フィリピン・セブ島の石鹸が美容におすすめ!【留学中に使おう】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン・セブ島ではどんな石鹸が売っているのだろう?留学生活中に色々な石鹸を試してみたいな。と思ってる方へ。

結論から言うと、セブ島には美容に良い石鹸が豊富にあり、日本で高値で売られている商品も安価です。

この記事を書いている僕は、セブ島の語学学校ETHOS(エトス)で働いており渡比歴20回以上、フィリピン滞在歴合計2年以上になります。毎回、フィリピン滞在をする時は、石鹸選びが割と楽しみです。

こういった背景の僕が、フィリピン・セブ島の石鹸にいて解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

フィリピン・セブ島の石鹸が美容におすすめ!

フィリピンではパパイヤ石鹸が「美白」に良いと言われ、国民に愛されています。

パパイヤに含まれている、ビタミンやカロテン等の成分が肌を黒くするメラニンの働きを抑えてくれます。

簡単にパパイヤ石鹸の効果をまとめると

  • 美肌が期待できる
  • ニキビ予防
  • 肌がすべすべになる

 

美容に良い事ばかりですね!

次に、パパイヤ石鹸を含めた、美容に効果的な石鹸を紹介していきます。

最も有名な石鹸のSilka(シルカ)

箱に入っている状態でパパイヤの香りが「ふわ〜ん」と漂ってきます。かなり良い匂いです。

2019年2月の段階で、27ペソ(約60円)ですが、日本だと10倍もの価格で販売されている事もあります。

一つずつ買えるので、お土産として配っても喜ばれます。(特に女性に)

セブ島生活中に石鹸が必要なことがあるので、ぜひ、Silka(シルカ)の石鹸を一度使ってみてください。

Silka(シルカ)グリーンパパイヤ

パパイヤと同じ成分ですが、匂いだけグリーンパパイヤの香りになっています。

Silka(シルカ)のShea Butter

Silka(シルカ)の石鹸(袋バーション)

先ほど紹介したSilka(シルカ)の石鹸と全く同じです。

違う部分と言ったら箱か袋かの違いだけです。袋の方は、値段が16ペソ(約35円)と安いので、自分で使うときもこちらの石鹸で十分。

Likas(リカス)

Silka(シルカ)とは真逆で、ほとんど無臭のオーガニックソープです。

甘い匂いが苦手な方は、Likas(リカス)がおすすめ。

ハラルシールが貼られている石鹸「MESTIZA」

天然植物由来のハーブ石鹸。

この石鹸にだけ、ハラルシールがついており、イスラム圏の方でも使える石鹸です。

値段は53ペソ(約110円)と値段も高くないのも良い所。

個人的に一番好きなFlawlessly

カラマンシーとパパイヤのMIXされた石鹸。

値段が13ペソ(約30円)と安い割に、フルーツの匂いも強いです。カラマンシーの酸味が効いた匂いが好きな人におすすめの石鹸。

お洒落な石鹸がKULTURA(クルトゥラ)に揃っています

留学生活中に必要な日用品を揃えるのも、お土産を買うのもKULTURA(クルトゥラ)がおすすめです。

KULTURAは、品揃えが豊富で値段もかなり安い。興味深い製品がたくさんあります。フィリピンに来た際には必ず行ってみてください。

ETHOSから、タクシーで5分の距離にあるセブ島で一番大きなショッピングモールのSMシーサイドにもKULTURAがあります。

KULTURAについては、帰国前のお土産選びに迷ったら〇〇!で解説しています。

下記にKULTURAで見つけた、お洒落な石鹸を紹介していきます。

Precious

ビールの石鹸が気になって買ってみましたが、本当にビールの匂いがしました。

それだけ、匂いがリアルだったので、他の石鹸も本物の匂いに近いと思います。泡立ちも良いのでおすすめです。

COCO LOCO

色がカラフルで女性に人気な石鹸です。

石鹸の中には、ざっくり切られているココナッツが入っています。肌荒れ防止、肌の免疫力向上の効果あり。

使ってる内に、石鹸が崩れてバラバラになってしまうのがデメリットと感じました。

他にもこんなオーガニック石鹸が売っていました。

石鹸セットも売っています

一つだけより、3つセットになってる方が圧倒的にボリュームがあります。

この石鹸をお土産にもらったら嬉しいですね!

フィリピンでは色白が圧倒的にモテる

フィリピン人の肌の色は黒人まではいきませんが、浅黒い肌の傾向にあります。日本だと少し日焼けした位の肌色が健康的に見えて好印象を与えることもありますが、フィリピン人は「肌が黒い=ブルーカラー・ワーカー」を想像します。

ブルーカラー・ワーカー=経済的に貧しい。とされているので、日本人でも日焼けをしていると、男女共に。評価は低くなります。

 

一方、色白だと、

  • 清潔感がある
  • お金持ちにみられる
  • 外国人 or ハーフとみられる

 

と好印象を与える事ができます。

この事から、日本人がフィリピンに行くと男女共にモテます。

フィリピンでは肌の色でモテるかが関係してくるので、石鹸を含めて美容コスメが物凄く充実しています。

フィリピン・セブ島で石鹸を含めて、美容グッズを試して、綺麗になって日本に帰国しましょう。

今回は以上です!

【精選】フィリピンのイケメン6人紹介!顔や体の特徴も教えるよ。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS