留学中に熱が出た時にすると良い4つの対策【早急に対応しよう】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

やばい!留学中に熱っぽい。風邪ひきそう。こんな時はどう対応したらいいんだろう。って疑問を解決します。

結論から言うと、あまり無理をせずしっかりと睡眠を取り、体調が悪くてかなり辛い場合、病院に行った方が良いです。

この記事の内容
  • 留学中に熱っぽいと時の対策
  • 留学中に風邪をひいた時にあると便利なもの

 

この記事を書いている僕は、過去にフィリピン・セブ島で2回の留学経験があり、現在もセブ島の語学学校ETHOS(エトス)で働いています。

そして、風邪をひきやすい体質なので、海外でもよく風邪を引いてしまい、5回は病院に行ったことがあります。

海外で風邪を引くと、「変な病気にかかってないか….」「帰りたい」とネガテイブな思考になりがちです。

でも大丈夫!こういった背景の僕が、留学中に熱っぽい時にした方が良い対応などを解説します。

留学中に熱が出た時にすると良い4つの対策

下記のとおりです。

  1. 無理をせず早く寝る
  2. 水をたくさん飲む
  3. 栄養をしっかりとる
  4. 病院に行く

 

一つずつ詳しく解説していきます。

無理をせず早く寝る

あなたは留学中なので、勉強に追われていて休んでる暇はないから、少し熱っぽいけど頑張ろう!と思ってるかもしれませんが、熱っぽい場合はしっかりと睡眠を確保しましょう。

睡眠時間が少なくなると、風邪が長引いたり、悪化する可能性もあります。

少し熱っぽい時は、8時間以上の睡眠をとると次の日体調がよくなっていることもあります。

元々、睡眠時間をしっかり確保できていない方は、睡眠時間をしっかり見直しましょう。

水をたくさん飲む

風邪を引いてる時は、発汗するため脱水症状になりやすいので、こまめに水分補給する必要があります。

闇雲に水を飲むのではなく、少しずつ適度に水分補給してください。

この時に、水ではなくゲータレードやアクエリアスと言ったスポーツドリンクがベター。

海外留学先でも、スポーツドリンクは売っています。

栄養をしっかりとる

食欲も無く体が弱っていて食事をする気にもならない時でも、しっかりと栄養を取りましょう。

重いものではなくて、スープ類やフルーツの方がベター。

僕は、熱っぽい時には、いつもより栄養価の高い食べ物を食べるようにしていますが、そうすると次の日、体調が回復している時もあります。

何事も、事前に対策をしておくと良い方向に進みます。

病院に行く

しっかりと睡眠もとって、栄養も補給しているのに体調がよくならない場合は、病院に行って診察してもらいましょう。

病因に行けば、医者が診察してくれて薬も処方してくれます。

やはり、薬を使うと辛かった風邪も、ピタッとよくなるので、自分で直そうとせず、医者に頼りましょう。

海外に医療費は高いです。あなたは海外保険に加入していますか?

クレジットカード付帯の海外保険を持っている場合、海外で無料で診察を受ける事ができます。海外保険付帯のクレジットカードは【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめで解説しています。

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

日本から留学先に持ってきた方がいいもの

熱っぽい時に、食料や水を買いに行くのって正直しんどいです。

ですので、日本からお味噌汁やおかゆなどを準備しておくと良いですよ。

僕が留学に持っていった方がいいと思うものを下記に紹介します。

おかゆやお味噌汁

おかゆは電子レンジで温めればすぐに食べられるもの、お味噌汁はお湯を入れればすぐに飲めるものです。

保存方法も簡単ですし、かさばらないので留学先にも持っていきやすい。

しかも、風邪を引かなくてもたまに、お味噌汁は飲みたくなります。

海外ではハイカロリーな食事が多く、あっさりとしたおかゆも普通に食べると美味しい!

今は、美味しいおかゆが日本のスーパーにたくさん売っているので、選ぶのも楽しいです。

胃薬

風邪を引いて胃が荒れる場合もありますし、食事が重くて日常から胃が荒れてしまう方もいるでしょう。

そんな時に胃薬はかなり役にたちます。

特に胃持たれをしやすい人は、胃薬を持っていくようにしてください。

なぜ、風邪を引いたか振り返ってみよう

僕が留学中に風邪を引いてしまった原因をあげると下記のようになります。

  • 遊びすぎて睡眠時間が少なくなった
  • 寝る時に冷房の温度を下げすぎた
  • ジャンクフード中心で栄養が偏った

 

なぜ、風邪を引いてしまったかを振り返ると原因が分かり生活を改善できるのでおすすめです。

まとめ

留学中に熱っぽくなったら、無理をしないので睡眠と栄養をしっかりとりましょう。

体調が優れない場合は、病因に行って診察してもらいましょう。

一番大事なのは、留学生活に集中するために風邪を引かないようにすることです。

健康的な体を保つには、適度な運動も必要です。

留学中にできる運動は下記の記事で紹介しています。

留学中に運動をして健康的な体を!【セブ島で出来る運動を紹介】

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら