フィリピン・セブ島留学に現金いくら持ってく?僕の答えはコレです。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン留学に行くけど、みんなは現金いくら持っていくの?私の場合はどうすればいい?という疑問に答えます。

結論から言うと、2ヶ月までの短期間なら現金の持ち込みがベスト!

3ヶ月以上の留学の場合は現金、ATM、クレジットカードを併用した方が安心です。

この記事の内容
  • 持ち込む金額の目安
  • 期間別のお小遣い目安
  • レートがいい両替の場所
  • ビザ代について

この記事を書いている僕は年に1〜2回はセブ島に行き、一度行くと1ヶ月は留学生と同じように生活しています。

留学期間別で必要になるお小遣いも表にしたので、ぜひぜひ参考にしてください。

前提条件

  • 留学費用は支払い済み
  • ビザ代は現地で支払う

この2つを前提条件とします。ビザ代以外にも光熱費等の支払いが発生する学校もあります。

フィリピン・セブ島留学でのお小遣い相場はいくら?

個人差はありますが、1ヶ月あたりのお小遣いは4万円です。(2019年現在)

2018年の6月に1ヶ月、9月に1ヶ月のセブ島生活をしていますが、一週間で1万円の生活費でおさまります。

ETHOS(エトス)のあるマンバリンで1日で1000円を使おうとして、想像以上にキツかったので、相場観の参考にしてください。

【フィリピン物価】セブ島で1000円あれば何ができる?

1週間1万円を基準にして、「留学中に1回はアイランドホッピングしたいな〜」と個人的に必要な金額をプラスで持っていくのがおすすめです。

フィリピンは超現金主義

フィリピンでの買い物は基本的にほぼ現金です。ローカルのレストランや、ランドリーを利用するときは現金一択です。

シーサイドSM、アヤラモールなどのショッピングモール内は日本のようにクレジットカードが使えます。

学校によってかかる追加の経費

語学学校によっては光熱費や水道代がかかる場合もあります。

その場合の相場は1,000円/週です。なぜならフィリピンは電気代が日本より高額だから。

そのほかにも、

  • 教科書代
  • 証明写真代
  • デポジット
  • 空港送迎の費用

 

などなど細かくお金が現地でかかる学校もあるので確認してください。

またデポジット(補償金)として現金を預ける場合もあります。

デポジットは、部屋を壊したりしたときに使われるお金なので帰国時に全額返却されます。

ETHOS(エトス)は水道光熱費、教科書代などの追加で支払いはありません。

 ETHOS(エトス)とは

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校です。すべての授業をアメリカ人が担当します。またワーホリ・2カ国留学のサポートも行なっています。ホームページはこちら

ビザの費用は現金で用意

フィリピン留学では期間によって支払うべきビザ費用は変わります。

ほとんどの学校で、

  • SSP
  • ACR Iカード
  • ビザの延長費用

これらは現地で現金払いです。なので期間別のビザ代も合わせて、現地に持ち込む現金の目安をお伝えします。

期間別のお小遣いの目安

ここで少しまとめると、フィリピン留学でもっていく現金は、

  1. お小遣い
  2. ビザ費用

大きくこの2です。

電気代や教科書代、証明写真代、学生証の発行手数料など別途でかかる学校はその費用をプラスしてください。

  お小遣い ビザ代 合計
1ヶ月 4万円 1.1万円 5.1万円
2ヶ月 8万円 1.8万円 9.8万円
3ヶ月 12万円 1.8万円 13.8万円
6ヶ月 24万円 4.7万円 28.7万円
平日は学校があるので、お金を使うことはないですが週末にガッツリ遊びたい!と計画している場合は、その分の費用をもってきてください。

少し少ないんじゃない?くらいの金額がちょうど良いです。足りない場合はクレジットカード利用やATMで引き出せばOKです。

飲み、ホテルのデイユース、アイランドホッピングなどでかかる費用の相場はこんな感じです。

食べ放題の焼肉 1,300円
ホテルのデイユース 2,000〜3,000円
アイランドホッピング 2,000円
1日ボランティア 3,000円

上記の詳細については各記事をご覧ください。

アイランドホッピングでの詳細はこちら

【セブ島】10ヶ月の子供と子連れアイランドホッピング

ホテルのデイユースはこちら

900ペソでデイユース!パシフィックセブリゾート(Pacific Cebu Reort)ホテルがおすすめ!

ボランティアはETHOSのインターンが参加してくれました。

フィリピンでボランティアって嘘くさいけど短期ツアーに参加してきた。

とくにボランティアは「わたしボランティアとかマジ興味ないんすよね」てきな人が行くと有意義みたいです。(僕は行ったことないです。)

ちょっとオシャレなカフェで勉強したりで意外とカフェ利用が多いです。カフェは交通費を含めても1000円以下です。

期間別の必要なビザとその費用の詳細はこちらの記事にまとめてます。

フィリピン・セブ島留学に必要なビザ費用一覧【事前の準備は必要無し】

では、続いて現金の持ち込み方法についてです。

フィリピンへの現金の持ち込み方法

現金はそのまま持ち込めますが、金額が大きいと心配ですよね。

そこで、

  • 現金
  • クレジットカード(または国際キャッシュカード)

この2つを併用して安全に、なるべく安心して持っていくのがおすすめです。

 

例えば3ヶ月留学する場合、

  1. ビザ費用1.8万円+12万円を現金で持って行く
  2. クレジットカードで支払いができるときはカードを使用
  3. どうしても足りない場合はATMを使う

この3つで現金を持込めばOKです。

 

僕の個人的な意見ですけどフィリピンに10〜15万円なら現金持ち込みは心配しません。

日本でも普段お財布に2〜3万円しか入っていないので大きい金額は国内外問わずドキドキします。なので、17万円とか20万円代だと心配になります。

15万円以上からクレジットカード、国際キャッシュカードを併用するのがいいんじゃないかなと思います。

3ヶ月までの留学ならクレジットカードを2枚つくれば海外旅行保険の代わりにもなるので、留学前に無料で作成するのもおすすめです。

無料でつくってセブ島に持って行くだけで海外旅行保険になるクレジットカードはこちらで紹介しています。

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

日本円の両替はフィリピンに到着してから両替所でします。両替する場所を間違えると一万円の両替でも千円の差額がでるので注意が必要です。

おすすめの両替場所はこちらの記事で説明しています。

フィリピン・セブ島で両替ができる「場所・時間・量」を解説します

海外送金やトラベラーズチェックは使えない

海外旅行で最も安全で安心とされるトレベラーズチェック、長期留学時に現地の銀行口座をひらいての海外送金などは、フィリピン留学では現実的ではありません。

なぜなら、トラベラーズチェックはフィリピンで普及しておらず、銀行口座の開設は大変だから。なのでこの2つの選択肢はフィリピン留学ではナシです。

まとめ

まとめると、1ヶ月なら4万円+ビザ代を現金で持って来て、残りはクレジットカードかATMを駆使してどうにかできます。

留学生
アイランドホッピングの相場っていくら?

という部分だけ回答できてなかったので、僕たちが使ってるローカルのツアー会社(現地で交渉するより絶対おすすめ!)でかかった費用がわかる記事を貼り付けて終わります。

セブ島の格安ツアー会社を使ってホワイトビーチへ!【最高・快適】

フィリピンでボランティアって嘘くさいけど短期ツアーに参加してきた。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。33才。 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS