フィリピン・セブ島留学中の化粧、みんなどうしてるの?その悩み、答えます!

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン留学が気になってる人
フィリピンのお化粧事情ってどうなんだろう?

毎日のお化粧はどのくらいしたらいいんだろう?

 

いきなりですが女性の皆さん!

フィリピンへの具体的な留学をイメージした時、ふとこう疑問に思うことはありませんか?

この記事を書いている私は、フィリピンセブ島在住でインターンシップ歴4ヶ月、今まで50人以上の日本人留学生を見てきました。

今回は私がセブ島生活から得た知識で、そんな疑問にお答えしていきたいと思います!

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

すぐ届くPDFパンフレットの請求はこちら

フィリピン留学中の女の子は毎日メイクをするの?

結論から言うと、私はメイクをするのが好きなのと日本に戻った時に友人の中で浮かないよう、毎日しています。

ですが、日本にいる時と比べると少し手抜きになっているな、と思います。(日本ではまつ毛の色にまで気を遣っていたので今の方が気楽ではありますが。)

そして周りの留学中の同世代女子達を見ていると、留学初期はバッチリメイク、帰る頃には薄化粧もしくはすっぴんになっている方もよくいます。

皆さんフィリピンの陽気な空気に慣れてくると心が開放的になり、素の自分を見せることに抵抗が無くなるそうです。

英語の勉強に化粧が必要ないと気がついた!というストイックな方も時折見かけます。

私のようにする人は毎日していますが、薄化粧、もしくはノーメイクでも全然浮きません。フィリピンのいいところの1つです。

【最悪】フィリピン・セブ島留学のホンネを留学生に聞いた

日本からフィリピン留学にどんな化粧品を持って行くべき?

留学をするにあたって、持ち物は1位2位を争う悩み事の1つだと思います。その中でも化粧品類は女性にとって難しい悩みのタネ。

日本でも自分に合う化粧品を探して苦労した経験、ありませんか?

異国の地でそれをするとなると…不安で仕方がないですよね。かく言う私も、初めて海外へ出る際、荷物にも制限があるので何をどのくらい持って行ったらよいのかとても悩みました。

私の経験から、現地調達よりも日本から持って行った方がいい!と胸を張って言えるものは以下の5つ。

その①:化粧水

これは必須と言っても過言ではありません。

フィリピンでも場所によっては日本の化粧水が売っていることもあるのですが種類はさほど豊富ではないですし、現地のものを買おうとすると肌に合うのか、値段は妥当なのか、口コミはどうなんだろう…と悩んでしまうのでハードルが高いと思います。

そもそも日本の化粧水というよりは、Tonerと呼ばれる、保湿よりも肌を清潔に保つためのものが多く使われます。

そのためなるべく普段使っている化粧水を多めに買い、旅のお供にすると日本との空気の違いで荒れやすい肌も気持ちも、落ち着きやすいと思いますよ。

その②:化粧下地、ファンデーション

私個人の経験、感覚になってしまうのですが、やはりフィリピン人と日本人は肌の色や強さが違います。

ドラッグストアやデパートを見ても欲しい色が揃っていなかったり探すのが少し大変かもしれないな、と思います。

日本や韓国のブランドもよく見かけますが、値段は少し張ってしまいます。

今使っているものが肌にしっくりくる!という方は、リスクを避けるために買い溜めて留学に挑むとよい◎と言えます。

その③:アイブロウ

アイブロウについては、流行が結構違うかな、と感じます。

日本とは違い、フィリピンの方の眉はとにかくしっかり!濃い!凛としてかっこいいのですが大和撫子の顔には合わないかもしれません。

お気に入りのアイブロウがあれば、ぜひ連れて行ってあげてください。

その④:日焼け止め

よく耳にするかもしれませんが、日本の日焼け止めは種類も豊富で本当に優秀!フィリピンはとにかく紫外線が強く、日中外を歩くと太陽光がまるで肌に直接突き刺さっているように感じます。

驚くべきことにフィリピンの紫外線量は日本の7倍あるそうで、このくらいの距離なら大丈夫だろう…を繰り返している私はくっきりとサンダル焼けに腕時計焼けをくらってしまっています。

もちろん、日焼けしたくない!という方は必ず日焼け止めを塗った方がいいのですが、そうでない方も長時間外に出る予定があるときは塗って出かけた方が賢明です。絶対に。

日焼けは火傷と同じなので、まともにしてしまうと1週間は痛みますよ…!

他にも日焼け対策としてサングラスをかけたり帽子をかぶったり、日本にいる時よりも気を遣うのがベターです。

その⑤:メイク落とし

最後はメイク落としです。

フィリピンで見かけるメイク落としは、コットンに染み込ませて拭き取るタイプがほとんどのように感じます。

日本でよくあるジェルタイプのメイク落としは売っている場所が少ないので、お肌に負担をかけることを避けたい方は日本のブランドのものを持って行くのが無難かな、と思います。

他にも毎日メイクで使うもの、こだわっているものは日本から多く持って行くのがいいと思います。日本製品の質の良さはすごいです!

フィリピンでオススメの化粧品は?

もちろん、フィリピンでもドラッグストアやモールの中等で化粧品はたくさん手に入ります。

1番の利点は何と言っても費用の安さ!日本では考えられないほどの安価で、コスメを購入することができます。

その中でも特にオススメなアイテムは、Johnson & Johnsonのベビーパウダー!え?と思われた方もいるかもしれませんが、フィリピン女性の中ではベビーパウダーは必須品。

日本では赤ちゃんのあせもやかぶれを防ぐために使ったりすることが多いと思いますが、実は大人の方にも物凄く役に立つものなのです。

フィリピンは年中気温が高く日差しも強いため、汗をかきやすく肌もべたつきやすいのです。

 

そんな時に大活躍するのが、そうベビーパウダー。

ベタベタした肌にベビーパウダーをぽんぽん、とはたくと一瞬でさらさら快適になります。(もちろん顔だけでなく全身に使うことが可能。)

フィリピンの女性はファンデーションの代わりに使う方も多いそうです。肌がワントーン明るくなるので、美白に熱心なフィリピン人には手放せないものだとか。

毎朝のメイク後に軽く肌にのせるだけでメイクの持ちもアップするので、ぜひお試しあれ。庶民的なお話をすると、私は自称節約家なので、モールの中の小さなコスメティックコーナーで90ペソのマスカラを愛用し、50ペソのアイシャドウを重宝していますが、全然使えます!冒険心のある方はこちらも試してみてください。笑

次に、フィリピンで有名なコスメブランドを3つご紹介したいと思います。

フィリピンで有名なコスメブランド3つ

その①:NICHIDO

最もよく目にする名前です。

ローカルのフィリピーナ(フィリピン人女性のこと)から1番人気のブランド。値段も安く、近くのドラッグストアで手に入るため、多くの方が使っているイメージがあります。

その②:EVER BILENA

こちらもNICHIDOに次ぐ人気。

留学中の日本人の方も試して、よかった!と言っているのを聞いたことがあります。同じく薬局やデパートの中で簡単に見つけることができますし、価格帯もNICHIDOと同じくらいです。

その③:MAC

最後に、日本でも有名なMACです。

こちらはフィリピン人にとって手の届きやすいものでは決してないのですが、特別でみんなが憧れるブランドのようです。

SM Seasideというモールにお店を構えていて、厳かな雰囲気を醸し出しています。

 

基本的にWatsonsやRose pharmacyといった薬局や、モールの中にブースを持つブランド店などで化粧品を購入する人が多いようです。

どういうわけか日本でも有名なブランド品も少し安く買えるんだとか。

ばっちりメイクの美容部員のお姉さま方もいるので、気軽に声をかけてみるといいと思います。

その他オススメの女性用アイテム

お化粧品の他にも4つほどオススメのアイテムがあるので、皆さんとシェアしていきたいと思います。

その①:ヘアケア用品

フィリピンの水はミネラル分の高い硬水で、残念なことに髪が傷みやすいです。

しかし!裏を返せば、その分質のいいヘアケア用品が多いということ。

私の特にオススメできるものは、ellipsというヘアトリートメント。

日本でも手に入るようですがそれよりも安く買えるため、お土産として持って買える方が多いと聞きます。

 

ピンクや黄色などカラフルで可愛らしい見た目で、各色によって特徴があり、髪質や抱えているトラブルに合わせたケアが可能です。

1粒使い切りタイプで、6粒入りで約40ペソ程と試しやすい値段です。

また、シャンプー類だとCream silkシリーズが人気が高いように感じます。フィリピーナのさらさらヘアの秘密はここにあったのですね…。

その②:パパイヤ石鹸

フィリピンではパパイヤ石鹸が大人気!

ホワイトニングの効果もあり香りもいいので、さまざまなメーカーが商品を出しています。その中でも一際有名なのが、silkという石鹸。

近くのスーパーマーケットやドラッグストアで手に入ると思いますので、ぜひ試してみてください。私も愛用中です!

その③:ネイル

私がフィリピンに来て驚いたことの1つです。ネイルがとにかく安くて種類が豊富!1本15ペソ程で購入できるものもあります。セルフネイルを楽しみたいという方はぜひ色々なカラーをトライしてみてください。

その④:生理用品

こちらは持ってきた方がいいものリストに入っていることが多いですが、正直長期滞在の際などはそんなに沢山持って行くのは難しいと思います。

ですが安心してください。

近頃日本の生理用品も少しですがお店で目にしますし、フィリピンのものでも種類が豊富なので選択肢は多いと思いますよ。

まとめ

留学期間によりますが、3ヶ月未満程の方は日本で普段愛用しているものを持って行くのが無難だと思います。

ですがせっかくフィリピン留学をするのならば、フィリピンにどっぷり浸かって色々試してみるのも楽しいと思います。まずは普段何を使っているかな?と改めて考えて、持って行くものを決めてみてくださいね!

おまけとして、Gaisano Grand Mall Mactan というモールのスーパーの中です。

こんなにも色々なものがあるので、なにか忘れ物をしてもそんなに心配いりませんよ!笑

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

外部ライター

フィリピン・セブ島留学経験者、ワーホリ経験者、現地在住者などETHOS(エトス)が厳選した外部ライター。

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS