【田舎最高】フィリピンの田舎は時間がゆっく〜〜り時間が流れている

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピンに行く人
これからフィリピンに行こうと思っています。

フィリピンの田舎って電波とか繋がりますか?

やっぱり中心地に比べると、何もないですよね。

フィリピンの田舎の風景や電波状況、物価なども気になります。誰か教えてください!

こんな疑問に答えます。

Kan
結論から言うと、フィリピンに来ると中心地でも現地の人がゆっくり生活をして、ゆっくーり時間が流れているように感じますが、田舎に行くと更に、ゆっくり時間が流れています。

時間が止まってるのかと思ったくらいです。笑

また電波は入らない事もあります。そこら辺も、この記事で詳しく解説していきます。

この記事の内容
  • フィリピン田舎の写真
  • 電波は繋がるかについて
  • 物価について

 

この記事を書いている僕は、合計セブ島に2年以上、マニラに5ヶ月以上住んだ経験があります。

そして現在は、フィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

フィリピンの中でもド田舎に暮らした事は無いですが、旅行で何度も田舎に行きました。その経験を元に、フィリピンの田舎について紹介していこうと思います。

こういった背景の僕が、フィリピンの田舎について解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

すぐ届くPDFパンフレットの請求はこちら

フィリピンの田舎は時間がゆっく〜〜り時間が流れている

田舎について下記の事を紹介していきます。

  1. フィリピンの田舎の風景について(写真で解説)
  2. 電波は繋がるのか?
  3. 物価について

 

上記3点を一つずつ解説していきます。

その①:フィリピンの田舎の風景について(写真で解説)

セブ中心地からバスを3時間乗って来た観光地である「カオサンフォール」付近の田舎町になります。カオサンフォールに行けば、たくさんの観光客がいますが、入り口前は超田舎です。

今までに色々な田舎町に行きましたが、ここも静かで良い所でした。

中心地の交通手段はタクシーになりますが、田舎に行くとタクシーが通っていません。基本的に移動はトライシクルという乗り物になります。

むしろ、ここら辺は田舎すぎて、トライシクルも通っていませんでした。自分で移動するなら、バイクをレンタルするのは必須かなと思います。

トライシクルはバイクの横に席がついている乗り物。バイクじゃなくて自転車のトライシクルもあります。

本当に静かで、時間が止まっているようです。

近くにカオサンフォールがあり、滝から流れてくる水が流れてくるから、水が冷たくて気持ちい!

逆に、みんな観光地のカオサンフォールに行くので、ここの海とかめっちゃ穴場です。

うろうろしていたら、現地の人がローカルビーチを案内してくれました。

本当に何も無くてのどかです。

これがカオサンフォールの近くにあったローカルビーチ。入場料無料でした。

人がいないし、海も綺麗だし、静かで最高です。

田舎なので、近くにスーパーやコンビニ、レストランさえありません。でも、サリサリストアと言う駄菓子屋みたいな小売店があったので、そこでお菓子屋飲み物を買ってリラックスします。

こんな感じです。

モアルボアルにて

観光地だけど、かなり田舎である「モアルボアル」についてこんなツイートをしました。

日本でもそうですが、フィリピンでも田舎に行くと、更にルールが緩くなります。

例えば、飲酒運転をしても大丈夫など。フィリピンでも飲酒運転はNGですが、田舎に行くと全く取り締まっていません。

喫煙ルールなども緩いです。

まとめると、フィリピンの田舎はスローライフを超えた、スローライフが送れます。笑

その②:電波は繋がるのか?

フィリピンの田舎に行くと、電波が繋がらない事が多いです。4G回線が通っていないので、3Gになります。

勿論、田舎の場所にもよりますが、基本的に旅行などで田舎に行ったら、スマホの電波は入らないと思ってください。入ったとしても、LINEが出来るくらいで、動画を見る事は難しいでしょう。

その③:フィリピン:田舎の物価について

例えば、同じセブ島でも、中心地と田舎では、圧倒的に田舎の方が物価は安く感じます。チェーン店などの値段は変わりませんが、ローカルレストランで食べる料理は、10ペソ(20円)ほど、値段が安と思います。

フィリピンの物価は安いですが、田舎に行くと更に、生活コストが下がるので、嬉しい限りです。

しかし、ショッピングモール等の娯楽施設がほぼ無いので「暇」になる事、間違い無しです。

半年住んでフィリピン・セブ島と日本の物価を隅々まで比較しました

まとめ

何も無くて静かな所に行きたい人や生活したい人に、フィリピンの田舎はおすすめです。

逆にフィリピンの都会に行くと、高層ビルが立ち並び、ギラギラした人が多くなります。

フィリピンの都会については下記記事で書いているので、合わせて読んでください。

「近代的」フィリピンの都会は私達の想像以上に発展してる【大都会】

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS