留学中に運転免許証更新通知がきたら?【解決策を教えます】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学生A
留学中に運転免許証更新に行かなければいけないんだけど、その場合どうしたら良いのだろうか?
留学生B
私の場合、既に留学中で運転免許証更新に行きたくてもいけないです。

こんな疑問に答えます。

結論から言うと、上記両方の場合でも解決策はあるようです。

実際に警視庁の交通課に電話して聞いた僕が解決策を解説していきます。

留学中に運転免許証・更新通知がきたら?

僕に先日、上記のような運転免許証更新のお知らせの手紙が届きました。

運転免許証更新は、有効期限の2ヶ月前から期間内に更新しなければいけません。有効期限はお手持ちの免許証に記載されています。

この間に運転免許証の更新にいかないと失効されてしまいます。

留学前に運転免許証更新があるのが分かっている方は

更新期間前に免許証更新をする事ができます。

留学中、運転免許証の更新期日がきてしまう方は、更新期間前に免許証を更新しましょう。

この場合は、更新日が一年先でも大丈夫です。留学の他にも、海外旅行・出産などの理由で更新期間前に免許証の更新が可能となっています。

詳細は、お近くの試験場に問い合わせて聞いてみてください。

更新期間前に免許証を更新するために必要なものは下記の通りです。

  • パスポート
  • 運転免許証
  • 手数料(講習区分によって異なります)

 

では次に、留学中で運転免許証更新に行けない人について解説します。

運転免許証更新に行けない人

留学中、家に運転免許証更新のお知らせが届いたけど、留学中だから行く事ができない人もいるでしょう。

運転免許証の有効期限をみて留学に行く人なんて絶対いないと思ったので、これにはてハマる人は多いはず。

って事で何か解決策は無いか交通課に電話してみました。

Kan
留学中で運転免許証更新に行けない人は何か良い方法はありますか?
警察
勿論あるよ。6ヶ月以内だったら、失効した免許証と留学してた事を証明するパスポートを持って運転免許試験場に行ってください。

帰国してから1ヶ月過ぎると、無効になるから早めに行ってね。

なんと、更新期間から6ヶ月以内だったら、留学していた事を証明できるパスポートがあれば免許証の更新が出来るとの事でした。

ゴールド免許なら、更新後もゴールド免許のまま可能。

手続きの詳細はこちらから

流石に6ヶ月以内だったら、ほとんどの人が日本に帰国するのではないでしょうか?

6ヶ月間、日本に帰国できない方

またやむおえず免許証が失効してから、6ヶ月以上経ってしまっても、留学した事を証明するパスポートを持って帰国してから1ヶ月以内に運転試験場に行けば、試験は免除され長めの講習を受けて免許証が交付されます。

期間は正式に6ヶ月以上〜3年未満になります。

この場合、ゴールド免許の場合もブルー免許に戻ってしまいます。

結論:更新期間前の免許証更新がおすすめ

運転免許証の更新は期限が過ぎてもある程度猶予がある事が判明しましたが、留学前に全て済ませておくのが一番楽です。

長期間、留学やワーキングホリデーに行く方は、免許の更新日が近ずいていないか、自分の免許証をチェックしてください。

おまけ:海外での免許取得方法

下記の記事で、オーストラリアの免許証書き換えと、国際免許証の取得方法を説明しています。

これから、オーストラリア留学 or ワーホリに行く予定がある方はご覧ください。

【オーストラリア】国際免許証よりワーホリには書き換えがおすすめ

【オーストラリア】国際免許証よりワーホリには書き換えがおすすめ

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら