入国審査で英語は話せなくてOK【流れを知っておこう】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

英語勉強中
海外に行きます。

英語が話せないので入国審査が不安です。

 

こんな疑問に答えます。

かずき
入国審査は2〜3聞かれるだけなので英語が話せなくても事前に聞かれる内容を覚えておけばOKです。

また何も聞かれずに入国審査を通過する場合も多々あるので、心配せず準備しましょう。

 

この記事の内容
  • 入国審査は英語が話せなくてもOK
  • 入国審査で使う英語
  •  
  • どーも、かずき(@Kazki413)です。

    この記事を書いている僕はフィリピンでホームステイ実績No. 1で、ワーホリ・2カ国留学が得意なETHOS(エトス)で留学生のサポートをしています。

    ここ一年でもハワイ2回、セブ島2回、シドニーへ1回渡航しましたが、年々入国審査は機械の導入でシンプルになってきています。

    この記事では英語が話せない人でも安心して入国審査ができるようにまとめました。

    効率よく英語を覚えたくありませんか?

    多くの方が、実践で使わない意味のない「単語」や「英文」を覚えるのに人生の貴重な時間を費やしています。

    効率よく最速に英語力を上げる方法は、ネイティブが実際に使う「単語」を覚える事が大事です。 実はアメリカには「1000単語を理解すれば英文の85%を理解できる」と言われているFry word list(フライリスト)があります。

    その1000単語リストをプレゼントします。

    入国審査は英語を話せなくてもOK

    入国審査は英語を話せなくてもOKです。

    ただしだからと言って何の準備なしに行くのも不安が大きいので入国審査の流れをまずは理解しましょう。

    入国審査の流れ

    到着→入国審査→荷物の受け取り→税関→入国

    入国審査の流れは基本的にこの流れです。

    最近ではどの国も入国審査の自動化を進めているのでどんどん英語は不要になってきています。

    例えばオーストラリア・シドニーの空港ではスマートゲートというシステムが導入され、ICチップが搭載されたパスポートを持っていればスムーズにいけます。

    スマートゲートを使った入国審査前にe-passprot Kiosk(eパスポートキオスク)というエリアでパスポートをかざすと、パスポートと同じ言語(日本語)で手続きを済ませキオスクから出てきたチケットを受け取ります。

    キオスクで発券されたチケットをスマートゲートで挿入して写真を撮影します。

    これで入国審査は終了して預け荷物を受け取り税関と検疫に進みます。

    英語ができなくても入国審査はここまでできるようになっています。
    【最安3ドル】シドニー空港からシティ(市内)へのアクセス方法

     

    ハワイ島の空港でもKiosk(キオスク)でタッチパネル式で入国審査カードを日本語で進めていきます。

    入国審査は英語を話せないと緊張することも多いですが、飛行機に年に何回も利用している身としては何か言われる方が珍しいのでは?とも思っています。

    スマートゲートでなくともNext please.(次どうぞ)と言われたら、

     

    • パスポートを渡す
    • 親指を指紋センサーに置く
    • カメラを見る

     

    これだけでサーっと入れます。

    それでも英語が話せないと入国審査が不安だと思うので良く使う表現をまとめました。

    入国審査の英語表現

    Next please.(次どうぞ)と呼ばれ、入国審査のカウンターで質問される内容は大きく3つです。

     

    • 滞在目的
    • 滞在期間
    • 滞在先

     

    あらかじめ質問される内容を準備しておけば英語が話せなくても入国審査はバッチリです。

    滞在目的の英語フレーズ

     

    • May I see your passport?
      パスポートを見せてください。

     

    • passpart, please.
      パスポートお願いします。

     

    • Here you are./here it is.
      どうぞ。

    実際の入国審査でも機械的にどんどん人を捌いて行くので入国審査官はpassport.(パスポートあります?)とだけ聞かれるパターンも多いです。

    また滞在目的を聞かれる英語フレーズと、その回答は以下の通りです。

     

    • What’s the purpose of your visit?
      渡航目的はなんですか?

     

    • What brings you here?
      渡航目的はなんですか?

     

    • Business or pleasure?
      仕事ですか?休暇ですか?

     

    • On vacation.
      休暇です。

     

    • On business.
      仕事です。

     

    • To visit my friend.
      友達に会いにきました。

     

    • I’m here for working holiday program.
      ワーホリで来てます。

     

    • I’m an international student.
      留学生です。

    滞在期間の英語フレーズ

    滞在目的に続いて滞在期間を聞かれます。

     

    • How long will you stay in Cebu?
      セブにどれくらい滞在しますか?

     

    • For 5 days.
      5日間です。

     

    • When are you leaving Cebu?
      いつセブから出発予定ですか?

     

    • 1st March.
      3月1日です。

     

    よく聞かれる質問ですが、なんども言うように入国審査は何も聞かれずに進むことも多いです。

    vacation?(休暇ですか?)と聞かれてはいと答えたら、親指を諮問センサーに乗っけてくれる?カメラのところ見て、はいOKと終わることも僕は多いです。

    滞在期間が長かったりするとDo you have a return ticket?(帰りの航空券はお持ちですか?)と聞かれることがあります。

    その際はhere it is.(どうぞ)と帰りの航空券を提示してください。

    フィリピンに入国する際は必ず往復チケットか第三国へ行くチケットが必要ですが、そうじゃない場合は滞在先の国で帰りのチケットを購入すると思います。

    その際はI’ll buy one before I leave.(帰りに買います)と伝えれば問題ありません。

    1ヶ月ほど海外に滞在することが多いので、僕もたまに聞かれることがあります。

    滞在先を聞かれる英語フレーズ

     

    • Where will you stay?
      どこに滞在しますか?

     

    • I’m staying ~~hotel.
      ~~ホテルに滞在します。

     

    at 〜〜hotelというようにホテル名や滞在先名を伝えるだけでもOKです。

    入国審査でこの3つの質問を全部聞かれたら「今回の入国審査官はしっかりと質問して来たな」と思うのですが、ほかにもWhat do you for work?/What’s your occupation?(仕事は?)と聞かれることもあります。

    他にもHow many times have you visited Cebu?(セブに来たのは何回目ですか?)と聞かれたことがあります。

    その時は確かIs this your firts time?(これがはじめて?)という感じだったのでNo, I’ve been here a couple of times.(何回か来てます)と答えました。

    (まとめ)入国審査は英語が話せなくても大丈夫

    以上が入国審査で使われる英語です。

    そうは言ってもほんと〜に入国審査を自動化する流れが各国進んでいるため、どんどん人が不要になっていくのを感じます。

    特に入国審査で働いている人も、別に働きたくて働いているわけではないので国によってはのろのろ全然進まなかったり、やる気がなかったりしたのがスマートゲートだとピピピッと進んで終わりなのでとても楽です。

    ただすべての空港で入国審査が自動化されてるわけではないですし、英語ができない場合でも覚えておくべき英語フレーズは2〜3個だけなのでこの機会に覚えておいてください。

    ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

    ↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
    フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS


    英語を使いこなす、2カ国留学

    1年で英語を使いこなして、将来に繋がる英語力を身に付けたい方に2カ国留学をおすすめしています。毎月人数限定で説明会を東京・大阪で開催してます。

    フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>