フィリピンでGRAB TAXI(グラブタクシー)を使えばさらに安心、安全!

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピンで使える配車アプリGRAB TAXI(グラブタクシー)の登録方法から、使い方まで知りたい。って疑問を解決します。

結論から言うと、グラブタクシーは絶対にダウンロードした方がいいアプリで、登録方法から使い方まで非常に簡単です。

この記事の内容

グラブタクシーの登録方法について
グラブタクシーの使い方

この記事を書いている僕は、フィリピン歴が2年近くになり、渡比回数も20回以上を超えました。
毎回グラブタクシーを使っているので、現在はゴールドランクになりました。なので、使い方や注意しなければいけない事は知っています。

こういった背景の僕が、グラブタクシーの登録方法から使い方まで解説します。

 

GRAB TAXI(グラブタクシー)の登録方法

グラブタクシー

まず、アプリをダウンロードしたら初回に個人情報を入力します。

grab2
 
 

名前、メールアドレス、国、電話番号を入力します。

電話番号は、フィリピンの携帯を持っていない場合、日本の携帯の番号でOKです。自分の名前はタクシーのドライバーが分かるようにアルファベットで入力しましょう。

アクティベーションコードを入力

個人情報の入力を終えるとメールアドレスにアクティベーションコードが届くので入力しましょう。
 
grab3
 
コードはショートメールで届くので、日本で事前にコード入力まで済ませておきましょう。
 

GRAB TAXI(グラブタクシー)の使い方

 
 
Enter destinationに自分の目的地の住所を入れてください。
 

近くのタクシーを検索中

 
 
自分がいる場所から目的地までの値段も出してくれます。僕の場合だと147ペソ(約310円)です。
 
グラブタクシーだと、料金の支払い方法が3種類あります。
 
  1. 現金
  2. クレジットカード 
  3. グラブペイ

 

クレジットカードとグラブペイで支払えば、現金を使う必要がなくキャッシュレスで乗れるので便利です。

グラブペイについては、グラブペイ「Grab Pay」がおすすめ【使い方・登録方法を解説】で解説しています。

車の種類を選ぶ事も可能

 
 
全部で5種類ありますが、全部乗ってみたので下記に違いを解説します。
 
 
グラブタクシーの種類
  • Grab Car:ドライバーの乗る一般的な車を配車してくれる
  • Grab Share:ドライバーの車に乗合。目的地が近い知らない人と一つのタクシーをシェアします(一番料金が安い)
  • Grab Taxi:通常のタクシーを配車してくれます
  • Grab car(6 seat):6人乗り以上の大型の車を配車できる
  • Grab Car premium:通常のGrab Carより良い車を配車してくれます

グラブタクシーの使い方

 

通常はGrab Carで良いと思いますが、時間がある時はGrab Shareでもいいかなと思います。

目的地まで他のお客がいなくて、自分一人の時が結構ありました。料金も安いので得した気分です。

タクシーが捕まりました

車が捕まると、運転手の名前、車の種類、車の色、評価が分かります。

評価が極端に低いドライバーは見た事がありませんが、運転手の評価に不安だったらキャンセルする事も可能です。

 

3 mins.というのは後3分であなたの場所に到着します。という時間です。

右下のチャットを押せば、ドライバーにメッセージを送る事ができますし、その横の電話のマークを押せば通話する事も可能です。

 

実際にグラブタクシーが到着しました

あなたが配車した車のナンバーと同じか確認して、間違いがなかったら車に乗車してください。

この車はGrab Carです。

グラブタクシー車内の様子

グラブタクシーにはメーターがありません。乗車する段階で、料金が決まっています。かなり安心です。

運転手でも、凄く態度の悪い人だったり、対応の良い人がいるので、今後のサービス改善の為に場車後、運転手の評価を忘れずに。

グラブタクシー車内の様子(動画)

特に、通常のタクシーと変わりませんが、一つ違うとしたら、フィリピンでは車にカーナビがついていなくスマホのマップを使っている所でしょうか。

乗車後に運転手の評価をつけよう

今後、グラブタクシーを利用する人の為にも、毎回評価をつけましょう。

タクシーが中々、捕まらない時もあります

理由は下記の通りです。

  1. ラッシュアワーの時
  2. 雨が降っている時

 

フィリピンでは、雨が降るとタクシーの利用率が大幅に上がるので、グラブタクシーも捕まりにくくなるのです。

タクシーが中々捕まらない時はの対策は

  • 現金に支払い方法を変える
  • サービスを変える
  • 通常のタクシーに乗る
  • ハバルハバルを利用する

 

一つずつ解説します。

その①:現金に支払い方法を変える

利用者としては、グラブペイやクレジットカードだとキャッスレスになるので便利ですが、運転手としては手元に現金が届くまで数日かかるので、好みません。(グラブの運転手と話した時に言っていました)

なので、支払い方法を現金に変更してみるのも一つの手です。

その②:サービスを変える

例えば、Grab Carでタクシーが捕まらない場合、Grab Shareにサービスを変更してみると簡単に捕まる事もあります。

試して見てください。

その③:通常のタクシーに乗る

グラブタクシーが捕まらない場合、通常のタクシーに乗りましょう。

タクシーが混雑している時は、料金の釣り上げもあるので注意が必要です。

その④:ハバルハバルを利用する

ハバルハバルというバイクタクシーを利用して見よう。

グラブタクシーと同じように、スマホ一つでハバルハバルをよベるアプリAngkas(アングカス)というアプリもあるので、ダウンロードしておこう。

料金も安い上、捕まりやすいので超便利です。

こちらからAngkasをダウンロードできます。

まとめ

グラブタクシーはクレジットカードを登録しておけばキャッシュレスにもできます。

通常のタクシーだとお釣りを持ち合わせていない事が多いのでかなり便利です。

フィリピンでグラブタクシーは必要不可欠で、安全面を考えてもグラブを使って欲しいです!

でも、通常のタクシーも事前にルールを知っていれば安全に乗る事ができます。下記の記事も合わせてご覧ください。

フィリピンでタクシーは危険!?セブ島で安全に乗る方法。

 
 
 

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界13カ国26都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS