がモロに当たってしまう事もあります。

その④:ポケットティッシュがあると便利

外出先のモールでトイレに行きたくなる事もあるでしょう。モール内にトイレは必ずあります。しかし、トイレットペーパーが無い場合があるので、ポケットティッシュを持ち歩くと便利です。

日本でポケットティッシュを無料で貰って、何個かセブ島に持っていきましょう。モール内のトイレも控えめに言っても綺麗ではないです。

セブ島のトイレは「関連記事」を参考にしてください。

その⑤:クレジットカードを使えないお店もあります

フィリピンは現金社会です。

ショッピングモール内のレストランやカフェ、お土産屋さんでは大体クレジットカードが使えますが、ファストフード店になるとクレジットカードが使えません。また、カルボンマーケットなどの露天で買い物する場合は、絶対に現金が必要です。

ショッピングモールで買い物をする予定のある方は、クレジットカードを持ってきましょう。

またモール内にはATMが必ずあるので、国際キャッシュカードで現地通貨をおろす事も可能です。現金が必要になる可能性が高いので、現在持っているクレジットカードを国際キャッシュカードにしておいてください。

まとめ

セブ島のショッピングモールでは楽しく買い物をしてください!巨大モールがたくさんあるので、ショッピング好きには堪らないでしょう。

また、ショッピング中にお土産も忘れずに!

フィリピン・セブ島のお土産については、下記記事でまとめています。

【もう迷わない】フィリピン・セブ島のお土産!これ買えば間違いない

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS