留学中に運動をして健康的な体を!【セブ島で出来る運動を紹介】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学中に運動をしたいんだけど、どんな事ができるかな?勉強ばかりで運動不足が心配なので、少しでも体を動かしたい。と考えている方へ。

結論から言うと、留学中に少しでも運動すると勉強の効率も上がり、運動不足解消にもなるのでおすすめです。

この記事の内容
  • セブ島で出来る運動
  • 食事に関するアドバイス

 

この記事を書いている僕は、フィリピン滞在歴が1年8ヶ月を超えており、セブ島留学経験が2回あります。そして留学中には、定期的に運動をして体重をキープして健康的な体を維持していました。

こういった背景の僕が、セブ島で出来る運動を解説していきます。(他の留学先でも、ほぼ一緒です)

フィリピン英語の訛りが心配ではありませんか?

大きな声では言えませんがフィリピン人はフィリピン訛りの英語を話します。つまり、外国人の話す日本語と同じです。

アメリカ人をはじめ英語圏の人たちに「しっかり理解される発音」を身につける1番の近道は、プロのアメリカ人講師に発音を矯正してもらうことです。

実は、フィリピンに全授業を英語のネイティブスピーカーであるプロのアメリカ人講師から英語を習える学校があります。(オリジナルの発音プログラムが留学生から人気です!)

留学中に運動をして健康的な体に!

運動は、健康のためであったり、体重を維持するために最適ですが、運動をして気分がリフレッシュする事によって、睡眠の質が向上してより勉強に集中して取り組めるという、メリットもあります。

正直、運動のメリットを計り知れないので、留学中に運動する事は本当におすすめです。

留学をして、太ってしまったという方が多いですが、中には痩せてしまう方もいます。

次に、フィリピン・セブ島留学中にできる運動を5つ紹介します。

ジムに行く

留学中は、ジムに行って汗を流す人は圧倒的に多いです。フィリピンには、ゴールドジムやAnytime fitnessなどの有名ジムもあります。

ゴールドジムとAnytime fitnessは、日本で会員になってる方なら、国内、海外を含めてどこの店舗も使用可能です。

週に2〜3回行く日を決めて、留学生活のルーティーンに組み込むと習慣化しやすい。また、1人では続かなそうな人は、同じ学校の留学生を誘って一緒にジムに通うようにすれば、続きやすいでしょう。

また、フィリピンには1回50円未満で使用できる、ローカルジムもあります。

【留学中は筋トレを】筋トレで精神が安定して勉強も捗る「本当です」

ボクジングジムに行く

フィリピンと言えば、マニーパッキャオ!そう、ボクシングが有名です。

ボクジングジムも割とたくさんあります。個人的に、セブ島では「ALA GYM」がおすすめ。

ボクシングと聞くと、殴り合いを想像して怖い人もいるかもしれませんが、スパーリング(試合)をしなくても、ミット打ちや縄跳びだけでエクササイズする事ができます。

ジムで体を鍛えるのは、孤独ですが、ボクシングはトレーナーと一緒にトレーニングするので続きやすいと思います。

普段は動かさない、筋肉を使うのでかなり筋肉痛になりますが、良い汗を流せます。

月契約から、都度払いのシステムがあるので行きやすい。

ランニングをする

セブ島は、交通量が多いので道路でランニングをする事はできませんが、運動場でランニングをして汗を流す事ができます。

ジムでの筋トレではなくて、ランニングやストレッチをして汗を流したい人はランニングをしましょう!

留学先によっては、ステイ先の周辺でランニングができる所もあるかもしれません。友達とお喋りしながらランニングすると、楽しく汗を流せるのでおすすめです。

ズンバをする

フィリピンでは「ズンバ」が流行っています。

しかも、20円くらいで参加できるので気軽に参加できる上、ズンバは外でやるので、開放的で最高です。

女子留学生には人気なズンバをフィリピンにきたら体験してみてください!

留学中は運動以外にも食事が大切

運動をしても、太りやすいものをたくさん食べていたら、ぶくぶくと太ってしまうので、食事にも気をつけましょう。

外国は日本と比べてハイカロリーな食事が多く、レストランなどで出される1人前の食事の量も多いです。

無理に一度に食べようとせず、食べれなかったモノは、持ち帰って次の日の食事にしたりするのも一つの手です。

セブ島だと、新鮮で美味しいフルーツが安く売っているので、一食はフルーツだけ食べたり、いつも間食でお菓子を食べている所を、フルーツを食べてみるなど、少し工夫するだけで、健康的な体を手に入れる事ができます。

水をたくさん飲んで、出来るだけ野菜やフルーツなど食物繊維が多い食べ物を撮るようにしてください。

腹八分目と食事の時間に意識しよう

夜に食べる食事が一番、脂肪になりやすいのはご存知でしょうか?

そして、夜遅くに食べて、寝てしまうとほとんどが脂肪になって太っていきます。留学中の夕食時間はできるだけ早い時間にとるようにしましょう。夕食を19時前に摂るのが理想的。

食べる量も、お腹一杯になるまで食べず、腹八分目を意識してください。

サプリメントも役に立ちます

留学生活中は、ハイカロリーな食事になりやすく野菜が不足して、栄養に偏りってしまう事が多いです。

そんな時は、ビタミン剤などのサプリメントで補いましょう。

日本のドラッグストアなどに、ビタミン剤や青汁など栄養たっぷりなサプリメントが売っているので、留学前に用意しておくのがベター。

留学先でも、サプリメントを買う事ができますが、日本で買った方が安く、高品質な場合がほとんどです。

オススメのマルチビタミンは下記です。

食生活の乱れから体調を壊すこともある

定期的に運動をする。栄養価の高い食べ物を摂取する。

こうする事によって、健康状態を維持する事は可能ですが、偏った食生活をすると体調を崩しやすくなります。

体調を壊すと、学校の授業を休まなくてはいけないですし、病院に行かなければいけない事もあります。

ぶっちゃけ、海外の医療費って高いです・・・・・

万がいちのために、海外保険に必ず加入してください。クレジットカード付帯の海外保険なら90日間無料で保険に加入できます。

留学前に必ずクレカを作って、現地に持っていきましょう。詳しくは、【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめで解説しています。

まとめ:留学中に運動は必ずやろう

留学中に運動をしよう!と思ったら、ジムやランニングをして汗を流しましょう。

また、運動と一緒に食事にも気をつけて健康的な留学生活を送るようにしてください!

それでは、快適な留学生活を。

下記の記事も合わせてご覧ください。

留学で太る?痩せる?留学で太らないようにする方法

留学で太る?痩せる?留学で太らないようにする方法

 

関連記事

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国28都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら