海外で携帯、スマホは解約?休止?2.5年間日本を離れた僕の海外携帯事情

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

 

タビワライフ
こんにちは!死ぬまで新婚旅行!夫婦で旅するタビワライフの内山大地です。

旅の思い出をその場でSNSにアップしたい!でも海外で携帯電話を使ったらあとから高額請求されそうで怖い!旅先で携帯電話ってどうしているの?

スマホは解約するのか?休止するのか?悩みはつきませんね。

 

タビワライフ
今回は、海外の携帯事情について僕たちの経験を元にお話させていただきます。1年の長期留学から数ヶ月、数週間の短期留学で最適な携帯との付き合い方をご紹介します。

 

まず、海外行く前に日本の携帯電話はどうした?

僕たちの場合は、旅に出る前に日本の携帯電話を解約しました。

ドコモ(docomo)、ソフトバンク(Softbank)、エーユー(au)など日本の携帯電話料金の多くが基本使用料が含まれています。

世界を旅している最中に携帯電話を使用していなくても一定の基本使用料は支払わなくてはいけません。

そのため、僕たちは日本の携帯電話を解約して現在はSimフリーのiPhone(アイフォン)を旅に持っていっています。xperia(エクスペリア)派ごめんなさい。

iPhoneの場合は充電で変圧器は不要です、詳しくはこちら。

フィリピン コンセントの形・電圧・変圧器

しかし、これは僕たちのように1年かけて世界一周する、一年ワーホリをする、海外赴任するなど長期で日本を離れる人の話です。

数日の旅行や出張であればその必要はありません。

海外では機内モード(飛行機モード)を忘れずに

解約せずに日本で使っている携帯電話を海外に持って行く場合は、携帯設定を飛行機搭乗前に「機内モード」にすることを忘れないようお気をつけください。

これは飛行機の電波トラブル防止のためでもあり、それ以上に海外でのデータローミング機能をオフにするためです。

海外から電話をする、または受けると料金が高いから控えた方が良いことはわかっていても、この「機内モード」に設定することをご存知でない方、忘れてしまう方がまだまだ多いみたいです。

楽しい旅行から帰った後に、携帯電話料金の高額請求をされたら悲しいですよね。

データローミング機能とは
データローミング機能とは、海外など日本で契約している携帯会社の電波の届かない場所でも、その携帯会社が提携している海外の携帯会社の電波で利用して通信ができるサービスです。

この場合の通信料が日本で契約している定額制に含まれていない場合に、高額な料金が発生するケースがあります。

2海外で携帯電話を使いたい場合はどうするの?

海外の旅行先などで携帯電話を使う方法は様々です。適切な利用方法は携帯電話の使用頻度や滞在期間によって異なります。

下記の中からご自身の状況にあったものを考えてみてください。

宿やカフェのWiFiを利用する

まず、最初のご紹介するのが旅行先の「宿やカフェのwi-fiのみを利用」する方法です。

これは基本的にお金がかからず、旅行などでコストを抑えたい人にはおすすめです。

タビワライフ
セブ島に短期留学や旅行の場合はこれでOKです!

僕たちも旅中は基本的にカフェ、ホテルのwi-fiだけでインターネットを利用してブログを更新したり、SNSに写真をアップしたりしています。

またWiFiを使えば、携帯電話番号がなくてもLINEやFacebookで日本の家族や友人と電話やテレビ電話もできてしまいます。

僕たちが海外を約2年半旅した感覚では、ほとんどの国でWiFiを使うことができました。

そういった意味では日本に一時帰国した時が、WiFiを利用できるカフェや施設がまだまだ少なくて日本が一番不便を感じました。

マイナス面としては、宿やカフェなどのWiFiがある場所でしかインターネットを利用することができないという点です。

いま僕たちが滞在しているフィリピンも多くの場所でWiFiを使うことができます。

フィリピンに英語留学で訪れる場合もこの方法で不便を感じることはないです。

海外対応のモバイルWiFiをレンタルしていく

次にご紹介するのが「海外対応のモバイルWiFiを持っていく」方法です。

海外対応のモバイルWiFiを持っていくことで宿やカフェなどのwifiに頼らなくてもインターネットが使えます。

海外で仕事をするなどネット環境を常に整えておきたい方におすすめです。

最初にご紹介させてもらった宿やカフェのWiFiはもちろんない場所もまだまだありますし、あっても通信速度が遅い、安定していないなどの場合もあります。またカフェなどでもWiFiの利用制限時間が決まっていることもあります。

仕事に支障をきたさないためには海外対応のモバイルWiFiを持っていく方がよさそうですね。

タビワライフ
マイナス面としては、レンタル料金がかかるという点です。

携帯会社が提供する海外パケットサービスを利用する

この「携帯会社が提供する海外パケットサービスを利用する」方法は日本で契約しているau(エーユー),docomo(ドコモ),softbank(ソフトバンク)など各携帯電話会社によってサービス内容が異なります。

利点としては、日本で利用している携帯電話番号を使って海外からでも国際電話ができることです。

もちろん宿やカフェなどのWiFiに頼らなくてもインターネットを利用することもできるため、日本で利用している状況と一番近くストレスなく携帯電話を利用できます。

通信は安定する分料金としては一番高くなります。

現地でSIMカードを購入して利用する

最後にご紹介するのが「現地でsimカードを購入して利用する」方法です。

SIMカード?名前は知ってるけど・・という方も多いと思いますので簡単に説明させていただきます。

simカードは旅行先などの空港や売店で購入できて、基本的にはプリペイド式となっており自分が使いたいプランを選べます。

プランによって、番号を取得して電話ができるものとインターネット利用だけのもの、またインターネットの利用限度なども選択可能です。

プリペイド式であれば使い過ぎてしまう心配もなく、ネット回線もその国のものを利用するため比較的安く利用できます。

タビワライフ
僕たちもオーストアラリアでワーホリをしていたときはこの方法を使っていました。

ワーホリではボスからの連絡を受けるためなど携帯電話番号が必要です。
現地で仕事をするなどの場合には一番適した方法だと思います。

しかし、現地のSIMカードを使うためにはSIMフリー、もしくはSIMロックを解除した携帯電話である必要があります。

SIMロックとは?
あらかじめ指定されたSIMカードしか認識せず、その他のSIMカードでは携帯電話を利用できない状態を言います。
そのため、SIMロックされた携帯電話で違うSIMカードを使って利用したい場合はSIMロック解除の手続きが必要になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
携帯電話やインターネットは日々変化しています。

たくさんの情報があって難しい、よくわからないという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、その変化のおかげで日本と海外の違いみたいなものはどんどんなくなってきています。

携帯電話やインターネットを正しく活用して、安全で楽しい旅行をしてください。

水没は自分のせいですがスリ、盗難にあった場合は海外旅行保険で保証してもらえるので保険に入る予定がなかった方もクレジットカードは留学前に発行しておいてください。

無料で海外旅行保険がついてくるクレジットカードを1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめで紹介しています。

フィリピン・セブ島でSIMフリーのiPhoneを水没させた悲しい人の記事は、フィリピン留学中に携帯が水没!?直るのか修理屋さんに行ってみた。です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

タビワライフ

旅 × 笑 × 人生 をテーマに900日間「新婚旅行で世界一周」の旅を出かけた29歳同士の夫婦。世界中を2人で旅しながら、強くて優しい夫婦を目指す。これからも2人の旅は続き、「死ぬまで新婚旅行」を実践中!

英語を使いこなす、2カ国留学

1年で英語を使いこなして、将来に繋がる英語力を身に付けたい方に2カ国留学をおすすめしています。毎月人数限定で説明会を東京・大阪で開催してます。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>