「フィリピン・セブ島留学」僕は親に反対されましたが、強行突破した

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン・セブ島留学をしたいけど、両親に反対されていて留学できるか分からない。親がフィリピンの治安を心配していてどうしても留学の許可がおりない。と悩んでいる方へ。

結論から言うと、ほとんどの親がフィリピンの治安について心配しています。治安について説得できれば、親も留学に納得してくれる場合が多いです

この記事の内容
  • 僕が親を説得した方法
  • 両親がフィリピンの治安を心配している場合の解決策

 

この記事を書いている僕は、フィリピン滞在歴が1年8ヶ月を超えており、現在はセブ島の語学学校ETHOS(エトス)で仕事をしています。そして、僕も大学生の時にセブ島留学をする時に親に反対された1人です。

今では、反対した母親もセブ島に来て、セブ島LOVEになってます。

留学説明会でも、親の反対で悩んでる方にもたくさんあってきました。親の反対のある留学生と僕の体験を元に、親を説得する方法などを紹介します。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

僕は親にセブ島留学を反対されましたが、強行突破しました。

僕がセブ島留学をしたのは、今から5年前。

今では、フィリピン・セブ島留学の知名度は上がっていて、特に観光地であるセブ島の治安の心配は昔に比べて減りましたが、5年前は、フィリピン留学をほとんどの人が知らない状態。

留学と言えば、アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダの時代です。

そんな時に、両親に

kan
フィリピンのセブ島って所で留学してくる。

と伝えると。母親に

そんな危ない所、駄目!!

と断られました。

僕の場合、次の日に親の話は全て無視して留学エージェントに予約の手続きを進めてもらい、フィリピン留学に行く事にしました。

親に相談する前から、反対されるのは分かっていたし、反対されても行くと決めていたので、留学の手続きはしてしまいました。

手続きをしたと伝えると、親も諦めたようで、フィリピン留学に行く事が正式に決定。これは僕の強行突破方法ですが、実際はおすすめしません。

母親もセブ島に来ました

この写真は、母親と僕です。

僕のフィリピン・セブ島留学に反対していたのですが、一度セブ島に行った所、「また行きたい!」「今度は1ヶ月くらい留学してみたい」と言っていました。

治安については、

現地の人はフレンドリーで治安は心だったけど、心配するほどではなかった。
しかし、女性が夜一人で歩くのはやめておいた方がいいと思った。

 

と言っていました。

僕の経験上、親が反対している場合、両親はフィリピンに行った事がなく、想像で危ないと言っている場合がほとんどです。

でも、フィリピンに行く事を猛反対していた、僕の母親が「また来たい」と言うほど、セブ島の治安は良好です。

セブ島の治安については、セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。で解説しています。

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。

フィリピン・セブ島留学に来る人の中には、両親は留学を許してくれるけど、自分がセブ島の治安が心配。って方も大勢います。

留学前に治安の心配をしていた方も、実際にセブ島に来ると想像以上に快適で治安も問題なかった。と言います。

まず親になぜ、留学をしたいのか説明してみよう

僕の場合「フィリピン留学に行く」としか伝えていませんが、「なぜ」「いま」留学に行く必要があるのか具体的に伝えるべきです。

例えば、

将来、英語を使った仕事をしたい。海外で働いてみたいから、大学が休みの時期を使って、自分で貯めたお金で留学して英語を勉強したいし、今やりたい事をやらずに、将来後悔したくない。

 

など、具体的に伝えれば、あなたが留学に行きたい熱も親に伝わるだろうし、説得しやすくなると思います。

一番、親が心配するのは、「フィリピンの治安です」
セブ島がどれだけ安全で安心して留学できるかを説明しましょう。

ETHOSはアメリカ人講師宅にホームステイできるので、留学生の両親も安心して留学に送りだせる人が多いです。実際に、ETHOSの留学生の中では、ホームステイができるから親に留学の許可を貰えたという生徒もいます。

もし、フィリピン・セブ島留学に反対されている人は、アメリカ人講師宅にホームステイできる学校もある!と伝えると少しは安心するかもしれないので、両親に伝えてみてください。

留学の金銭面を自分でカバーする

親がフィリピン留学に反対している理由は、治安の心配以外に、金銭的な問題もあるかもしれません。そんな時は、自分で貯めたお金で行くという意思を伝えると心が動きやすいです。

自分で貯めたお金で行くほど、留学に行きたいという本気度を伝えましょう。

フィリピン留学は、欧米留学より安価なので、アルバイトで貯めたお金で数ヶ月留学する事も可能です。

ETHOSの留学生では、学校以外の時間にアルバイトをして貯めたお金で数ヶ月留学する方がほとんどです。

どうしても両親が留学に反対する場合

あなたがどう頑張って、セブ島は安全な所で魅力的な所だと、説明しても両親は納得しない事もあるでしょう。
ほとんどの人が「フィリピンはとても危ない国というイメージがあるからです」

そういう時は、一度、親と一緒に留学説明会に参加して、語学学校に勤めているプロのカウンセラーと話してみると変わる場合があります。

一度もセブ島に行った事がないあなたが、セブ島について説明するよりも

  • セブ島に長年住んでいる
  • 語学学校で働いている実績が長い

 

プロのカウンセラーと話せば、親も「長年セブ島に住んでいる、語学学校の人が言っているんだからあ、大丈夫か」と納得しやすいです。

むしろ、親が仕事で忙しい中、説明会に参加してくれるって事はかなり希望があります。

ETHOSでも、留学説明会を開催しているので、ぜひ親とお越しください。

ETHOSの無料留学相談会はこちらから

セブ島よりアメリカの方が危ない

セブ島に40年近く住んでいる、ETHOS学長バリーはセブ島はアメリカより安全と言っています。
アメリカは銃社会。子供同士の喧嘩で、感情的になって銃で相手を殺してしまう事も多々あるようです。

しかし、フィリピンは銃社会ではないし、アメリカより安全と言っています。アメリカ人のバリーは、40年近くセブ島に住んでおり、子供達、孫もセブ島に住んでいます。もしセブ島が危ない所だったら、彼らはセブ島にはいませんよね。

それくらい、セブ島は留学するにも安心な場所です。

まとめ

フィリピン・セブ島留学を親が反対している一番の理由は、大体「治安」です。

まずは、あなたが何故留学したいのかで親を説得してみて、それでもダメだったら親と留学説明会に参加してみましょう。

フィリピン・セブ島留学のメリット9つ!【魅力を120%お届け!】

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS