【過酷】ワーホリでブラック肉工場「ミートファクトリー」を2日で辞めた話(オーストラリア)

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

ワーホリ行く人
ワーホリでセカンドビザ取得する方法にミートファクトリー(精肉工場)があることを知りました。

セカンドを取得するのにファームよりも短期間でできるので検討してみようかなと思いますが、実際働くとやっぱり大変ですか?

こんな悩みにある意味参考になるインタビューをして来ました。

この記事の内容
  • 2日で肉工場を辞めた
  • 辞めた理由

この記事でインタビューをした僕もワーホリの経験者、インタビューに協力してくれたワーホリ中の留学生は5ヶ月の有給インターンでローカルのレストランで働いたあとにNSWにある羊専門の肉工場で働いて2日で辞めようとしたようです。

辞めます!と言っていたけどインタビューをした翌日に前言撤回して、今はとりあえず肉工場で働いてはいるようです。

それでも2日で辞めようと思った人がどうして辞めようとしたのか、ミートファクトリーでセカンドビザを取得する予定の方は参考になると思います。

ワーホリ、肉工場を2日で辞める

あの僕、肉工場もう辞めました!笑

 

ーえ?早くない?

2日で辞めました。

いやっこれ結構はなし長いんですけど…。

まぁちょっと色々あったんですよね。

いまタムワースっていうところにいるんですけど、シドニーからちょっと離れてる田舎な感じで自然に溢れてる場所です。

 

ーそれで肉工場では働いたの?

働いたんですけど、仕事内容がキツすぎて。

キツいのはいいんすけど、環境が合わなすぎて「俺コレ1ヶ月も絶対続かないな」と思ってどうせ辞めるならもう辞めちゃおうかと思って昨日、マネージャーに連絡とって辞めたいって言って「OK」ってなりました。

 

ー2日間って。笑

他のポジションに働く場所変えられるよって言ってくれたんですけど、もういいかなと思って辞めることにしました。

なので来週、ブリズベンに移ろうかなと思っています。

ファクトリーは経験できたんでファーム行ってみようかなと思ってます。

 

 

ー2日間で辞めたくなる環境ってどんな環境なの?

いやーっ、とりあえず日本人がいなくて、台湾人、中国人、韓国人、フィリピン人が1000人くらい働いている工場で自分はパッキングのポジションで働いてました。

パッキングは楽な仕事って言われてるんですけど、全然そんなことなくて、ローラーでバーっと回ってきた肉を詰める感じの作業なんですけど、その自分のポジションにいた中国人のデカい女がすごいなんか自分に当たり強いんですよ。

僕が普通にやってても「おい!」、「もっと早くしろ!」みたいな。

手でこっち来いって言われたから「何すればいいの?」って聞いても彼ら全然英語できないので会話にもならなくて、とにかく環境もダルいし、人も悪く、夕方の4時半から夜中の1時半まで9時間ほぼ休憩もないままぶっ続けでした。

そんで終わったあとに「あーーーっ、もうムリだ。」ってなりました。

言葉では言い表せないけど、そんな感じです。

 

 

ー働いてる中国人とか韓国人は英語は話せないの?

もう全然(話せない)ですね。

もちろん話せる人もいるんですけど、本当キツいです。

自分が日本人ってわかってるのに、たまに中国語で話しかけられますもん。

それでももうそうっすね〜、それをデイビット(友達の韓国人)に電話で話したんですけど、韓国人の中では僕が今働いてるファクトリーがブラックで有名らしいです。

僕知らなかったです。トーマスフードインターナショナルという羊のラム肉専門でやってるファクトリーです。

 

 

ーそんなキツいんだ。

僕と一緒にきた台湾人2人はもうシドニーに帰っちゃいました。

他の台湾人ももう手が動かないって言ってて辞める感じでした。シドニーから電車で6時間かけてここまで来たんですけど、それもツラかったですね。

明日シドニーに一回帰ろうかと思ってたんだけど、Qフィーバーっていう注射を打たないといけないんで、それが来週に結果受け取れるんで、来週までいる予定です。

 

 

ー短かったね、肉工場。笑

いやー自分もっといけると思ってたんですけどね。

ここで金ばこんと稼いでセカンド取得して世界一周して日本帰ろうと思ってたんですけど、2日は相当ヤバいですね。

おすすめの工場はチキンファクトリー

ーそうなんですね。

やっぱチキンファクトリーが良いみたいですね。メルボルンの途中にワカワカという場所があって、そこにチキンファクトリーがあるみたいです。

 

 

ー今のミートファクトリー何で探したの?

日豪プレスで探してました。

でもやって見ないと分からないですね。

 

 

ー工場で働くのが合ってそうな人いる?

本当に単純作業ができる人じゃないと無理だと思います。あと会話がマジで全くないんで、それもキツかったですね。

仕事しながら会話できないっていうのも、「どれくらい仕事してるの?」とか聞くんですけどみんな英語できないから会話が続かなくて…。

あとみんなヘッドホンしちゃうんで、冷蔵庫のなかで全然会話もできないしキツいです。

いまちょっと英語力下がった気がします。

 

 

ーえ?ハミルトンのレストラン終わってから?

そうですね、まだ2週間くらいしか経ってないですけど。

若干、ハミルトンからここに移ってきたの後悔しています。友達にも「なんでこの島去ったの?」って言われて「わかんないわ。笑」って言っちゃいました。
【関連記事】「インタビュー:ワーホリ・2カ国留学」ローカルレストラン5ヶ月目

 

 

ー若干、今の環境を後悔してる?

ちゃんと半年間働いてもよかったなと思いました。まぁしょうがないです!

次はブリズベンでファーム

ーじゃあ次はブリズベンでファーム?

そうですね、4月シーズンらしいんで、いちごとかベリー系ですかね。あとはパイナップル。

 

 

ーパイナップルきつそうじゃない?

そうっすね。笑

でも時給制らしいんですよ。

 

 

ー時給制は良さそうだけど、他には情報ないの?

仲良い韓国人の友達のデイビットの知り合いがブリズベンのカブルチャーにいたらしいんですけど、カブルチャーもめっちゃブラックらしくて1週間に50ドルしか稼げなくて、結局マイナスらしいです。

だからカブルチャーは行かない方がいいよって教えてくれました。

ケアンズにアボカドファームがあるらしくて、そこがいいらしいです。アボカド4月いいらしいです。

ちょうど今の時期がシーズンでいっぱい稼げるらしいです。レント高いけど英語環境でお金は稼げますよ〜って知り合いに言われたんで、そこも迷ってます。

 

 

ー英語が通じればなんとかイジメられなそうだね。

でも結構ありますよね、自分も日本人って伝えると「え?日本?」みたいにみんなビックリしますね。

ラムファクトリーで働いた2日間だけでも、なんか自分にだけ態度が高圧的だったりとかはどこでもありますね。
【関連記事】留学中に差別ってあるの?どこにでもあるよ!僕の経験談。

工場はキツい

でもやっぱり殺すフロアが1番キツいみたいです。

牛は銃で頭打って、首を切り落とすみたいなんですけど、羊の場合は、羊をアームの機械でつかんで下に叩きつけて殺すみたいです。

仕事はじめる前に動画を見せられるんですけど、自分と一緒にいた台湾人とかも動画見れてなかったですね。

 

 

ーえそうなんだ?台湾人とかも平気そうな勝手なイメージある。

僕も台湾人はそういうの平気だと思ってたんですけど、台湾人も完全に目をそらしてましたね。

工場1000人で日本人6人であと台湾人と中国人です。オーストラリア人いないですね。

ー俺のオーストラリアの友達も中国人の出稼ぎに工場勤務させてるのあんま好きじゃないって言ってたの思い出した。

今住んでる家のオーナーがオージーなんですけど、昨日「もう工場やめたわ」って話したら、そのオージーが「いいんだよ。お前が日本帰ったら工場の仕事クソだったって伝えてやってくれ!笑」みたいなニュアンスでしたね。

工場で働いている人って中国人多いよねって聞いたら、オーストラリア人は働きたくないほど底辺の仕事だからねって言ってました。

 

 

ー出稼ぎならいいかもね。

やっぱフィリピン人とか台湾人とか多いのは、オーストラリアの工場の給料がいいから頑張れてる感じです。

みんな2年はいます。

仕事辞めてヒマで、今日の夜ヒマなんで台湾人の友達とオーナーと飲み行きますね。

肉工場はおすすめ出来ないですね〜。本気で頑張る気持ちないと難しいと思います。

 

 

ーブログで肉工場で稼ぎましたとかいるけど、その人たち凄すぎじゃない?

あいつらマジでヤバいと思いますよ、デイビットも肉工場で働いてたけど人が良かったから継続できたって言ってたんで、ブログで書いてる人はかなり頑張ったんだと思います。

それかチキンファクトリーなんじゃないかと思います。

まとめ

今回インタビューしたのが、ラム肉の精肉工場で働きはじめたばかりのタイミングでしたが、ハミルトン島のローカルレストランで働きはじめて1週間経ったタイミングで話を聞いたときもキツいと言っていました。

↓↓↓その時の記事はこちら↓↓↓

「インタビュー:2カ国留学」ワーホリ2週間でローカルジョブ

結局、精肉工場で働き続けているのかどうかは、次のインタビューでわかります。

「インタビュー:2カ国留学」大学生でもメルボルンで仕事がない!⏩

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。33才。 詳しいプロフィールはこちら

英語を使いこなす、2カ国留学

1年で英語を使いこなして、将来に繋がる英語力を身に付けたい方に2カ国留学をおすすめしています。毎月人数限定で説明会を東京・大阪で開催してます。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>