nice to meet you と nice meeting you の意味の違い

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

動詞を動名詞(ing)として使う場合と不定詞(to + 動詞の原型)として使う場合では同じ動詞であっても、「過去」と「未来」、それぞれ正反対の意味を表すことを知っていますか?代表的な、Nice to meet you! Nice meeting you. でさっそく例をみて見ましょう。

Nice to meet you!(はじめまして!)は会った時

これは、恐らく多くの人が知っているフレーズですね。パーティなどで、はじめて紹介された相手に対してよく使うセリフです。ここでは「to meet」なので不定詞を使っています。不定詞は未来(or 1回だけのこと)を示唆するのでここで新しくお会いできてよかったという意味になります。

それでは以下の表現は、知っていますか。

Nice meeting you.(出会えてよかったです。)はさよならのセリフ

これは、初めて会って、その後、「さよなら」を言うときのセリフです。このフレーズは「meeting」と動名詞になっています。動名詞は過去(or 繰り返し起こること)のことを示唆するので出会えてよかったという意味になります。

つまり、以下を覚えておくと便利です。

不定詞(to + 動詞の原型):未来や、1回限りのこと
動名詞(ing):過去や、繰り返し起こること

たまに、さよならの際にNice to meet you. ともう一度言ってしまったり逆に初めて会ったその時にNice meeting you. と言ってしまっている人を見かけます。

または、その2つは同じ表現だ、と間違って解釈している人もいました。もちろん、ネイティブや周りの人は正しく置き換えて聞いてくれるでしょうけど、ここでこの2つの表現の違いを整理しておきましょう。

不定詞と動名詞のルール

動名詞と不定詞

Don’t forget to lock the door.(ドアに鍵かけるの忘れないでね。)

この不定詞と動名詞のルールは他でも活用できます。以下の文章を見てみましょう。

Don’t forget to lock the door.(ドアに鍵かけるの忘れないでね。)

ここでは、不定詞(to lcok)なので未来のことです。まだ鍵がかかっていない時に、帰るときに(未来)、鍵をかけてねということです。

「鍵をかけ忘れた」と「鍵をかけたかどうか忘れた」の英語での違い

それでは以下の違いがわかりますか?

1.I forgot to lock the door.

2.I forgot locking the door.

1つ目の文章だと鍵をかけなければいけなかったこと(未来)を忘れたという意味になるので「鍵をかけ忘れた」という意味です。つまり、そのドアに鍵はかかっていないのです。

それに対して2つ目の文章は鍵をかけたかどうかという行為(過去)を忘れたという意味ですので「鍵をかけたかどうか忘れた」という意味です。つまり、そのドアに鍵がかかっているかいないかわからない状態です。

ただし2つ目の文章は不定詞と動名詞の違いを説明するために併記したので少しマイナーな言い方かも知れません。

より自然に「~した(過去)ことを忘れた」と言いたい場合は

I don’t remember locking the door.

I forgot if I locked the door.

この2つの表現がより自然です。I don’t remember –ingI forgot if I…は、非常に使いやすい表現ですのでこちらも合わせて覚えてしまいましょう。

なんとなく、不定詞と動名詞の違いは理解できましたか?このような見落としがちな、英語のニュアンスをひとつひとつ理解していくと、英語の言語という面白さも見えてきますよ。

 Nice meeting you. の返事は? 

Nice meeting you. が別れの際に言うセリフと言うのは前述した通りです。じゃあ返事はどうやって返すのかと言うと、You too.same here. などが一般的です。

Barry
Nice meeting you.
Shari
Same here.

It was nice meeting you again. は何て意味?

Nice meeting you. にagainがついた(It was )Nice meeting you again. は「また出会えてよかったです。」となります。

また会った時の帰り際にすかさず使ってみてください。小慣れ感がでますよ。

まとめ

特に今回の不定詞と動名詞に関してはforget, remember, try, like, regretなどの目的語として使われる場合に注意して見てみましょう。きっと

不定詞:(to + 動詞の原型)未来や、1回限りのこと
動名詞:(ing)過去や、繰り返し起こること

という基本的かつ重要な動詞の性質を徐々に自分のものにしていけると思いますよ。

また、不定詞とか動名詞って英語で何て言うの?という場合は「英語学習に必要な英単語48」を読むと理解できますよ。

ぢゃ!

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

ippei

自分の厄介な好奇心と日々葛藤しています。アメリカ在住10年。外資系企業3社。福生でC2GIという英会話/日本語スクールを運営しています。街で見かけたら、声かけてね(笑)

英語を使いこなす、2カ国留学

1年で英語を使いこなして、将来に繋がる英語力を身に付けたい方に2カ国留学をおすすめしています。毎月人数限定で説明会を東京・大阪で開催してます。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>