「フィリピン・セブ島留学」コンセントの形と電圧【変圧器は不要】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

悩んでいる人
これからフィリピン・セブ島留学をします。

フィリピンでは、日本で使っているスマホやPCはフィリピンで使えますか?コンセントの形は日本と一緒ですか?

変圧器は必要ですか?

分からない事ばかりなので教えてください!

こんな疑問に答えます。

 

Kan
結論から言うと、ほとんどの日本の電化製品をそのままフィリピンで使う事ができ、変圧器はほぼ必要ありません。
この記事の内容
  • フィリピンのコンセントの形状は日本と同じ

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

なので、仕事柄、フィリピン情報については詳しい方です。

こういった背景の僕が、フィリピンのコンセントの形や電圧などを詳しく解説していきます。

フィリピン留学で失敗しない為に

フィリピンに語学学校が多すぎて何処の学校を選んだら良いか分からない…..。

夢の留学なので「失敗したくない」……と思っていませんか?

そんな人のために【失敗しない】フィリピン留学のガイドブックを用意しました。

これを読めば、自分に合った語学学校を選べるようになります

フィリピンのコンセントの形状は日本と同じ

写真の通りフィリピンのコンセントの形は日本と同じA型なので、Iphoneなどの電化製品をそのまま使う事が可能です。

フィリピンの島(マニラ・セブ島など)でコンセントの形状は一緒

マニラ、セブ島、パラワン島、ボホール島、ボラカイ島に行きましたが、コンセントの形状は全て一緒でした。
 
一部ネット情報では島によってコンセントの形が違うと書いてありましたが、僕の経験上一緒です。なので、フィリピンの何処に行くにしても、コンセントの形は同じだと思ってください。
 

フィリピンと日本の電圧は違います

  • フィリピンの電圧=220V
  • 日本の電圧=100V

 

日本の電圧にしか対応してない電化製品をフィリピンで使うと、ショートして壊れる可能性があります。説明書や取扱店に電話して事前に確認してください。

日本人が主にフィリピンで主に使う電化製品である

  • スマホ類
  • ノートパソコン

 

は基本的にフィリピンでも使えます。留学に必要な電化製品は大体そのまま使うことが可能です。

フィリピン留学する人は下記の記事もチェック。

フィリピン留学にパソコンは必要かよく質問を頂きます

フィリピンでドライヤー・ヘアアイロンは注意しよう

日本で使えるドライヤーやヘアアイロンは海外の電圧に対応していない事が多いです。事前に商品規格を調べましょう。

海外対応のドライヤー類などはAmazonに売っているので、渡比前に買うのもおすすめです。

電化製品にこだわりがある場合のみ、変圧器を持ってきましょう。

どうしても、フィリピンでこの電化製品を使いたい!って場合のみ、変圧器を持ってきてください。

冒頭でも、記載しましたがこだわりが無ければほとんどの電化製品をフィリピンでも使う事ができます。

「フィリピン・セブ島留学」ドライヤーは現地購入がおすすめ!

フィリピンに行くのに持っていると便利なもの

延長コード

部屋にコンセントの数が少ない時のために、延長コードを持ってるとかなり便利。

特にフィリピン留学で集団部屋を選ぶ人は自分の机やベットの近くにコンセントが無い場所もあるので、延長コードがあると便利です。

世界対応のプラグ

フィリピンは日本とコンセントの形が一緒ですが、他の国に行くとコンセントの形状は違う事が多いです。なので、世界のどこに行っても使える世界対応プラグを一つ持ってるとかなり便利。

変圧器

どうしても日本の電化製品をフィリピンでも使いたい!って方は変圧器を持ってきてください。

変圧器は重いので個人的に持って来るのはオススメできません。

海外留学・就職に興味があれば合わせて読みたい

(まとめ)フィリピン・セブ島に変圧器は不要

まとめるとフィリピン・セブ島に変圧器は不要です。

なぜなら日本の電化製品はほとんどフィリピン・セブ島でそのまま使用できるからです。

今回は以上になります!

渡比する前の知識として、損をしないようにフィリピンでの両替についても読んでおきましょう。

フィリピン・セブ島で両替ができる「場所・時間・量」を解説します

関連記事

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国28都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS