フィリピンのクレジットカード事情【現地で使えるカードも紹介】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピンに行く人
これからフィリピンに行きます。

そこでフィリピンではクレジットカードが浸透しているのか、どんな所で使えるのか気になっています。

日本のように問題なく使用する事ができますか?

誰か教えてください。

こんな疑問に答えます。

Kan
結論から言うと、フィリピンは日本よりクレジットカードが浸透していなく、まだまだ現金主義です。

しかし、フィリピンでも日本人が観光に行く場所はクレジットカードが使用できます。しかし、注意点もあるのでこの記事で紹介します。

この記事の内容
  • フィリピンのクレジットカード事情
  • フィリピンで使えるクレジットカードのブランド
  • クレジットカードが使える場所・使えない場所
  • フィリピンでオススメのクレジットカード

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

仕事柄、フィリピンに滞在する事が多いので、フィリピン事情については詳しい方です。

こういった背景の僕が、フィリピンのクレジットカード事情について解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

すぐ届くPDFパンフレットの請求はこちら

ワーホリ・2カ国留学の無料相談会はこちら

フィリピンのクレジットカード事情

フィリピンでは富裕層と中間層を合わせても全体の10%。残りの90%は貧困層になっています。

フィリピンでは、

  • 富裕層→最強に金持ち
  • 中間層→日本では貧乏(年収約50万円)
  • 貧困層→究極に貧乏(年収数10万円)

 

上記のように、貧富の差が極端に激しいです。

 

僕は合計2年以上フィリピンに住んでおり、たくさん現地の友達がいますが、ほとんどの人がクレジットカードを持っていません。そして、銀行口座を持っていない人の方が多いです。

クレカを持っている人たちは、全体の数パーセントである富裕層限定になります。

なので、首都のマニラでさえも、全体を見ればまだまだ現金主義で、少し田舎に行くと全くクレジットカードが使えなくなりますが、中心地や観光地では割とカードが使えます。

フィリピンでは現金を持たずに、完全キャッシレスで生活するのは、まだまだ難しいです。

フィリピンで使えるクレジットカードのブランド

日本人が行くフィリピンの観光地セブ島や首都のマニラ中心地では、割とクレジットカードが使えます。しかし、カードのブランドによって使用不可になる場合もあります。

フィリピンで使えるクレジットカードのブランドは下記の通り。(上から使いやすいブランドになっています)

  • VISA
  • MasterCard
  • アメリカン・エキスプレス
  • JCB

 

フィリピンで生活をしていて感じますが、圧倒的にVISA対応している店舗が多く、アメリカン・エキスプレスとJCBは使用不可な店舗が少しあります。

なので、フィリピンに行く際はVISAのクレジットカードを持っていきましょう。

フィリピンでクレジットカードが使える場所

下記の通りです。

  • カフェ
  • スーパー
  • レストラン
  • ショッピングモール

 

これらは大体カードが使えるかなと言った所ですが、クレジットカード使用不可の場合もあるので、ある程度の現金を持ち歩くのは必須です。

ショッピングモールには店舗がたくさん入っており、店舗によって使えるクレジットカードのブランドも変わってくるので、念の為に、複数枚カードを所持しておくのが良いです。

僕はフィリピンに滞在する時は、外出時には2枚カードを持っていき、1枚は家で保管しておきます。家でカードを保管する理由は、紛失した時の予備カードです。

フィリピンでクレジットカードが使えない場所

下記の通りです。

  • 屋台
  • コンビニ
  • サリサリストア
  • ファーストフード店
  • ローカルレストラン

 

まずは屋台の説明から。

ナイトマーケットの屋台などではクレジットカードを使う事が出来ません。

上記はサリサリストア。日本の駄菓子屋と似ていて、お菓子や日用品なども売っています。

こちらもクレジットカードは使えません。

フィリピンにもマクドナルドやセブンイレブンがありますが、こちらでもクレジットカードの使用は不可になります。

これはローカルレストラン。

現地人が行くローカルレストランもクレジットカードの使用が不可になっています。

フィリピンの田舎はクレジットカードが使えない

田舎に行くとレストランやカフェでもクレジットカードが圧倒的に使いにくくなります。

世界的に有名な観光地の、エルニドやモアルボアルでもほとんど、現金でした。

フィリピンの田舎に行く方は、しっかりと現金を用意しておきましょう。

フィリピンではタクシーでもクレジットカードが使える(アプリ限定)

フィリピンでの一般的な移動手段はタクシーになります。

タクシーの初乗りは40ペソ(80円)と安く、乗車方法は日本と同じで、道路で手を上げてメーターを使って乗ります。

しかし、残念な事にフィリピンでは通常タクシーに乗るとぼったくりが多いです。

でも、タクシー配車アプリのGrab Taxi(グラブタクシー)を使って、事前にクレジットカード情報をアプリ内で入力しておけば、クレカ払いができてキャッシュレスで乗れます。

グラブタクシーを使うと、

  • キャッシュレスで乗れる
  • 料金が決まっているのでボッタクられない
  • 運転手の情報もスマホに入っているので安心・安全

 

上記の様にメリットしかないです。

フィリピンに行く前にグラブタクシーをダウンロードしておく事と、タクシーのルールについても知っておいてください。

フィリピンでATMは多く設置されています

フィリピンの空港、ショッピングモールなどの中心地などでは、数多くのATMが設置されているので、いつでもお金をおろす事が出来ます。(田舎にはATMも本当に少ない!)

フィリピン留学に行かれる方で、中期・長期滞在される方もATMを使ってお金の管理が出来るので安心してください。ですので、お手持ちのクレジットカードに海外キャッシング機能を必ず付けるようにしてください。

もし海外キャッシング機能が付いたカードを持っていない場合、留学におすすめなクレジットカードを紹介【複数枚がおすすめ】こちらの記事ではオススメのカードを解説しています。

ATMからお金をおろすと手数料250ペソ(500円)だけで、ボッタクられる心配は絶対ないのでオススメです。

しかし、250ペソの手数料が掛かるので、出来るだけ一度にまとめてお金をおろすようにしましょう。

フィリピンのATMでは一度にお金を降ろせる額は10000ペソ(2.3万円)が上限です。

ATMでの注意点

日本だとATMの中にお金が入っていない事はないですが、フィリピンだとATMの中に現金が入っていなくおろせない時があります。

しっかりと操作をしているのに、お金が出てこない時は、ATMにお金が入っていないので違うATMマシーンを使いましょう。お金が出てこないのに、自分の口座からお金が降ろされる事はないので安心してください。

稀にですが、クレジットカードがATMに吸われて出てこない時があるようです。このようになった場合は、ATMの会社に電話してカードを取り出してもらうのと、カードを一時的に停止した方が良いでしょう。

フィリピンでお金をおろしたら周囲も注意しよう

お金を下ろした後は一時的に大金を持っているので、周囲には注意してください。

フィリピンは気をつけて生活していれば快適に過ごす事ができますが、日本より治安は悪いです。

  • 周りに気をつける
  • 出来るだけ明るいうちに下ろす
  • 後ろに人がついてきていないか確認する

 

上記に気をつけてください。

フィリピンでオススメなクレジットカードを紹介

フィリピン旅行・留学に行く時は、複数枚クレジットカードを持っていきましょう。

万が一、紛失したり、磁気不良になった時に便利です。特に、僕自身、カードの磁気不良に何度かなった事あるので、1枚だけだと心配です。

では、最後にオススメのカードを紹介します。

下記の通りです。

 

一つずつ詳しく解説していきます。

その①:EPOS CARD(エポスカード) 

年会費は永久無料にも関わらず、下記のように充実したサービスがついています。入会金・カード発行量も無料なので、1枚作っておいて損はなく、これからフィリピンに行く人には得しかないです。

  • 入会金・年会費無料
  • お申し込み対象 18歳以上の方
  • ご利用可能額20万-30万(キャッシング)
  • 24時間日本語での対応可能
  • 海外保険は自動付帯

 

自動付帯の海外保険がついているので、エポスカードを持っていくだけで、90日間無料の海外保険がついてきます。

90日間の保険を普通に支払ったら、約5万円前後するので、圧倒的にお得です。

EPOS CARD(エポスカード)はこちら(※年会費永久無料)

その②:REX CARD(レックスカード)

REXは家族カードの年会費も無料です。そしてREXの還元率は1.25%と高額。

  • 年会費無料
  • お申し込み対象 18才以上
  • 家族カード最大3枚まで発行可能
  • キャッシング有り(年齢20歳以上65歳以下)

 

レックスカードで貯めたポイントをキャッシュバックとして使い、翌月の支払いから減らす事もできます。

また常に入会キャンペーンをやっている印象なので、お得にカードを発行して特典を受け取りましょう。

REX CARD(レックスカード)はこちら

その③:三井住友クラシックカード

  • 初年度は0円
  • 海外保険付帯
  • ショッピング保証最大100万円
  • 対象店舗はポイント5倍!!(コンビニなど)

 

僕も三井住友クラシックカードを利用していますが、かなりポイントがたまりやすいです。

たまったポイントは、アマゾンポイントに変えたり、マイルに変えられるのでかなり便利です。

インターネット申し込みに限り、初年度0円になっています。翌年からは、税抜1,250円+税掛かるので、費用を掛けたくない人は、フィリピンに行った後に解約するのもありです。

三井住友VISAカードはこちら (※多くの方に選ばれています)

 

上記で紹介したカードは全て海外保険付帯のクレジットカードになっています。海外保険適用は90日間と言いましたが、ある裏技を使う事によって、無料で延長する事も可能です。その方法については、【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめで解説しています。

まとめ(フィリピンのクレジットカード事情)

フィリピンはまだまだ現金主義で国民にクレジットカードが普及していません。

しかし、日本人が行く観光地だったり、中心地では、VISA、MasterCard、アメックス、JCBの順でクレジットカードが使いやすいです。

また、フィリピンの田舎では、ほとんどカードは使えず現金なので注意してください。

フィリピンに行く時は、上記で紹介した3枚のクレジットカードを持っていきましょう。

今回は以上です!

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国28都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS