【セブ島留学】 女性に必要な服装をシーン別に女性が紹介!

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学生
セブ島留学中の女性は現地での服は何をきたらいいんだろう?

この疑問に答えます!

さやか
こんにちは、ETHOS(エトス)インターンのSAYAKAです。

セブが初めての東南アジアだったので、心配性な私はネットで検索しまくる&ETHOS卒業生のお友達やセブ経験者に聞きまくりました。(笑)

結論を言うとTシャツ、ズボン、ビーサンがあればとりあえず生活できます。(特に超短期留学の場合はこれで十分です!)

が、、、

きっとセブに行くからにはビーチ、アクティビティや、異文化に触れるという意味で教会などに足を運ぶのもかなりオススメです。

なので、プラスアルファでフィリピンでのTPO(場所によって適した服装)を8つのシーン別でご紹介します!

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートもしています。ホームページはこちら 

学校(授業中)での女性の服装

  • Tシャツ
  • パーカーの様な軽い羽織
  • リラックスできるパンツ
  • ビーサン

ほとんどの学校は冷房ガンガンです。

女性は特に冷え性な方が多いと思うので軽い羽織があると良いです。

私は最初ショートパンツで授業受けていたのですが、極度の冷え性なので油断してたらお腹痛くなりました。(笑)

途中からストレッチ入りのスウェットパンツの様な長ズボンに変えて、パーカーも羽織って自分で温度調節をする様に心がけました!

でも足元は面倒くさくてずっとビーサンでした。基本的には男女問わず何よりも楽チンな服装でリラックスして授業受けられると◎です!

留学生の体験談を見ると服装のイメージが湧きやすいと思います。
【関連記事】ETHOS(エトス)の留学体験談

教会での女性の服装

実は、フィリピン人の多くがカトリック教を信仰しているので、セブ島には皆さんの想像以上に大小合わせてたくさんの教会があります。せっかくセブ島を訪れるならぜひ一度は教会を訪れてみてください!

  • 肩が出てないトップス(Tシャツが無難です)
  • 長ズボン(Gパンでも大丈夫です)
  • できればスニーカー

神聖な場所なので、肌が出る服装では教会内には入れません。

ショートパンツで行ってしまった場合でも、まれに教会から腰に巻くスカーフの様なものを貸してくれますが、もしも行くことが分かっているならば予め長ズボンで行きましょう!

ビーチでの女性の服装

  • 水着
  • ビーサン
  • タオル(速乾性が◎大小あるといいです)

セブ島には綺麗なビーチがあります!せっかく南国に行くのなら、ぜひ立ち寄ってみてください! 日焼け止めは忘れずに!日焼けした後のジェルもあると◎です。

前インターンのさよこちゃんが留学生とビーチやオスロブへ行ったときの記事を見るとイメージが膨らむと思います。
【関連記事】セブ島の格安ツアー会社を使ってホワイトビーチへ!【最高・快適】
【関連記事】セブ島1日旅行!オスロブの後はキャニオニングがおすすめ

リゾートでの女性の服装

綺麗目な服装をしている方もいますが、基本的にはTシャツ短パンサンダル(ビーサン)で大丈夫だと思います。

女性なら南国で着られそうなワンピースなど持ってくると良いと思います♡

個人的にはヒールの靴は避けた方が無難だと思います。

アクティビティ(ハイキングなど)での女性の服装

  • Tシャツ
  • リラックスできるパンツ
  • 薄手の羽織

蚊やその他の虫に刺されることがあるので長ズボンの方が◎ 日本と同様に山の上は涼しいこともあるので羽織を持っていくといいでしょう!

ショッピングモールでの女性の服装

  • Tシャツ
  • 薄手の羽織
  • 短パン
  • ビーサン

とにかく外は暑いので軽装がおススメです! ビーサンでも◎ですが歩き慣れていない方は無難にスニーカーが良いでしょう。 ※教会に立ち寄る予定の時は服装に気をつけましょう。

モール内はクーラーがんがんかかっているので羽織があるといいです!

【関連記事】【全部紹介】SMシーサイドのおすすめレストラン一覧

街中散策での女性の服装

  • Tシャツ
  • 短パン
  • スニーカーorビーサン

ZUMBAでの女性の服装

ZUMBAは地域の公民館やスポーツジムで行われているダンスエクササイズです!
私たちの学校前のスーパーの駐車場でも週に数回、講師の方々を筆頭にバリバリ踊っています。

  • Tシャツ
  • 短パン
  • スニーカー
  • タオル

みなさんもストレス発散で試してみてください!水分補給は忘れずに!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

基本的には軽装で行動できるセブ島、ぜひおススメです!

もし持って行くのを忘れてしまっても近くのスーパーなどに売ってるので、快適に過ごせるように参考にしていただければと思います!

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS