フィリピン・セブ島で両替ができる「場所・時間・量」を解説します

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

Kan
どーも!フィリピン滞在歴合計1.5年のKanです。

フィリピンではクレジットカードが使える場所もあるが、まだ現金社会です。
フィリピンに行く場合は現地通貨のフィリピンペソを用意する必要があります。

この記事では、フィリピンペソをいつ・どこで・どのくらい両替すれば良いか。更に細かく、現地で両替出来るおすすめの場所や時間を解説します。

まずはフィリピンペソを用意しよう

フィリピンの紙幣はこんな感じ。

フィリピンに入国してからはフィリピンペソを使う事になります。

日本円をペソに両替する時には紙幣でしか両替できません。硬貨は両替不可です。

 

アドバイス
1000円札から両替可能なので、1000円札を1万円分持っていくと便利です。
1度に両替する金額を1000円単位でコントロールすることができます。結果的にムダに両替をして後で後悔するのを未然に防げます。

一番最初はどこで両替したら良いか?

最初に日本で両替するか?フィリピンで両替するか?
結論から言うと、フィリピンに到着してから両替する方がお得です。理由は下記で説明しています。

日本の空港での両替はレートは安い

日本では空港で日本円からフィリピンペソに両替可能ですが、日本でペソに両替するとレートが悪い。フィリピンの空港と両替した場合と比較しても300ペソ〜500ペソ(700円〜1300円)レートが悪いです。

日本で1万円を両替した場合とフィリピンで両替した場合の例。

  • 日本=4000ペソ
  • フィリピン=4500ペソ

500ペソ前後のレートの差は大きい。日本でも美味しいランチが食べれるレベル。

日本より物価が安いフィリピンでは豪華な食事ができます。
フィリピンの物価については半年住んでフィリピンと日本の物価を隅から隅まで比較しましたで書いています。

セブ・マクタン空港での両替

先ほど説明したように日本で両替するより、マクタン空港の方がお得。
フィリピンの両替所では、国ごとのレートが提示されているので両替後はお金がしっかり合ってるか確認しましょう。

旅行者の場合、空港からホテルに行く場合、日本円を1000円〜2000円分フィリピンペソに両替するのがおすすめ。

マニラ空港で両替の場合のレートは?

マニラの空港でも一緒です。日本で両替するよりマニラの空港で両替した方がお得。

フィリピンで両替出来る一般的な場所は

フィリピンでは両替する場所がたくさんあります。一般的な両替所とレートは良いか等も紹介します。

フィリピンのホテルで両替

3星ホテルくらいからロビーで両替をする事が可能。ホテルによってレートに差があるので事前にレートの確認が必須。比較的ホテルの両替レートは悪いです。なので、なるべくホテルでの両替は控えましょう。

この時も1000円札があると便利です。

フィリピンの語学学校で両替は?

学校によっては両替可能。学校のレートも良くないです。

道端にある両替所

街にある両替所のレートは良いです。ですが街の両替所は注意が必要。
通常はレートがお店前に提示されていますが、レートが提示されていない両替所もあります。
その場合、定員の判断でレートを決められてしまうので、しっかりレートが提示されている両替所を選んでください。

道端にある両替所は警備員がいないので、安全面では少し不安です。夜遅くに利用する場合は気をつけましょう。

フィリピンのショッピングモール

モール内にはほとんど両替所があります。
警備もしっかりとしていて1番安心して両替が可能な場所です。レートも良いです。

フィリピンで両替ができる時間

24時間両替可能!

  • フィリピンのホテル
  • 道端にある両替所

営業時間のみ両替可能

  • セブ島の語学学校
  • フィリピンのショッピングモール

ショッピングモールの営業時間は大体9時〜22時まで。
但し、ランチタイムの12時〜13時はランチ休憩で両替所のスタッフがいない事が多いです。

セブ島で両替ができる場所

代表的なモールをあげると

  • アヤラモール
  • SMシーサイドモール
  • SMモール
  • JYスクエアモール
  • パークモール

マクタン島で両替できる場所

  • マリナモール
  • ガイサノモール

他にも両替所はたくさんあります。

宿泊先の近くのスーパーでも両替できると思うので、ホテルの受付に聞いてみよう。

【番外編】ATMでお金を引き出せる

キャッシュカードやクレジットカードを持っている場合は、ショッピングモール内に入っているATMでお金の引き出しが可能です。1度お金をおろす度に手数料の250ペソ(約600円)がかかります。

5,000ペソでも10,000ペソでも手数料は250ペソで一緒です。ATMでの引き出しは1度に10.000ペソが限度額なので、手数料の事を考えると1度にMAXの10.000ペソ降ろすのがベター。

フィリピンのATMでのお金の引き出し方

フィリピンでATMの使い方・お金のおろし方【超簡単】

【帰国時編】ペソから日本円への両替は空港で

ペソが余った時の両替は日本の空港で出来ます。なぜかペソから日本円に両替する時のレートは良かったです。でも一番はお金を計算しながらピッタリ使う事!

ここまで読んだら1000円札の重要性が分かったはず。

まとめ

基本的に旅行だったら現金を持っていけばOKです。現金の他にクレジットカードも持っていくと万が一の時も安心ですね。クレジットカードで海外保険も無料でカバーできます。おすすめのクレジットカードはこちら1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめで紹介しています。

最後に実際にショッピングモールで両替している様子もご覧ください。

レートの掲示板があり、両替した後にしっかりお金の数を確認しましょう。

フィリピンの治安情報は下記の記事も合わせて参考にしましょう。

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。

3ヶ月マニラに住んでみた僕がマニラの治安を暴露します!

 

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS