フィリピン・セブ島でATMの使い方・お金のおろし方【超簡単】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学する人
これからフィリピン・セブ島留学する予定です。

留学先に現金をたくさん持って行くのが不安なので、ATMからお金をおろして使いたいと思っています。

どんなキャッシュカードがおすすめか。お金の引き下ろし方も知りたいです。

どなたか教えてください!

 

こんな疑問に答えます。

Kan
結論から言うと、国際キャッシュカードを使えばOKです。

24時間、簡単にATMからお金をおろす事が可能です。

この記事の内容
  • フィリピン・セブ島でATMの使い方・お金のおろし方

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

フィリピン渡航回数は20回を超え、毎回、空港やショッピングモールのATMを使ってお金をおろしているので、かなり詳しい方だと思います。

こういった背景の僕が、フィリピン・セブ島でATMの使い方・お金のおろし方について解説します。

フィリピン留学で失敗しない為に

フィリピンに語学学校が多すぎて何処の学校を選んだら良いか分からない…..。

夢の留学なので「失敗したくない」……と思っていませんか?

そんな人のために【失敗しない】フィリピン留学のガイドブックを用意しました。

これを読めば、自分に合った語学学校を選べるようになります

フィリピン・セブ島でATMの使い方・お金のおろし方

下記のカードを使えば、フィリピンのATMからお金をおろす事ができます。

  • 新生銀行
  • セブン銀行
  • 国際キャッシュカード

 

この中では、圧倒的に国際キャッシカードを使うのがおすすめです。

僕が愛用しているカードは、三井住友の国際キャッシュカード、エポスカードを使っています。この二つはキャッシング機能にプラスして、海外保険も付帯しているので、かなり優秀です。

 

上記、インターネットで簡単にクレカを作るので、渡航前に必ずクレカを発行しておきましょう。両方とも無料です。

プラスマークが大事

写真のように「Plus」マークが記載されていますが、Plusが対応しているATMを探してください。(ほとんどのATMで対応されています)

「Plus」マークが記載されていないATMの場合使う事ができません。

フィリピン・セブ島でのATMの使い方

まずはATMを探しましょう

ショッピングモールや空港には大体ATMがあります。

外にもATMがある所もありますが、安全性を考えてショッピングモール内が無難です。

基本的に商業施設内にATMは必ずあるので、探すのには困らないでしょう。

対応しているカードが載っています。

最初はこの画面で「Welcome」と表示されています。

キャッシュカードを入れます

言語はもちろんENGLISHを選択

フィリピンだと「日本語」は無いので「英語」を選択して進んでいきます。

SAVINGを選択

WITHDRAWで引き出し金額を選択

10.000ペソ(約23000円)が一度に引き出せる限度額です。

「250ペソの手数料がかかりますけど良いですか?」の画面でYESを押す

一度お金を引き出すのに250ペソ(約560円)かかるので、10000ペソ引き出すのが良いですね。

1000ペソ(約2100円)引き出すのに、毎回250ペソの手数料を払うのは勿体ないので、1万ペソおろすのが得策でしょう。

キャッシュカードの暗唱番号を入力

念の為、自分の暗証番号をみられていないか周囲を確認してください。

ATMからお金の引き出すが完了

無事にフィリピンのATMから10000ペソ引き出せました。

最後にレシートも出てくるので念のため保管しておきましょう。

フィリピンのATMを使う際の注意点

  • 外の24時間使えるATMは安全面を考え使うのを控える。
  • ATMにお金が入っていないと使えない事もある。
  • 最後にキャッシュカードを忘れないようにする。

 

日本では考えられませんが、ATMにお金が入っていないためにお金を引き出せない事もあります。特にフィリピンの給料日である、15日と30日はATMの前が長蛇の列になるので、お金が無くなる場合があります。

ATMにお金が入ってない場合は、何度やってもエラーになります。「ATMにお金が入ってません」と画面には表示されないので注意してください。

エラーが続いたら、他のATMを探してお金をおろしてください。

ATMを使う際のトラブル例

キャッシュカードが機械から出てこない例もあるようです。もしカードが吸われてしまった場合、近くのガードマンや通行人に相談しましょう。

そして、キャッシカード会社に連絡して、迅速にキャッシュカードも止めてください。

BDOのATMが優秀です

ATMによっては対応していないキャッシュカードもあるのですが、BDOはほとんどのカードに対応しています。

BDOでは台湾のカードでもお金をおろす事が可能。

ATMを使える時間

ショッピングモールはモールの営業時間のみ。空港は24時間。外にあるATMも24時間使えます。

フィリピンにいる人
ATMが使えなくて困ってる・・・

フィリピンでこのような事はほぼ無いです。

 

(まとめ)フィリピン・セブ島ATMからお金おろせます

1分もあればサクっとATMからお金を引き出すことができます。

ATMを使うと手数料が250ペソ掛かりますが、悪質な両替所でお金を大量に換金して「損」するより全然お得です。

良くある失敗談として、キャシング機能がついていないクレジットカードを作って現地に持っていってしまう事。しっかりとキャッシング機能が付いているクレカを作ってくださいね。

今回は以上です!

 

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国28都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS