留学後、お金ない場合どうする?【実体験を元にアドバイス】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学する人
これから留学します。

留学費用や留学中に使うお金を考えると、留学後に全然お金が残りません。

帰国後の生活が厳しくなりそうです・・・・。

留学後のお金ってある程度、用意した方が良いですよね?

留学経験者の方教えてください。

こんな疑問に答えます。

 

Kan
結論からいうと、留学後も少しはお金があった方が便利です。でも、僕は留学後、お金がほとんど無かったです。むしろ、クレジットカードも使っていたので、マイナスでした。

でも、なんとかなったので特に気にしなくて良いと思っています。

この記事の内容
  • 留学後、お金ない場合どうするか?
  • 留学後に少しでも生活を楽にする為の、アドバイス

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

大学生の時に留学して、留学後はお金が無かったのです。正直お金が無いと遊びたくても遊べないし、身動きが取れなかったので辛かった。今だから言えますが、留学中のお金の使い方は考えた方が良いと思います。

こういった背景の僕が、留学後、お金がない場合のアドバイスを解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

留学後、お金ない場合どうする?

僕の場合、留学後は実家に戻ったので、帰国後、空港から家までの交通費があれば何とかなるという状況だったので、「留学後はお金がない」こと覚悟でした。

むしろ、留学中にクレジットカードも使ったので、翌月までに請求分を稼げなきゃ!という感じです。

留学後はすぐ大学生活がはじまるので、学校までの電車賃や食費分は現金で残していたので、所持金2万円って感じです。笑

もし、あなたが、学生でも社会人でも、実家に戻るならば、1ヶ月分の食費と交通費があれば全然生活できます。

留学後はお金が無かったので、アルバイトもすぐに始めました

留学前ピザと寿司のデリバリーのアルバイトをやっていました。

帰国後は、すぐに同じバイトに戻ったので、職に困る事はありませんでした。しかも、この時期タイミング良く日払い制度も可能になっていたので、お金に困った時は、日払いを活用していたのでかなり助かりました。

なので、学生の場合、戻れる実家がある場合、留学後のお金はあまり気にせず留学してしまいましょう。

留学後のお金も気にしていたら、留学開始日も遅れてしまう可能性がありますし、行動するのが遅くなってしまいます。

留学後も家賃などの出費がある人は?

実家に戻るのが無駄な出費が無いので一番良い方法ですが、人によっては家賃を支払わなければいけなかったり、様々な事情で出費がある人、実家に戻れない人もいるでしょう。

そんな方は留学前、留学中に留学後、少しでもお金を残せるようにする方法があります。

下記の通りです。

  1. 留学中は出来るだけ節約をする
  2. 留学中もお金を稼ぐ
  3. 留学費用を安く抑える→フィリピン留学がおすすめ
  4. 6ヶ月〜1年留学する人はワーホリも検討する

 

一つずつ解説していきます。

その①:留学中は出来るだけ節約をする

留学で使う予定の生活費も節約できれば、留学後の資金に回す事が可能です。僕は留学中にかなり無駄使いをして失敗したので、これから留学する人は効率的に節約して、お金を有効活用して欲しいと思います。

節約方法は下記の通り。

  1. 自炊をする
  2. 家計簿をつける
  3. 無駄なものは買わない

 

自炊可能な語学学校を選んで、1日の家計簿をつけるとかなり節約できると思います。後、1日の予算を設定すると節約しやすいです。

詳しくは下記「関連記事」をご覧ください。

その②:留学中もお金を稼ぐ

元々、留学生だった僕は現在、留学関係の仕事をしていますが、この仕事を始めてから、留学中に出来る仕事ってあるんだなと発見しました。

例をあげると、

  • ブログを書く
  • 動画を撮る
  • 写真を提供する

 

上記の通りです。

ブログを書いた事なくて、ノースキルでも雇ってくれる場合があります。留学中にお金を稼ぐ事が出来れば、留学後の資金に回す事が可能です。

留学生活に余裕のある方は、一緒にお金も稼いでみましょう。

自分で稼ぐスキルも身につくので、一石二鳥。

その③:留学費用を安く抑える→フィリピン留学がおすすめ

アメリカやオーストラリアの1/3・1/2程の費用で留学できるフィリピン留学はオススメです。

留学費用だけが安い訳ではなくて、物価も安いので、現地での生活費も欧米圏より圧倒的に抑える事が出来ます。

元々の留学費用を抑えられれば、留学後のお金に余裕が出来ます。

もし、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの欧米圏での留学を考えていて、フィリピン留学を視野に入れてなかった方は、留学に掛かる費用を比較して検討してみてください。

ー欧米圏の「半分」の費用で留学できるー
<ETHOSのホームステイプランはこちら>

その④:6ヶ月〜1年留学する人はワーホリも検討する

例えば、1年間留学するとなると、250万円くらい掛かります。これだけのお金を支払って留学後もお金が残る人は少ないのではないでしょうか。むしろ、資金を用意するのも大変です。

でも、ワーキングホリデーを活用すれば、語学学校に通いながら働く事もできます。

留学の為に語学学校に費用を支払っても、その後に稼げば、留学費用をペイして更に貯金もする事が可能です。

  • 1ヶ月の給料が30万円越え
  • 5ヶ月で100万円貯金する

 

人や、下記記事の様に8ヶ月で150万円貯める方もいます。

150万円稼ぐのではなく、150万円貯金できてしまうのは、控えめに言って凄いです。

長期留学を考えてる方には断言します。ワーホリにしましょう。

【英語も伸びる!】ワーホリ8ヶ月目で150万円貯金あるよ【環境大事】

まとめ

留学後もある程度、お金が掛かります。

でも、留学先や留学中の過ごし方で、留学後のお金を抽出できるので、計画的に過ごしましょう。

今回は以上です。

留学に関連する費用を安くする方法の一つに、海外保険はクレジットカード付帯の無料海外保険を利用する方法があります。

合わせて下記記事も読んでください。

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら