【オーストラリア】国際免許証よりワーホリには書き換えがおすすめ

車で道路を走る

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

カズアキ
どうも、ワーホリでオーストラリアに一年滞在したカズアキです。
 
 
今回は車社会のオーストラリアへワーホリで行くにあたり、国際免許証を取得することは必要なのかどうかについて考えていきます!
 
結論から言うと、取得する必要はない!!!
と、個人的には思います。
 
この記事では、国際免許証よりも有効活用できるオーストラリアの免許証書き換えと、国際免許証の取得方法を説明します。
 
車を買う予定のないワーホリがほとんどだと思いますが、車を買う予定がない人もオーストラリアで免許を取る(超簡単です)方法だけは知っておいてください。
 
私は国際免許証の書き方だけ知りたいという場合は目次のワーホリでの国際免許取得方法をクリックすれば一発で飛びます。
 
 

 

ワーホリに国際免許証がいらない理由

パスポートと免許証の大きさがこんなに違うから、持ち運びに元気。

 
私がそう思う理由について簡単に書くと、
 
・日本の免許センターに行くのがめんどくさいし、お金も時間もかかる
 
簡単な必要書類(下記参照)があれば、すぐ現地の免許証を申請できる
 
・運転時、国際免許証と同時に携帯しなければならない物が多い
 (日本の免許証・パスポート・ビザのコピー等)
 
国際免許証は有効なIDにならない
 (どこへ行くのもパスポートを携帯しなければならない)
 
・州によって規則が異なり、例えばクイーンズランド州(もしくは全土の可能性も)では国際免許証を保持していても3ヶ月のみ有効とのこと。
 
しかし不確かな情報が多く、また警官も理解していなかったりするので、免許証の提示を求められた時には面倒な事になるかもしれない。実際に様々な情報がネット上で飛び交っているので注意。
 
といったところでしょうか。
 
 

オーストラリアの免許証を取るメリットはでかい!

 
車を買う予定がないに約100ドル(免許証申請手数料)の費用をかけ、領事館とトランスポートに行ってわざわざ申請するとか頭がおかしいと思うかもしれませんが、私は車を買う予定がなくてもオーストラリアの免許証をGETして欲しい!
 
なぜなら、これを手に入れると買い物やクラブ、カジノに行く時などにもパスポートを持って行く必要はありません!!!荷物も不安も減ること間違いなしです!
 
1年は滞在予定ならオーストラリアの免許証をGETして、より有意義なワーホリライフを送りましょう!
 
ただ、入国してすぐ車に乗る必要がある方、最初はホームステイなどで田舎に行くため領事館が近くにないといった人もいるので、オーストラリアでの申請方法と国際免許証の申請方法を両方紹介します!
 

超簡単!!オーストラリアの免許証申請方法(クイーンズランド州編)

オーストラリアの免許証

右上にカズアキ(KAZUAKI)って書いてあります。

 
まずは簡単な流れを説明すると、
 
  1. 必要書類を持って日本領事館へ
  2. 数日後領事館にて書類(書き換え)を受け取る
  3. トランスポートにて申請
 
こんな感じになります。
 
全て順調に申請できればだいたい3週間くらいで取得できます。
 

オーストラリアで免許証の取得に必要なモノ

 
では必要書類から。
 
(A) 日本の免許証・パスポート
(B) クレジットカード・現地銀行のカード・住所証明・翻訳(領事館で受け取った紙)
 
領事館に行く際は(A)が必要なモノです。
トランスポートに行く際は(A)(B)の両方が必要です。
 
住所証明は口座開設時に送付された書類や、TAXファイルナンバー発行時に送付された書類でオッケーです。
 
 

さっそく領事館へ

 
まずは日本の免許証を書き換えにお近くの日本領事館へ。
もちろん日本人ですのでスムーズに手続きできますよ。
 
これはブリスベンの領事館のURLですが、ここから他の都市のHPにも飛べます!(ウェブサイト内は全て日本語です。)
 
 

申請用紙に必要事項を書いて提出するだけ!

手数料現金22ドルは受取時だった気がしますが、心配な方は一応持って行って下さい。
 
申請後、いつ作成完了するか教えてくれるので数日後受け取りに行きます。
 
ちなみにですが、この紙があれば日本免許証、パスポート等を一緒に携帯していれば運転可能です!
 
そう、これが国際免許証が必要ないもう一つの理由です!しかも期限なし!!
 
持ち物は日本免許証とパスポートですよ!
 
 
住所:Level 17, 12 Creek Street, Brisbane QLD 4000
営業時間:午前9:00~午後12:00、午後1:30~午後4:00(休館日を除いて月曜日から金曜日)
 

次は書き換えのためトランスポートへ

 
領事館で書類を受け取ったら、必要なものを確認してトランスポートへ行きます。
 
 
クイーンズランド州のトランスポートHPです、参考までにどうぞ。
 
Driver Licence Application/Renewal という紙に必要事項を記載します。
 
書き終わったら、タッチパネルが入口付近にあると思うので、Licenceのとこを押してチケットを取り、自分の番号が呼ばれたら窓口へ。(銀行窓口のイメージ)
 
全てを提出し、有効期間を選択します。
 
セカンドビザ取得と2年間継続してオーストラリアにいる自信がある方以外は、とりあえず1年でいいんじゃないでしょうか。
 
手数料は71.20ドルでこちらは現金でもカードでも。
 
写真を撮って領収書を受け取って終了!
免許証は約2週間後に自宅に届きます!
 
 
住所:229 Elizabeth St, Brisbane City QLD 4000 オーストラリア
営業時間:月曜日–金曜日 午前8:30〜午後4:30
     水曜日  午前9:30〜午後4:30
 
 

免許証の書き換え時に気をつけてほしいこと

 
まずは、忘れ物がないか確認して下さい!営業時間も!二度手間防止!
 
次に写真についてですが、椅子に座らされて1回で終わります。
 
私は二日酔いだったので、めちゃめちゃ体調悪そうな顔になりました。笑
バッチリ決めたい方は注意して下さい!
 
写真撮影と一緒にパネル(ケアンズでは)に名前を書くのですが、その字も免許証の下部にそのまま反映されます。私は適当に書いたのでとても読めたもんじゃないことに。
 
以上、頭の片隅にどうぞ!
 
 

ワーホリでの国際免許証取得方法

 
国際免許証は運転免許センターもしくは運転免許試験場で即日発行できます。
 
警察署でも申請できるみたいですが、受け取るまでに約1〜2週間程かかるみたいです。
 
必要なもの
 
  • 免許証
  • 航空券やパスポートなど渡航を証明できるもの
  • 証明写真 縦5cm×横4cm
  • 手数料として2400円
以上です。
 
国際免許証の有効期限は発行日から1年間です。
まあ、オーストラリアでは上述した通り3ヶ月のみ有効という話はよく聞きます。
 
ですので国際免許証の有効期限は3ヶ月と考えておきましょう!
 
注意したい点は、滞在1年を超える場合で自分の免許証の有効期限が1年未満の場合は、先に自分の免許証を更新する必要があることです。
 
ただ、これに関しては私もそうでしたがシンプルに事前更新した方が賢明ですよね。
日本に帰ったら免許の期限切れてるとか、免許更新のために一時帰国なんてもったいなすぎます!
 
今から行く予定がある方は免許証の有効期限要チェックでお願いします!!
 

まとめ

 
この記事を書きながら、やっぱりワーホリに国際免許証はいらんな、と改めて思いました。もちろん超個人的な考えですが。
 
私は入国して2ヶ月後くらいに取得したのですが、当時絶対に車を買う予定はありませんでした。まあこの数ヶ月後に買ったのですが、車の売買などについては別の記事みて下さい!
 
冒頭でも書きましたが、酒やタバコを買う時、みんなでクラブ行く時、カジノ行く時などなど娯楽にはほとんどの場面でID(パスポート)が必要なんです。
 
 
パスポートは一番大事なもので、治安がいいオーストラリアとはいっても持ち歩かないに越したことはない!実際にパスポート失くした友達も何人かみてきました。
 
もしものために海外旅行保険に入っておくといいですね。1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめもよかったらみてください。
 
免許証なら財布にすっぽりです。お金が溜まって車を買いたい!って時もスムーズに話が進みます。
 
いかに条件の良い車が買えるかはタイミングが命!
免許証取るからちょっと待って〜とはならない場合もありますよ!
 
オーストラリアの免許証を取得して、楽しいワーホリを過ごして下さい!!

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

車で道路を走る

ABOUTこの記事をかいた人

カズアキ

セブ島留学、オーストラリアでのワーホリ経験者。ワーホリは大学三年次に一年間休学して行き、ケアンズからブリスベン、ゴールドコースト、シドニー、メルボルンと東海岸の主要都市を旅した。 特技は関西弁

英語を使いこなす、2カ国留学

1年で英語を使いこなして、将来に繋がる英語力を身に付けたい方に2カ国留学をおすすめしています。毎月人数限定で説明会を東京・大阪で開催してます。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>