留学後、起業した僕が経緯を解説する【運とタイミングが命】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学後に起業したい人
現在留学を検討しています。

留学後は起業したいと思っています。でも、まだ何をするかは決まっていません…..

留学後に起業した方はいますか?

どんな経緯でどんな事業をしているのか知りたいです。

こんな疑問に答えます。

Kan
結論から言うと、僕は大学生時代、フィリピン・セブ島に1ヶ月留学し、留学後、留学エージェントとして起業しました。

現在は起業してから5年経過しています。

留学をしてなかったら、何をしてるか想像がつきません。

この記事の内容
  • 起業した僕が経緯を解説する
  • 事業内容も紹介します

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

実体験で留学後、起業したので割と詳しく説明できるかと思います。

こういった背景の僕が、留学後、起業した経緯と事業内容などを解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

留学後、起業した僕が経緯を解説する

僕の場合、たまたま行った「フィリピン・セブ島留学」で担任の先生に「アメリカ人」を紹介してもらった事によりビジネスをはじめました。

当時僕は大学3年生でした。この歳にもなると、周りが就職活動の話しをしていたり、就活ガイダンスなどに出かけたりと忙しくなってきました。

でも、僕は満員電車が特に大っ嫌いで、満員電車に乗ってる社会人も好きではありませんでした。

Kan
みんな、こんな死にそうな顔をして毎日会社に行って、安い給料貰いお金に余裕が無い生活するのは地獄。社会人になるなら死んだ方がマシ

本当にこのくらい思っていました。満員電車が嫌いだったので、通勤・通学時間帯でも電車内が混まない、反対方面の学校を選んだくらいです。

という事で、大学生の時から将来の選択肢は「起業」しか無かったんです。

しかし、何をしたら良いのか分からなかった。でも、海外に関わる仕事をしたかったと、漠然に考えていました。

とりあえず、アメリカ留学をしようと決意

海外に関わる仕事で起業すると漠然に考えていたので、とりあえず海外を見たい、英語も勉強した方が良いだろう。という理由で、大学の春休み1ヶ月を使い、アメリカ留学をしようと考えていました。

自宅のパソコンで「アメリカ留学 格安」で調べても、大学生の僕には、アメリカ留学に掛かる金額が高すぎて諦めたんです。

でも、海外留学自体は諦めて無かったので、「留学 格安」「留学 最安値」などググっていました。

すると、

  • フィジー留学
  • フィリピン留学

 

上記2つがヒットしました。

留学費用がフィリピン留学の方が安かった事と、高校の時にフィリピンのセブ島に行きたかったけど、格安チケットが売り切れて行けなかった事から、留学先を「セブ島」に決めました。

1ヶ月のセブ島留学に変更!

セブ島留学をするまでに友達や家族と一緒に海外旅行だったり、ひとり旅で数日海外には行ってました。でも、一人で1ヶ月間海外で生活する事は初めてだったので、ワクワクドキドキでした。

留学生活が1週間過ぎたあたりで、既に「セブ島が大好きになり」ここで何か起業したいな。と考えるようになったんです。

この時も、何を仕事にしていこうかは全く決まっていませんでした。

刺激的な留学生活も残り1週間になったけど、結局、英語を喋る時に間違える事の恥ずかしさが消えた事と、楽しさだけが残り、留学生活が終わろうとしていました。

突然、ビジネスの話しが舞い込んできました

僕は、留学をしていた語学学校の担任の先生と仲良しでした。

そんな担任の先生が「友達の嫁がアメリカ人が経営してるセブ島の語学学校で働いてるんだけど、学校が出来たばかりで日本人留学生が欲しいらしいよ」とボソッと言ってました。

僕は英語が喋れて、完璧に聞き取れる訳では無かったので、多分そんな事言ってるんだろうな的な感じでした。

でも、この話しが自分の理解通りだったらチャンスかもしれない!と思ったので、担任の先生にそのアメリカ人の連絡先を聞いて、連絡する事になったのです。

先ほども言いましたが、英語が喋れなかったんで、連絡先を聞いても会話が出来ません。

でも、兄がちょうど、オーストラリアのワーホリから帰国しており、英語がある程度話せたので、スカイプで話してもらう事にしました。

留学後、起業しました

そこから、もう一度セブ島に行き、語学学校のオーナーと契約を交わし、セブ島の語学学校ETHOS(エトス)の日本の窓口という位置で兄と一緒に起業しました。

あの時、セブ島留学をしてなかったら、今の僕は何をしているのか正直想像できません。

やりたいと思ったらすぐに行動する事!何か叶えたい事がある場合、思い続けてればチャンスは巡ってくることを初めて経験できた事も僕にとってはかなり大きな経験です。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

ETHOS(エトス)の事業内容を紹介

セブ島の語学にある語学学校の名前もエトスだったので、そのまま同じ名前を会社名にしました。

現在の事業内容は下記の通りです。

  1. 語学学校の集客
  2. オーストラリアで3星ホテルの仕事紹介
  3. メディア運営

 

一つずつ解説していきます。

その①:語学学校の集客

エトスで留学したい日本人のお客さんを主にインターネットを使って集客しています。集客方法は主に、ブログ、SNS、広告です。

語学学校の集客は、起業した当初から変わらず現在もやっています。

起業してからずっと、語学学校はエトスへの送客のみです。

また毎月、東京と大阪で「留学説明会」も開いており、オフラインでもお客さんと会うこともあります。一人でも多くの方にセブ島留学を経験して欲しいと思っています。

【東京・大阪】1年で英語を使いこなす!ワーホリ・2カ国留学の「個別」説明会

その②:オーストラリアで3星ホテルの仕事紹介

エトスに来る留学生も、フィリピン留学全体で来る留学生も、留学後にオーストラリアでワーキングホリデーをする人ってかなり多いです。

でも、オーストラリアのワーホリでは

  • 英語環境の職場を見つけるのが難しい
  • しっかりした給料を貰える職場を見つけるのも難しい
  • ほとんどの日本人がワーホリをしても英語力が伸びずに帰国する

 

という問題点があったので、

  • 英語環境で働けけるローカルホテルの紹介
  • しっかりとした給料をもらえる職場の紹介
  • 1年で現地大学に入れる英語力を身につけられる

 

という2カ国留学プログラムを作りました。

2ヶ国留学では、フィリピン留学4ヶ月後、オーストラリアの3星ホテルで有給インターンをしてもらいます。

現在は、このプランが一番人気です。2ヶ国留学詳細は下記をクリックしてご覧ください。

↓↓オーストラリアの有給インターン↓↓
「1年で英語が使いこなせる」2カ国留学

その③:メディア運営

月間10万PVを超える、フィリピン留学とオーストラリア・ワーホリ情報を発信しているブログを運営しています。

こちらのメディアはこれから

  • フィリピン留学に行く人
  • ワーキングホリデーに行く人

 

に向けて情報を発信しています。

まだまだ改善点もたくさんあるので、日々改善して良い物を作って、リアルな留学情報を届けていきます!

ETHOSのメディアはこちら

まとめ

セブ島に留学した事がきっかけで起業する事になりました。

自分のやりたい事があり、行動し続けていればチャンスは目の前に突然現れます。でも、行動しないとチャンスに気がつかないでしょう。

あなたも、留学後、起業したいからここまで読んでくれたハズです。

僕のように、何の事業をやるのか分からない場合、一つずつ手探りになりますが、いつか必ず見つかるので諦めないように!

今回は以上になります。

アイディアが浮かばない時は、知らない国に一人旅するのも個人的におすすめです。

「新世界」留学後は一人旅がおすすめな理由【自分の実力を試そう】

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら