留学中は泣く事もあるよ【辛くなる原因と対処法】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学生
現在、留学中です。

想像以上に留学生活が辛くて泣きたいです。ホームシックにもなっています。

留学中に泣いてしまう人っていますかね?対処法などもあれば教えて欲しいです。

こんな疑問に答えます。

Kan
結論から言うと、留学中に泣いてしまう留学生は女性に多いかなと思います。

なので、あなた1人だけ辛い思いをしている訳ではないので安心してください。

泣きたい時の対処法もあります。

この記事の内容
  • 留学中泣いてしまう理由
  • 留学中、泣きたくなった時の対処法

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

仕事柄、留学生と接する機会が多く、留学の生活相談をしている最中に、留学生が泣いてしまった事もあるので、割と留学中に何で泣いてしまう方が多いのか知っています。

こういった背景の僕が、留学中は泣く事もあるよという内容について解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

すぐ届くPDFパンフレットの請求はこちら

ワーホリ・2カ国留学の無料相談会はこちら

留学中は泣く事もあるよ

今までに、100名以上の留学生と語学学校で会ってきましたが、泣いてしまうのは女性が多いかなと思います。

辛くなってしまう理由は下記の通りです。

  1. ホームシックになって泣く
  2. 英語が上達しないから泣く
  3. 友人関係で辛くなって泣く

 

一つずつ解説していきます。

その①:ホームシックになって泣く

留学当初にホームシックになる方が多いです。

日本は住み慣れていますし、世界的に見て何をするにも快適で、とても住みやすい国です。

そんな便利な国に住んでた日本人が留学すると、

  • 不便な生活で辛くなる
  • 伝えたいけど言葉が通じない
  • 食生活が変わりストレスになる

 

上記のように、一瞬で様々な環境が激変するので、辛くなってしまいます。

生活環境に対応するまで、数週間掛かるでしょう。

フィリピンには20回以上行った事があり、海外には合計で50回以上行ってきた僕でも、ホームシックには必ずなります。

ホームシックに掛かるのは自然な事なので、考え過ぎないようにしましょう。

その②:英語が上達しないから泣く

  • 留学中、思うように英語が伸びない
  • 留学中、思うように発音ができない
  • 周りが楽しそうに英語を喋ってるのに私だけ理解できない

 

上記の様に、英語が出来ない悔しさから泣いてしまう人も少なくありません。

確かに、僕も何度も何度も留学中、英語が出来ずに悔しい思いをしました。そして現在も、英語を使って仕事をする際に、思った事を瞬時に伝えられなかったり、手こずったり悔しい思いを何度もしています。

結論、英語が伸びないなと感じている時って、成長過程なので、悔しがるより、嬉しがった方が良いですよ。

英語の伸び悩みの先には、必ず成長があります。

以前、下記のようなツイートをしました。

日本人は他の国の生徒に比べて、理想が高く、成長しているのに、不安がる傾向にあると感じます。

少しの成長でも、まず喜びましょう!そうすればポジティブ思考になり、割とハッピーな気分になれます。

その③:友人関係で辛くなって泣く

留学中のトラブルで一番多いのが、留学生同士が合わずに衝突してしまう事です。

日本人だと、お互いの気が合わなくても、話し合わず、最終的に爆発して収拾が付かなくなるパターンが多い気がします。

特に、同室の留学生同士が問題になりやすいです。

部屋の使い方や生活リズムの違いから、ストレスになる事もあるので、少しでも気になる事があったら、早めに話し合う様にしてください。

同室が外国人になると、部屋の使い方もかなり違ってくるので、ストレスを溜めてしまう方が多いです。

僕の経験上、日本人は部屋の使い方など、全てにおいて、めちゃくちゃ綺麗に使うなと思います。

もし、直接本人に伝えずらかったら、語学学校のスタッフをに相談するのも一つの手です。

留学中、辛くて泣きたい時の対処方法

辛い時は泣きたい事はあるだろうけど、泣かずに精神状態を保ってる方もいます。

そういう方は、ストレス発散方法を知っています。

ストレス発散方法は下記の通り。

  1. 相談できる人がいる
  2. 自分のストレス発散方法がある

 

こちらも一つずつ解説していきます。

その①:相談できる人がいる

辛い事を1人で溜め込まずに、まず誰かに相談しましょう。

留学すると、必ず気が合う友達が1人はできます。気が合う友達に、嫌な事、辛い事を吐き出してください。

1人で溜め込むと辛いですが、相談すれば、辛さも半減されます。

留学生
もし、友達ができなかったらどうすれば良いですか・・・・?

その場合は、語学学校のスタッフに相談しましょう。

語学学校のスタッフは生活相談にものってくれるので、親身に話しを聞いてくれるハズです。

結論、1人で溜め込まないように事が対象法です。

その②:自分のストレス発散方法がある

ストレス発散方法でオススメなのは、

  • ジムで筋トレ
  • ランニング
  • エアロビクスなどのフィットネスをする

 

上記の様に、運動する事によって、気持ちがリフレッシュされます。

他にも、カフェに行く、美味しいレストランに行く等、方法はありますが、科学的にも運動すると、ストレス発散効果になるので、かなりオススメです。

今まで、運動をして来なかった人ほど、留学中は何らかの運動に挑戦して、ストレス発散しましょう!

留学中は泣く事もあるよ(まとめ)

留学中は、

  1. ホームシックになって泣く
  2. 英語が上達しないから泣く
  3. 友人関係で辛くなって泣く

 

上記の様に、辛くて悲しくなる事は必ずあります。

あなた1人だけではないので、安心してください。

今回は以上です!

本当に留学生活がムリ。という方は、帰国するのも最終手段です。下記記事も合わせてご覧ください。

「真実」留学中の帰国例を紹介【過去の事例を赤裸々に語るよ】

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国28都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら