留学中に単語帳は不要【紹介する単語で日常会話の85%カバー可能】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学中に単語張を使って勉強したいんだけど、単語張の種類がありすぎてどれを勉強したらいいか分からない。日常で必要な単語だけ効率的に覚えたい!そんな疑問に答えます。

結論から言うと、インターネットでみれる単語リストや日本で売っている単語帳は不要です。その代わりにフライリストと呼ぶ、アメリカ人が使う1000の単語を覚えた方が効率的です。

この記事の内容
  • 留学中に単語張が不要な理由
  • フライリストの使い方

 

この記事を書いている僕は、セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で働いています。働いて5年目になります。

一緒に働いている、ETHOSのアメリカ人オーナーである、Barry(バリー)が留学中に勉強するべき、1000の単語張(フライリスト)をくれたので、それを元に日本で売っている単語張は不要という事を動画付きで解説していきます。

フライリストと本を読めばOKです。

 

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

留学中に単語帳は不要

なぜ、留学中に日本の単語張が不要かという理由は下記の通りです。

単語張が不要な理由
  • どの単語帳が良い物か英語初心者には判断できない
  • 情報量が多すぎる
  • 覚えなくていい単語も多く混ざっている

 

あなたも学生時代の勉強でこんな経験がありませんか?

 

Kan
ってかこの英単語将来絶対使わないよね・・・?

僕は、単語張に載ってるし、一応覚えておこうと勉強しました。ですが、今まで一度もその単語を使った事がありません。

日本語にも、同じように普段は絶対使わない単語ありますよね。例えば、

遠人(とおひと)=遠くにいる人
花魁(おいらん)=上位の遊女

こういう単語は覚えなくてOKです。

でも、フライリストの単語はアメリカ人が日常会話で100%使う単語なので、無駄を省いて効率的に勉強する事が可能です。

フライリストを勉強するメリット

下記の通りです。

フライリストを勉強するメリット
  • アメリカ人が普段使う1000の単語を覚えられる
  • 日常会話85%の単語を理解できる
  • 無駄なく効率的に勉強できる

 

そのフライリストはこちらから

アメリカ人が日常会話で使う1000の単語

あなたはこのフライリストをみてどう思いましたか?いくつか既に知っている単語があるでしょう。

僕は、中学で習った基本的な単語ばかりだなと思いました!

次に、このフライリストの使い方を解説していきます。

フライリスト(単語帳)の使い方

※日本語字幕を押してご覧ください。

下記に学長バリーがフライリストに付いて解説してくれている内容を書き起こします。

こんにちは。私は、セブ島にある語学学校ETHOS(エトス)のオーナー、バリーです。
多くの人が単語を勉強するのに「どうやって勉強したらいいか」を質問します。

そして多くの人が簡単に考え、オンラインで量の多い単語リストを見つけ暗記します。

または単語の本を購入します。生徒の中には、単語集を持ってきて、何時間も暗記している人もいます。

勉強できる単語の教材はオンラインには数えきれない程あります。

もっと大事な質問は、ボキャブラリーを増やすことによってスピーキング力を向上させるには?どうするか。答えは、とてもシンプルな事をする必要があります。

私たちは、それをフライリストと呼びます。フライリストは、毎日の会話の中で、最も一般的に使われる1000の単語集です。

1000の単語を勉強して、どうやって使うのか分かれば一般的なイングリッシュスピーカーが話す85%の内容を理解する事が出来ます。

問題はフライリストをみたときに、単語の「A」や「THE」を見つけて、私はこれらの単語を知っている。と思うでしょう。それは良い事です。あなたはもう既にそれらを知っているのですから。

なぜなら、もしそれらの単語を知っているなら、もっと違う単語を勉強して、英語力を向上させる事が出来るからです。

でも、あなたはそれらの単語を単純に「THE」や「A」「AN」と認識するだけという意味ではありません。

どうやって単語を使うのか知る必要があります。

外国人にとって日本語を勉強するのは難しいです。漢字とかね。小さな漢字一つに、10〜15の可能性を秘めていますよね。

フライリストにもたくさんのスモールワードがあります。「AN」や「AT」「THE」のような。
でも、いくつかの英単語には、漢字のように複数の意味が含まれている可能性があります。

そして、英語を話せるようになりたければ、あなたは複数の意味を勉強しなければなりません

単語を勉強してください。でも、最初はフライリストを勉強しましょう。

フライリストを勉強すれば、あなたの英語力を向上させる手助けになるでしょう。

 

動画でも説明している、フライリストはこちら↓↓

アメリカ人が日常会話で使う1000の単語

 

もっと多くの単語を効率的に勉強する方法(スピーキングも向上します)

※日本語字幕を押してご覧ください。

ここでは書き起こしは省略しますが、動画では本を読む事によってたくさんのメリットがある事を解説してくれています。

本を読む事のメリット
  • 本を読むと新しい単語を発見できる
  • 正しい文法を身につける事ができる
  • 何度も本を読む事によって理解が深まる

 

ぜひ、自分のレベルに合った本を手にとって勉強してください。

こちらの動画でバリーが言っているように、

あなたがもし100冊以上の本を読んだ時の事を想像してみてください「どのくらい英語力が上がっていると思いますか?」

さあ、本を手にとって勉強してください!

今回は以上になります。

下記の記事に、文字ベースで読書をすると英語力が上がる理由について書いているのでご覧ください。

留学中は読書をすると英語力があがります【プロのアメリカ人が語る】

留学中は読書をすると英語力があがります【プロのアメリカ人が語る】

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら