「インタビュー:メルジン」SSPや観光ビザ申請をするフィリピン人スタッフ

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

留学生のビザ申請業務を担当してくれているメルジンにインタビューしました!

メルジン
留学生のビザ申請業務を担当しています、JLPT(日本語能力試験)5級を取得していて、月1回セブ島で行われる、日本語勉強会にも参加している勉強熱心なスタッフです。

「インタビュー:メルジン」

ーETHOSでどのくらい働いていますか?

7年間働いています。ETHOSが始まってからです。

 

ー長いですね。ETHOSで働く前は何をしていましたか?

イミグレーションのエージェントをやっていました。

ビザの取得をサポートしていました。フィリピン人のナースやエンジニアが海外で働くための手伝いです。また、観光ビザ取得の手伝いもしていました。大使館で働いていたのではなくて、エージェントです。

 

ーオフィスは何処にあったのですか?

マンゴー(笑)

 

ーパーティーする場所ですね(笑)

(笑)

 

ーでも、今はマンゴーアベニューも落ち着きましたよね。

確かに。でも、まだ騒がしいですよね。

 

ー前の仕事はどうでしたか?

とても大変で疲れました。

なぜなら、8時間勤務だったのですが、一人につき1日20人の顧客対応しなければいけません。1ヶ月だと400人近く対応するんです。なので、8時間労働と言っても、残業がありました。

 

ー大変すぎですね。

ーETHOSの仕事は前職と比べてどうですか?

ETHOSは前の会社と比べるとユニークな会社です。

なぜなら、クリスチャンファミリーですし、オーナーのバリーとシャリーのことは2006年から知っています。

私は2006年からバリーたちのチャーチメンバーです。そのときにバリーとシャリーがセブ島でビジネスを始めると話しを持ちかけてくれました。

それが語学学校です。最初はバリーの家でタランバンでした。2014年にマンバリンに移動してきました。隣に会ったバイブルスタディーセンターを覚えてる?

ーはい。

そこをETHOSに使っていました。

 

ーETHOSでは具体的にどんな仕事をしていますか?

仕事の書類を作成したり、整理したりしています。年に1回膨大な書類を作成して提出しなければいけなかったりします。

 

ーSSPや観光ビザの申請もやってるんですよね。

そうです。申請する前も書類をまとめたり結構大変です。

会社に一人、ビザの申請をする人を一名登録しなければいけません。私はそのIDも持っています。IDが無ければ、生徒のビザを申請する事が出来ません。

語学学校の規模が大きいと、学校内にIDを持っている人が2名必要です。ETHOSは小規模なので、いまのところ1名で十分です。生徒からは、お金を集めて、写真を撮り、書類をまとめてイミグレーションに行きます。

 

ー僕は観光ビザ申請のために、イミグレーションに行った事があります。その時は長蛇の列で申請のために長時間待ちました。もし、ジェーンのようにIDを持っていたら、早めに申請手続きをしたりしてくれますか?

ファストパスのようなものは無いので、通常通り列に並びます。

 

ーイミグレーションの申請をしてから、パスポートを受け取るまではどれくらいですか?

彼らはいつもポリシーを変えます。

当日にパスポートを受け取れるときもありますが、時々当日にパスポートが受け取れず、違う日に再度イミグレーションに行き、パスポートを取りに行く事もあります。

 

ーメルジンの母のマズは平日、食事を作って学校に持ってきてくれますよね

他に用事が無ければ料理を作ってくれますね。

 

ー今朝もETHOSに来てくれましたが、その後どこかに料理を売りに行くんですか?

そうです。私が働いていた前の会社に売りに行きます。

 

ー次の質問です。留学生と話す機会はありますか?

時々ですね。なぜなら、大抵はオフィス内で仕事をしているからです。必要な書類を作成するために、バリーと話したりもします。

 

日本人とフィリピン人の違いについて

ー日本人とフィリピン人では違いがありますか?

一般的には親切です。フィリピン人もまた親切です。(笑)

 

ー僕の意見は、フィリピン人の方がフレンドリーでホスピタリーともあると思うけど、フィリピン人は時間を全く守らないと思います(笑)

日本人は15分前くらいに待ち合わせ場所に行くんですよね。確かにフィリピン人は時間を守らないかもしれません。(笑)

 

ーフィリピン人の場合だと1時間・2時間遅刻しますね(笑)

はい(笑)私はしませんよ(笑)でも一般的にはそうですね。

 

ーローカルの人と待ち合わせをするのは難しいです(笑)

ーでは、最後の質問をします。これから来る留学生に何か一言お願いします。

自分の家の様に留学生活を楽しんでください。

まとめ

生徒の大事なパスポートを持ってイミグレーションでビザの申請を代行してくれています。

お喋りも好きで、軽いジョークで大笑いしてくれる所も個人的に大好きです。ETHOSでジェーンに話かけてくださいね。

「インタビュー:ジョン編」フィリピンで発音クラスを担当して4年

「インタビュー:アイザ編」フィリピン・セブ島留学ETHOS校で働く日本語教師

アメリカ人の1日の食生活ってどんな感じ?1日密着してみた結果・・

「インタビュー:シャリー編」フィリピン・セブ島留学ETHOS校で働くアメリカ人講師の仕事

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界13カ国26都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS