「インタビュー:フェイズ」日本で3年働いていたフィリピン人スタッフ

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ETHOSで日本語を勉強していた生徒から、ETHOSの日本語教師スタッフになったフェイズにインタビューをしました。

日本で3年働いた経験もあるので、語学の学習方法なども聞きました。

フェイズ
最初はETHOSに日本語を勉強しにきました。その後、生徒から日本語講師になる。
JLPT4級を持っており、日本で3年間働いた経験もあります。趣味は食べること。自然が大好で海より山派。

「インタビュー:フェイズ」

Kan
では、よろしくお願いします!

ーどのくらいETHOSで働いていますか?

もう2年間働いています。

 

 

ー確か、最初はETHOSの生徒だったよね。

そうですね。最初はETHOSに日本語を勉強しに来ていました。幸いな事にそのままここで働く事になったんです。

 

 

ーどのような経緯で働く事になったんですか?

バリーからオファーがあったからです。

 

 

ーそうなんですね。日本語はどのくらい勉強しましたか?

以前に日本で仕事をした事があります。働く前はマニラで日本語を勉強していました。

日本で良い仕事に就く為には、高い日本語レベルが必要になるんです。なので、日本に行く前はマニラで勉強していました。

3年間日本で働いた後に、またETHOSで6ヶ月日本語を勉強しに来たんです。

 

 

ーまた日本で仕事をしたいですか?

もちろん!

 

 

ー日本で働く外国人労働者のビザに変更があったみたいですよ。

そうみたいですね。

以前は3年間だけ働けたんですが、現在は5年働けるようになったみたいです。日本の会社が仕事のオファーをしてくれれば働けます。就労ビザが必要なんです。

 

 

ー結構前に遡りますが、日本語を勉強するまでは何をしていましたか?

ミンダナオで妹と私で魚やお米を売ったり、ガソリンを売ったりしていました。

 

 

ーそれは会社とかではなくて、自分たちでやっていたのですか?

そうですね。

 

 

ーETHOSでは具体的にどんな仕事をしていますか?

フィリピン人に基本の日本語を教えています。彼らは、日本旅行に行きたいので基本的な日本語を勉強したかったり、日本人の親戚がいる人が勉強しに来ます。

 

 

ー彼らは日本で働きたいと思っていますかね?

もしチャンスがあれば、仕事したいと思っていますよ。日本で働くのに、日本語を勉強した事は強みになりますからね。

 

 

ーJLPT(日本語検定)を持っていますか?

はい。今は4級です。3級に挑戦したいんですが、苦戦しています。なぜなら、まとまった時間を勉強にあてる事が出来ないからです。

仕事をしてますからね。基本的に独学です。

 

 

ー勤務時間は8:30〜17:30ですよね。

そうですね。

 

 

ー仕事後は何をしてるんですか?

勉強って言いたいんですが(笑)ダストアレルギーがあるので、帰宅したらまず部屋の掃除をします。その後は夕食の用意です。洗濯をしたり。

時間が出来たら少し勉強します。

でも、次の日を考えて早めに寝る事が多いです。

 

 

ー何時に寝てるんですか?

22時か23時に寝て、朝は5時か5時30分に起きています。

 

 

ーはやくないですか(笑)

そうですね(笑)朝食を用意して、ランチも用意するので。忙しいです。

 

 

ーカルボンマーケットで買い物をしていますか?

ほとんどカルボンマーケットに行きます。なぜなら、スーパーで買い物するより安いからです。時間が無い時はスーパーで買い物します。

 

 

ーアイザもカルボンマーケットに行くと言ってました。

ほとんどの人かな。エイミーもジーナも行っています。

 

 

ー働いていて、留学生と話をする機会はありますか?

時々あります。

日本語のクラスを持っているので、フィリピン人の生徒に日本人留学生と接するようにはアドバイスをしています。ライブラリーは交流するチャンスですから。

 

 

ーバリーと昨晩ランゲージエクスチェンジの事について話しました。

また金曜日にやる予定です。1回目は成功しました。留学生とフィリピン人が出会う良い機会になったと思います。

 

 

ー僕は木曜日に帰るんだよね…(笑)

延長しなよ(笑)残念です。次は参加してください。無料でコーヒーやチョコレートドリンクも飲めるし。

 

 

ー次は参加したいです。食べ物などはありますか?

食べ物は無料では無いです。だって、ランゲージエクスチェンジ自体無料ですから。外部の人も参加するので、コストがかかりすぎてしまいます。

 

 

ー日本人に対して英語学習のアドバイスはありますか?

他の留学生と積極的に会話する事を心がけるようにしてください。日本人同士が一緒にいると日本語を喋ってしまいますよね。谷を覚えてる?

 

 

ー分かりますよ。

私は彼の性格や行動は良いと思うの。時間がある時は、フィリピン人スタッフに英語で話しかけたり、質問してきたりしたわ。

 

 

ー流石ですね。英語を喋るために大事なことだと思います。

そうですね。彼が、4ヶ月で英語が伸びたのを実際に見てるから。彼は間違いを気にしなかったし、間違いから学べる事が多いので良い事ですよね。

※関連記事※
タニヤくんがやっていた留学中の勉強方法はこちら

 

 

ー数日前に、タニのフィリピン人の友達に会ったんです。たまに電話するみたい何ですが、更に、英語力が伸びたと言っていました。

オーストラリアでも、ETHOSに居た時のようにたくさんの事を学んでいるようですね。

じゅんきも更に英語力が上がったような気がするわ。お喋りなる事はスピーキングを伸ばす為に重要な事だと思います(笑)

 

 

ー日本語はどうやって勉強したの?

ユーチューブや本を読んで勉強したよ。時々、日本人と会話したりね。

 

 

ー最後の質問をします。これから来る留学生の生徒に何か一言お願いします。

勉強の事ですか?それともセブ島での生活について?

 

 

ーどっちでも良いですよ。

目の前にあるチャンスは全て掴むようにしてください。特にETHOSでは。

なぜなら、木曜日にはカップケーキパーティーがあるし、パーティーの前にはケーキ作りも体験出来きます。パーティーにはたくさんの外国人が来るので、外国人と話すチャンスはありますよね。

※関連記事※
ホームステイのパーティーを全力で楽しもう!【まじで、チャンス】

恥ずかしがる必要はありません。まずは、話しかける努力をしてください。間違ってもそこから得られるものは大きいです。

恥ずかしがらないでね(笑)

たまに、カップケーキ前のケーキ作りに参加しない生徒がいますが、英語を使うチャンスを逃していますよね。チャンスを掴んでください!

コンフォートゾーンから抜け出す努力を!

Kan
ありがとうございます!

まとめ

フィリピン人も第一言語は英語ではありません。しかし、日本人よりは流暢に英語を話します。

勉強にいきずまった時などは、日本語と英語、ビサヤ後の3ヶ国語を喋るフィリピン人スタッフに相談してみるのもアリです。

今回は以上になります!

「インタビュー:キャリー編」フィリピン・セブ島留学ETHOS校に新しい講師が来ました!

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら