「特に何も」は英語でなんて言う?使える表現7選

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

特に何もと言いたい人
外国人のHow was your weekend?(週末どうだった?)と聞かれたので「特に何もしてません」と英語で答えたいです。

「特になにもする予定ないです/特になにもしなかったよ」と英語で答えて「あなたは?」と聞き返したいです。

かずき
結論から言うと、「特になにもありません」は英語で、

 

  • Nothing special.
  • Nothing in particular.

 

などが使えます。

また、「特になにもしてないよ」は英語で、

 

  • Not bad.
  • Just the usual.
  • I didn’t do anthing special.

 

などが使いやすいです。

「特になにも」は日本語でも良く使う表現ですが、詳しいニュアンスの違いなどは本文で説明します。

この記事の内容
  • 特になにもは英語でなんて言う?

 

どーも、かずき(@Kazki413)です。

この記事を書いている僕はワーホリ、フィリピン留学の経験者です。

現在はフィリピンでホームステイ実績No. 1で、ワーホリ・2カ国留学が得意なETHOS(エトス)で留学生のサポートをしています。

海外に行くと「週末どうだった?」、「学校どうだった?」と日本より聞かれる回数が格段に高くなって留学当初の僕は(いやそんな毎週毎週なんも変わんないからなぁ…)と文化の違いに戸惑っていました。

この記事では特に何もしない/しなかったの英語表現をお伝えします。

効率よく英語を覚えたくありませんか?

多くの方が、実践で使わない意味のない「単語」や「英文」を覚えるのに人生の貴重な時間を費やしています。

効率よく最速に英語力を上げる方法は、ネイティブが実際に使う「単語」を覚える事が大事です。 実はアメリカには「1000単語を理解すれば英文の85%を理解できる」と言われているFry word list(フライリスト)があります。

その1000単語リストをプレゼントします。

「特に何も」は英語でなんて言う?使える表現7選

僕がはじめてオーストラリアで生活したときに困った週間のひとつに「How was your weekend?」と毎度毎度聞かれることです。

日本では毎週月曜日にそんな質問されることはまずなかったので(え?いや、別に何もしてないっすよ寝てただけだし…)と困っていましたが、How was your weekend?は習慣です。

そんなわけで「特に何も」を英語で答えられるよにしておくと便利です。

 

  • 週末どうだったかを聞かれた場合
  • 週末なにするかを聞かれた場合

この2パターンで考えてみようと思います。

週末どうだったかを聞かれた場合

週末どうだったか、学校がどうだったかなどをを聞かれた「特になにも」と英語で表現したい場合は以下の通りです。

Not bad.
(悪くなかったよ)

Just the usual.
(いつもと同じだよ)

I didn’t do anthing special.
(特になにもしなかったよ)

I just stayed home and relaxed.
(家でゆっくりしてたよ)

特に何もしていないわけなのでこのような表現が適切です。ただし、How was your weekend?は挨拶の一種でもあるのでここから、コミニケーションを取るのが大切です。

例えば上の例文をつなげて、Not bad, Just the usual.(悪くなかったよ、いつも通りだよ。)と英語でいってから相手の週末はどうだったのか聞き返せるといいですね。

Just the usualは良く使う表現で特になにもせず、いつも通りのことをした/するときに使えます。

週末なにするかを聞かれた場合

また今週の週末や、明日、明後日など今後(未来)の予定を聞かれて特に何もする予定がないときの英語の答え方は以下の通りです。

Nothing special.
(特になにもないよ)

Nothing in particular.
(これと言って特になにもないよ)

Nothing much.
(変わりないよ)

すべての表現にnothingが付いていますが、それ以降がspecial(特別)だったり、particular(特定)なのでNothing special(特別なことは何もない=特に何もないよ)ですし、Nothing in particularは(特定のことは何もない=特に何もないよ)となります。

日本では「週末どうだった?」と聞かれることがないので「特に何も」と答えがちですが、オーストラリア留学中は「特に何も」で終わらすわけにはいきません。

こうやって言葉から文化を覚えて行くのが留学の醍醐味でもありますね。

 

「特になにも」の英語例文

ここまで紹介した「特になにも」の英語表現を使って例文を作って見ました。

What are you up to after school?
学校終わったあと何するの?

Nothing in particular. Just the usual.
特に何もないよ、いつも通り。

What did you do today?
今日何したの?

Nothing much. I was watching netflix all day.
特に何もしてないよ。1日、Netflix見てた。

 

What are you doing this weekend?
今週末は何するの?

Nothing special.
特に変わった事はしないよ。

この例文をもう少しだけ会話っぽくするとこうなります。

留学中にも使えそうですね。

Hey! What are you doing this weekend?
(今週末は何をするの?)

Nothing special.
(特に何もないよ)

Do you wanna go shopping?
(買い物でも行く?)

Sure!
(いいね!)
 
 
ぜひ、特に何もを英語で交えて使ってみてください。

(おまけ)特にありませんは英語で?

まとめると週末の際に聞かれた「特に何も」は英語で、

  • Not bad.
  • Just the usual.
  • I didn’t do anthing special.

このように答えることがあります。

これ以外のシチュエーションでホテルのスタッフなどに「何か質問はありませんか?」と聞かれた場合は英語で、I’m OK.(大丈夫です。)と答えればOKです。

レストランで店員に、Is that all?やAnything else?Will that be all?(他にご注文はありませんか?)で聞かれた場合はThat’s all.(これで全部です。)と答えればOKです。

こういった表現はひとつでも覚えておくと便利なので「特に何も」の英語表現もまずはひとつ覚えてみてください。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

英語を使いこなす、2カ国留学

1年で英語を使いこなして、将来に繋がる英語力を身に付けたい方に2カ国留学をおすすめしています。毎月人数限定で説明会を東京・大阪で開催してます。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>