「実体験を元に解説」留学後の変化6つ【スペック爆上がり】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学する人
これから留学する予定です。

よく留学行って考え方が変わるとか、性格が変わるという話しを耳にします。実際本当に変わるのでしょうか。

良い方面で自分が変化するのはいいのですが・・・・

留学経験者の方はどう変化しましたか?

実体験を教えてください!

こんな疑問に答えます。

Tatsuki
結論から言うと、留学すると良くも悪くも自分に変化がおきます。僕は自分で分かるだけでも、6つの変化が起きました!多分良い変化だと思います。笑
この記事の内容
  • 留学後の変化6つ

 

こんにちは!Tatsuki です!!

僕は、フィリピン・セブ島留学を4ヶ月し、現在はオーストラリア・シドニーで2カ国留学中です。

今回は留学後に僕自身にフィリピン留学で起こった変化をお話ししてきます。

僕も留学に行く前、そのような話しを耳にして、そんなん絶対ただの海外かぶれじゃん、とバカにした感じで思っていました。笑笑

ですが、実際に留学を通して僕にも様々な変化が起きたんです。

あんなにバカにしてたのに、自分もこうなると思ってもいませんでした笑

こういった背景の僕が、留学後の変化6つという内容について解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

留学後の変化6つ

ここからは自分自身の経験を元に変わったことについて話していきまーす!!
(あくまでも個人的な意見なので、参考程度で見ていってください。)

それでは行きましょう〜〜

下記の通りです。

  1. 自分に自信がつく
  2. 行動力が爆上がりする
  3. 家族への感謝が増した
  4. 周りの意見が気にならなくなる!
  5. 時間の使い方を考えるようになる

 

一つずつ解説していきます。

その①:自分に自信がつく

これは僕自信が最近すごく感じることですが、様々に物事に対して、怖気付かなくなります!

留学中は様々な経験をしたり、英語を使えるようになって、世界中の人と対等に会話ができるようになったり、異国の地で1人でいることの寂しさに耐えたりと、色々な感情や経験をします。

それらを通して、自分は色んなことを経験したんだ、またこんな困難にも立ち向かったんだ、という経験からどのような事が起きてもなんとかやっていけるんじゃないか?と謎に自信がつきます。

良いのか悪いのかは分かりませんが、僕は留学のおかげで新しいものに対する不安や恐怖はほんとになくなりました。

今ならどこに行ってもなんとかやっていけると、本当に思っています笑笑

現在は、オーストラリア・シドニーでワーホリ中ですが、ワーホリ前はセブ島留学おすすめです。

その②:行動力が爆上がりする

実は留学を経験した僕は行動力がかなり上がりました。

僕にとって留学中ってすごく特別な期間で、いろんなことしないともったいないって思っていたので、できる限り色々やろうって決めてました。

いろんなところに行って、いろんな人と話して、いろんなものを見てって意識的に行動してました!おかげでその癖がついて、とりあえず行ってみよう・やってみよう、と考えるようになりました!!

新しい事に挑戦することがとても楽になりました!

これはいろんな面に影響するので、ほんとによかったなぁと思っています。

その③:家族への感謝が増した

これは一人暮らしをしている方はすでに経験した事があると思いますが、親元を離れて生活するようになると親へのありがたみをすごく感じます。

僕は実家暮らしだったので、初の親元を離れた生活だったのですが、気がつかないところで、親はこんなにも自分のことをやってくれていたのか、とふと気付かされます笑

さらに海外にいて、少し寂しくなった時や、不安になった時に、常に支えてくれた家族には頭が上がりません笑

いつも味方してくれる存在って家族と親友くらいです!

家族の存在ってほんとに大きくて、心の拠り所です。

僕は元々家族大好きな人間でしたが、もっともっとちょー大好きになりました笑

その④:周りの意見が気にならなくなる!

これは外国の人の考えに影響されたのかな?と思います。

外国の人って良い意味でほんとに周りを気にしないというか、相手にどう思われるんだろうとか考えずに生活してます。

日本にいると周りの目を気にして生活しないといけないような雰囲気がありますが、外国ではぜんぜんそんなことないんです!!

そーいう経験から周りがあまり気にならなくなりました。

さらに、これは個人的な話なのですが、僕実は留学行くことを学校の先生や親戚から大学をわざわざ休学してまで行く価値あるのか?とか卒業遅れると就職難しいぞとか色々反対されていたんです!(家が堅い家系で…笑)

けどそんな反対意見を押し切り、留学を決意し、留学した事によって、すっごく素敵で良い思い出や経験ができました。

このように、自分がやりたい事に反対してくる人はたくさんいますが、気にしなくていいと思います。

結局誰に何言われようが責任が掛かってくるのは自分なので、周りの意見なんて気にせず、自分のしたい事に挑戦した方がいいんだなって気づきました。

なので皆さんも反対意見なんて気にせずどんどん挑戦しましょう。

その⑤:時間の使い方を考えるようになる

これは僕にとってはほんとに大きな変化でした。

僕は日本にいるときは時間コントロールがほんとにできない人間で気がついたらこんな時間だって思うことがめちゃめちゃあったんですけど、今は常に時間配分や、何を何時までにやるといった計画性を持つことができるようになりました。

日本にいたら、明日も同じような生活スタイルで、学生だったら学校行って、バイトしてみたいな、社会人だったらお仕事行ってのように決まりきった動きをしています!

しかし留学中はもちろん学校はありますが、それ以外の時間にいろんなところに行ったりする機会が増えます。

また留学期間は終わりが決まっていて、有限です。なので、なるべくたくさんのところに行けるように、色々な経験ができるようにと、時間を有効活用して、生活するようになります。

そのおかげで、僕は無駄な時間が大幅に減り、有意義な時間をたくさん過ごすことができました。

今でもその癖は抜けずに、時間管理をして生活するようになりました!

まとめ

留学し、様々な経験をすることによって、英語力以外でも様々なことが自分自身に起きます。性格が変わった、考え方が変わっただけではなく人そのものが変わるような気がします。

僕だけでこれだけの変化が起きたので、みなさんには他にも様々な変化が起きると思います。

もちろん逆に日本の悪いところがわかったり、良くないところが見えてしまったりと、いいことだけではありません笑

ですが、それらも踏まえた上で必ず為になること間違いなしです。

ぜひみなさんも留学を通して、自分自身に起きる変化を感じてみてください。

今日はここまで読んでいたき、ありがとうございます!

ではまた〜

下記記事は、フィリピン留学中にインタビューしてもらった僕の記事です!良かったら合わせて読んでください。

「インタビュー:2カ国留学」試験は(余裕)でした。(ワーキングホリデー前)

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

たつき

英語の勉強はフィリピンでサリサリストア、近所、バー、店員や喫煙所のおばさんに話しかけて覚えました。でもお酒は飲みません。 オーストラリアでは英語以外の事を一からやりたいです。インスタフォロー、DMお気軽にどうぞ!