「留学中」効果抜群な英語の勉強法7選【最速の成長方法は真似です】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学したい人
これから留学をする予定です。

留学中にどんな勉強をすれば効果的に英語力をあげれるか知りたいです。今、英語が話せる人はどんな勉強をしてきたんだろう。

留学経験者の声を聞かせてください!

こんな疑問に答えます。

 

結論から言うと、英語が喋れる人は、語学学校の授業を受ける。授業後、積極的に英語を使う。更に+アルファ自分で行動している事が多いです。英語が喋れるようになる近道はありません。毎日コツコツ勉強しましょう。

この記事の内容
  • 留学中に効果抜群な英語の勉強法7選
  • 英語最速の成長方法は真似すること

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

自分でも留学経験があり、英語が喋れるようになったのと、仕事柄、語学学校で留学生と接する機会が多いので留学中に効果的な英語の勉強方法については割と知っているかなと思います。

こういった背景の僕が、留学中に効果抜群な英語の勉強法について解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

留学中に効果抜群な英語の勉強法

当たり前な事から、自分で行動しなければいけない事まで紹介します。

下記の通りです。

  1. 語学学校の授業をしっかりする(予習・復習を含め)
  2. 授業後にも英語を使うようにする
  3. ホームステイをする
  4. 次の日に使う英語を前日に決めておく
  5. 読書をする
  6. ランゲージエクスチェンジなどのイベントに参加する
  7. 会話途中に分からない単語があったらメモる

 

一つずつ解説していきます。

その①:語学学校の授業をしっかりする(予習・復習を含め)

英語初心者の方が留学する場合、まずは基礎をつける為に語学学校で勉強するのが効果的です。語学学校を選ぶ基準として

  • 自分に合った国を選ぶ
  • 自分に合ったカリキュラムの学校を選ぶ

 

ことが、まず大事。

僕が留学した、フィリピン・セブ島は発展途上国なので日本より不便ですし、街が清潔ではないです。なので、環境に適応できない人は一定数います。留学前に必ず、留学先の国が自分に合いそうか確認してください。そして様々なコンセプトを持った語学があるので、学校選びは慎重にしてましょう。

語学学校では、みんな平等に授業があります。しかし、授業後の予習・復習をする量は生徒次第です。

30分くらいサラッと勉強して終わる人もいますし、2時間〜3時間くらい集中して復習して、一休みしてから、再度、数時間勉強する人もいます。

1日30分の自習をした人と3時間自習した人の勉強時間の差は1ヶ月で下記の通りです。

  • 15時間(1日30分の自習)
  • 90時間(1日3時間の自習)
  • 90-15=75時間

 

1ヶ月で計算すると75時間の差が出てしまいます。周りから見ても、この二人の英語力の差は歴然です。

授業数にもよりますが、僕の場合4時間の授業を受けたら、自習の時間は最低3時間必要だと思います。

その②:授業後にも英語を使うようにする

授業でインプットした事を授業後にアウトプットしましょう。

日本で英語の勉強をしたように、留学をして授業を受けていれば、文法やリスニング力はついていきます。でも、スピーキングは英語を話さなければ残念ながら伸びません。

僕は現在、日本とセブ島を行き来して仕事しています。日本にいる時は完全日本語環境です、仕事の連絡だけ英語です(チャット)。でも、セブ島に来るとアメリカ人やフィリピン人と英語を使って仕事をします。

頭の中で理解していても、外国に来てから2週間くらい

Kan
あれ、英語が口から出てこない……..。

って状態になります。英語がある程度喋れるようになった僕でも、少し英語を使ってないと中々、言葉が出てこなくなるので、留学中はとことん英語を喋るようにしてください。

授業後に英語を使う場合は、

  • 外国人の友達と会話をする
  • 外出先で定員さんとお喋りをしてみる

 

など自分から行動すれば、無限に英語を使う機会はあります。

語学学校で外国人留学生と会話する事も可能ですし、先生やスタッフに話しかけてみるのも一つの方法です。

また海外だと、スーパーやレストランなどのスタッフがフレンドリーで仕事以外の事も話してくれる事も多いので、レストランで料理の事を質問してみたり、スーパーで自分が探している商品の場所を聞いて、少しスモールトークをしてみたりと一工夫してみましょう。

生活する上で必要な英語を身につけるには、こういう事が大事です。

その③:ホームステイをする

授業以外にも「英語」を使う手段としてホームステイをする事はおすすめです。ホームステイをすれば、家でもホストファミリーと会話が出来るので、英語力が上がりやすいです。更にホストファミリーの人たちの文化や習慣も一緒に生活しながら、肌で感じる事が可能です。生活を通して、英語以外にも経験値を積む事が可能!

しかし、ホームステイをしても自分から話しかけなければ会話は生まれません。もちろん、ホストファミリーから話しかけてくれる事もあるでしょうが、自分から話しかける事が何より大事。

人に自分の事を好きになってもらう方法は、まず自分がその人を好きになる事です。好きになるにはコミュニケーションを取って相手の事を知る必要があります。

 

ホームステイをしたら、まずはホストファミリーとの関係を構築する、仲良くなったら会話が多くなるので、スピーキング力も上達します。

ホームステイのメリット
  • 授業後、英語を使う環境が家にある
  • 生活を通して日常会話を身につける事ができる
  • 外国人の生活習慣や文化を学べる
  • すぐ側に相談できる人がいる
  • 海外に第二の家族ができる

 

英語初心者は、特にホームステイ留学はおすすめなので、検討してみてください。

その④:次の日に使う英語を前日に決めておく

これめっちゃ有効です。

例えば、下記のフレーズを英語で言いたいとします。

  • 今晩何していますか?
  • それどんな味ですか?
  • 一緒に行ってもいい?

英語にすると下記のようになります。

  • What are up up to tonight?
  • How does it taste?
  • Can I go with you?

 

日常会話で絶対使うフレーズを3つくらい前日に用意して、次の日に使うだけです。同じフレーズを3回くらい使うと自然に口からでるようになるので、留学中にこの方法を使ってみてください。

前日にフレーズを用意する理由は、当日だと面倒になってフレーズを用意しなくなる可能性があるからです。

後、1日に使うフレーズの数が多すぎると、1日では消化出来ない可能性があるので、2つ〜3つがベストだと思います。フレーズの数は自分と相談して決めてください。

日常会話で使えるフレーズは下記関連記事でまとめているので、参考にしてください。

その④:YouTube(ユーチューブ)や映画をみる

僕は、自分の時間にYouTubeや映画を見ながら楽しく英語の勉強をする事が多いです。この時に、ただみるのでは無く、分からない英語表現や単語が出てきたら、必ず調べます。何度も単語を調べていると、徐々にボキャブラリーの数も増えてきて、単語を調べる頻度も減ってスムーズに動画をみる事ができるようになります。

自分の興味のある分野のYouTubeを見て楽しく勉強を続けるのがコツです。自分にとってつまらない動画を見ていても長続きしないので。

 

オーストラリアの約1年間のワーキングホリデーで準上級までいったかずきも、映画をみる大切さを説明してくれました。

かずき
留学中というより、留学前から1つの映画を英語音声/英語字幕で見ることおすすめです。

ひとつの映画で2万のフレーズが使われているとも言われているので、
映画に出てくる単語や気に入った言い回しを一通り覚えてほしいなと思います。

好きな歌手の歌を耳コピして歌詞なしで歌えるように、
理想では1つの映画を耳コピして英語字幕なしで聞き取れるようにする勉強法はおすすめです。 

 

動画は隙間時間にサクッとみる事ができるのもメリットです。

その⑤:読書をする

本を読むと、新しいボキャブラリーを覚える事ができ、正しい文法を勉強する事が出来ます。そして、何度も同じページを読み直す事ができるのもメリットです。

ETHOS(エトス)で3ヶ月留学して、その後インターンになった、さやかも読書をして勉強する方法に効果を感じています。

さやか
私の場合、とりあえずリーディングでやっている本は必ず予習復習をする様にしていました。

簡単そうに見える本でも出てくる単語や言い回しが分からなかったりするので、調べながら読むようにしています。

その本の中では繰り返し同じ単語が出て来ることもあれば、著者に寄って言い回しのくせがあったり、ただ単に文法を勉強しているよりかはストーリーなので楽しみながら勉強できます!

読書のメリットについてはこちらの動画も参考にしてください。

その⑥:ランゲージエクスチェンジなどのイベントに参加する

ミートアップやカウチサーフィンなどを使って、ランゲージエクスチェンジなどの交流会に積極的に参加してください。身の回りに英語が話せる環境があったとしても、今まで話した事がない人と会話するのはかなり勉強になります。

例えば、日本人でも人によって

  • 話すスピードが遅い人もいれば、速い人もいる
  • 滑舌が悪い人
  • モゴモゴ話す人など

 

英語も一緒で、同じアメリカ人でも人によって大分聞こえ方が変わってきます。教科書に出てくるような綺麗な発音をベースに覚えるのは大事ですが、違う人の英語に対応する力も必要です。

また、アメリカ人、オーストラリア人、イギリス人でも発音が全く違います。色々なイベントに参加して様々な人種の英語に耳を慣らす事も必要。

英語の勉強以外にも、交流会を通して、一生の友達ができる人もいます。

その⑦:会話途中に分からない単語があったらメモる

会話している時に、相手が自分の知らない単語を使っていたら、「それどういう意味?」と聞いたり、もし聞けるタイミングが無かったら、スマホにメモっておいて単語の意味を調べるようにしましょう。

分からなかった単語は自分で調べないと、一生分からないままです。

単語を調べる時のコツはシンプルで、英英辞書を使う事。英英で調べると単語の説明も英語になるので、読解力もついてきます。

英和辞書で調べるより、一つの単語の意味が分かるのに時間がかかってしまいますが、それ以上の価値があります。

今日から実践してみてください。

英語最速の成長方法は真似です

結論を言うと、英語で結果を出したかったら「真似」しましょう。

英語でもスポーツ、仕事でも全てに共通している事は、最速に成長したいなら、既に成功している人の真似をする事です。

英語なら、「既に英語が上手な人の勉強方法」をとりあえず、真似してみる事。真似してみて、自分に合うように少しずつ調整していけばOKです。

僕とかずきとさやかは、あなたより少し英語勉強経験者であるので、とりあえずこの記事の内容を真似してみてください。

やってはNGな事は、英語が喋れない人の真似をする事。やる人はいないと思いますが、効果無しです。

真似しても効果が出ない時は?

簡単です。

真似した人、本人にどうやって勉強しているのか聞いてみましょう。近くにいるなら直接聞いてみれば良いですし、一方的にインターネット上で知っている場合は、DMなどを送って質問すればOKです。

質問すれば、答えが返ってくるのであなたの行動が間違ってたら、軌道修正しましょう。

 

今回は以上になります!

向上心を持って毎日行動していれば、自然に英語力がついてくるので、目の前にある事を頑張りましょう。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら