REINY先生の英会話#15 「飛行機の中での会話②」

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

今回はREINY先生の旅行前に必要な英会話から「飛行機の中での会話②」を書き起こしました。機内は意外と寒いので、上着を持っていく必要がありますが、それでも足りなければ、ブランケット借りたいですよね。

旅行前に機内で使う英語を覚えておきましょう。

レイニー先生
16歳で単身渡米。高校はボストンにあるWalnut Hill Schoolでミュージカルを、大学はロスにあるCalArtsでストレートプレイを学ぶ。アメリカでは数々の舞台やミュージカル、そしてショートフィルムの出演を経験。
 
英会話の講師として5年間勤務。同時にバイリンガルMCとして、番組MCやイベントMCのキャリアをスタートさせる。
 
レイニー先生の留学英語(チャンネル登録数3.5万人)をyoutubeにて配信中。(参照:オフィシャルサイト

div>What’s up everyone.

Welcome and thanks for coming by.
My name is REINY and I’m your host.
 
hey guys,レイニー先生です。

さあ昨日の引き続きで飛行機の中の英会話をやってみたいと思いますが

Are you guys ready?
I’m ready! So let’s get started! let’s begin!

レイニー先生の英会話

さあ今日も引き続き飛行機の中の英会話という事なんですが、

昨日のまず復習からいきましょう。

Would you like anything to drink?

Would you like anything to drink?

Yes, Sure here we go.

Which would you like to eat, beef or chicken?

Which would you like to eat, beef or chicken?

All right. Here we go.

All right.そしたら今日はですねー

枕が欲しい時、毛布が欲しい時、歯ブラシが欲しい時、スリッパが欲しい時、新聞が欲しい時、雑誌が欲しい時、スナックが食べたい時など色々飛行機の中では、頼もうと思えば、頼みたい事が色々出てくると思います。

 

じゃあ、まず単語から行きましょうか。

枕は→pillow

枕は→pillow

毛布は→blanket  

毛布は→blanket  

歯ブラシ→tooth brush

歯ブラシ→tooth brush

雑誌→magazine

雑誌→magazine

新聞→newspaper

新聞→newspaper

夜食もしくわお菓子は→snack

夜食もしくわお菓子は→snack

昨日のCan i haveに当てはめて文を作る事ができます。

Can i have a pillow please?

(枕をもらえますか)

Can i have a pillow please?  (枕をもらえますか)

そしたら向こうが、

How many pollows do you want?

(枕はいくついりますか)

How many pollows do you want?  (枕はいくついりますか)

と聞いてくるかもしれません。

そしたら自分の欲しいだけのPillow. One or two、それもブランケットも雑誌も同じで良いと思います。

Easy right.

それでは皆さんにいくつか試してもらいたいと思います。

毛布をください。

毛布をください。

Try. Good.

The answer is Can i have a blanket?

The answer is Can i have a blanket?

これもPleaseを最後に付けると丁寧なので、是非つけてあげてください。

そしたらじゃあ、

枕を3つください。

Go.

答えは、

Can i have three pillows please?

Can i have three pillows please?

all right.

それでは今日の復習をしてみましょう。

それでは今日もここにテロップが出てきます。

日本語の訳が出てくるのでそれにあった事を皆さんは英語にしてください。

What can i do for you?

Can i have a pillow please?

(枕をいただけますか? )

Can i have a pillow please?  (枕をいただけますか? )

Yeah, Sure.  How many pollows do you want?

Three pillows please.

(3つください。)

Three pillows please.  (3つください。)

All right, I’ll be right back

Good.

May i help you?

What kind of snack do you have?

(どんな種類の夜食がありますか?)

What kind of snack do you have?  (どんな種類の夜食がありますか?)

We have cup nudles. rice ball. chocolate and chips.

Can i have … please?

Can i have ... please?

Sure! I’ll be right back.

さあ後、飛行機の中では色んな

出会いもあるかもしれないですよね。

隣に座っている人と何か共通点が見つかったりとか、話かけてみたいと思う事もあるかもしれないじゃないですか。

でも、話かけて良いものなのかなと思ったり。

でもそういう時はけっこう積極的に話してみると、以外と会話は弾むものなので、ここでいくつかのフレーズ一緒に考えてみましょうか。

まあ、何しに行くの?だとすると。

What are you going there for?

(何しに行くの?)

What are you going there for?  (何しに行くの?)

Are you going back to school?

(学校に戻るの?)

Are you going back to school?  (学校に戻るの?)

Are you going back home?

(家に戻るの?)

 

そんな感じですかね。

ではでは、今ので復習をしていきましょう。

 

今からレイニー先生が日本語をいうので、

皆さんそれを英語に訳していってください。

 

どこから来たの?

(Where are you from?)  

どこから来たの?  (Where are you from?)  

そこには何しに行くの?

(What are you going there for?)

そこには何しに行くの?  (What are you going there for?)

まあそんな感じで会話が弾んで行く事もあると思うし、

そこから友達になれることもあるかもしれないので、是非、飛行機の中での出会いも大切にしてみてください。

So, That’s it for today!

今週は一人で旅行ができるもん!

という事でまだまだ続いていきます。

明日は税関でのEnglish. 結構ドキドキしている人も多いみたいですけど、税関での大切な英会話をお勉強していきましょう。

So thank you very much for coming by.

登録お忘れなく。Don’t forget to Subscribe.

My name is REINY and i’ll see you tomorrow.

Bye!

(参照:REINY先生の英会話#15 「飛行機の中での会話②」

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

英語を使いこなす、2カ国留学

1年で英語を使いこなして、将来に繋がる英語力を身に付けたい方に2カ国留学をおすすめしています。毎月人数限定で説明会を東京・大阪で開催してます。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>